« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019/04/30

日本の人口減少,人口が戦前のレベルになるのは・・・・・

Jinkou ネット上に「鎌倉時代からの日本の人口」という記事がありました
 「人口減少,大変だ」という風潮の中,申し訳ありませんが「せいぜい戦前くらいの人口にならないかしら」と思っている私です。
 記事のグラフを見ると,このまま人口減少が続いても,2100年くらいなんですね,人口が戦前のレベルに戻るのは。
 今低収入者が多いのは,ざっくり言えば人口過多,はっきり言えば老人過多のせいでしょう。

| | コメント (0)

2019/04/29

がぶ飲みすいかサイダー

Suika-saidah ポッカから出ている「がぶ飲みすいかサイダー」というのを飲みました。最寄りの駅の自動販売機で売っていたものです。
 匂いはちょっとスイカかなという感じがしますが,飲んでみると酸味があってスイカっぽくありません。普通に美味しいサイダーで,飲む瞬間ほんのりスイカの味がするというものでした。まあ,スイカでなく,メロンと言われればそんな気もするという味です。
 しかし,「スイカ」味に酸味があるというのがちょっと違和感ありますね。メロンでも多少そう思います。まあ,サイダーというと,基本酸味がありますから,それとの相克という事です。以前バナナ味のファンタというのがありましたが,それはヨーグルト味バナナ風味のサイダーという事で,ヨーグルトの酸味と理解する事ができました。しかしスイカでは,なかなかそうはいきません。
 まあ,酸っぱ目のメロンと解釈した方がいいかもしれません。

(写真は,ポッカサッポロのホームページより。写真の様にピンクがかった赤色をしています。)

| | コメント (0)

2019/04/28

サラリーマン大家の失敗の記事

Ooya ネット上に,サラリーマン大家の失敗についての記事がありました
 この記事によると,「不動産投資は自己資金がなくても始められる」・・・と思うとか,思わせられるというところで,既に負けている様ですね。
 素人は,「自分で住んで,不要部分を貸す」位の意識でないと,建物はどんどん汚くなり,散らかり,設備は壊れ,金属はさび,写真を撮ると「どこのスラム?」と思う様になってしまう・・・と,知人の不動産屋が言っていました。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」で,「大家」という言葉で検索した結果出てきたものです。)

| | コメント (0)

2019/04/27

クリスティーの「NかMか」,イギリスのテレビドラマ版を見ました

Tommy-tuppens 先日紹介したクリスティーの「NかMか」。録画してあったイギリスBBC製作のテレビドラマ版をみました。2015年製作で,「トミーとタペンス―2人で探偵を―」という題名の番組としてNHKで放送したものを録画してあったのです。以前も見ていて,いくつかのシーンは覚えていました。
 しかしドラマ版は原作と全く違ったものになっていました。サスペンスドラマで,原作では重要な絡みのある幼い子どもも出て来ないし,原作の本格推理小説的な部分を削ぎ落とした様な映像作品でした。
 ちょっとがっかり。

(DVDの写真はAmazon書店より。私が見たのは,NHKの番組を家で録画したものでしたが。)

| | コメント (0)

2019/04/26

その後のビットコインの相場は?

Bitocoin_1 ネット上に「孫正義氏、ビットコイン投資で巨額損失 145億円超」という記事がありました。
 孫氏は,知人の勧めで個人的に17年終盤というかなり値上がりした時に購入し,18年序盤に売却したという事で,高値で購入し17年12月に天井を打って,それ以来下がった時に売ったという事ですね。
 わたしも,18年1月に冗談で買った2000円分のビットコインを持っています。孫氏が売ったすぐ後に購入したという事でしょう。この2000円分のビットコイン,間もなく現在までの最高値である3000円超になり,最安値は1700円程度でした。今年2月まではしばらく1700円で安定推移していましたが,2月に突然2000円超になりました。それから2000円台を現在に至も維持しています。今日見たら2300円程度で,2月以来じりじりと上がっているようです。
 2月に1700円から2000円まで突然上がったのが「何だかな」という気がしますが,その後乱高下せずにじわじわ上がり気味に2000円を維持しているのがいい感じです。
 なんだかビットコインも,ひところのような「投機用トークン」でなく,「貨幣」という雰囲気です。

| | コメント (0)

2019/04/25

クリスティーの「NかMか」

Norm

 クリスティーの「NかMか」は,トミーとタペンスのベレズフォード夫妻が活躍する長編小説です。ベレズフォードシリーズでは,屈指の傑作とされている作品で,私は何回か読んでいるはずで,さらに英国BBCが制作したテレビドラマも見ているはずですが,すっかり内容は忘れていて,たいへん面白く読みました。
 第二次世界大戦中,ドイツのスパイを追っていたイギリス情報局員が,「NかM。ソング・スージー。」と言う言葉を残して死亡します。情報局はNとMはドイツ人の男女二人のスパイを表し,ソング・スージーはイングランド南部の保養地,リーハンプトンにあるゲストハウス「サン・スーシ(日本語では「無憂荘」)」の事であるのを突き止めます。そこで,ドイツ側に知られていない人物としてトミーを無憂荘に送り込むのですが,そこには情報局のグラント職員とトミーの会話を盗み聞きしたタペンスが先回りしていました。
 というわけで,無憂荘という限られた館,そこに滞在している人々のうちだれがNとMなのかを突き止めるベレズフォード夫妻の活動が始まります。
 ポアロやミス・マープルが活躍する本格推理小説と違って,コメディー仕立てのクリスティーのスパイものは実に楽しい。特に本作はNとMの正体をめぐって,クリスティーのスリラーとしては最も本格推理小説寄りの作品で,ミステリーファンも満足する作品になっていると思います。
 トミーとタペンスシリーズでは,「親指のうずき」も印象的な謎に満ちている作品ですが,こちらは印象的な分,筋立てをかなり覚えているので再読までには至りません。「NかMか」は「親指のうずき」に次ぐ面白さの作品といえそうです。

| | コメント (0)

2019/04/24

焼け落ちたノートルダム寺院の尖塔の再建について

Nortrdam 先日の火事で焼け落ちたノートルダム寺院の尖塔について,4月17日,エドゥアール・フィリップ首相は尖塔の再建デザインを世界中の建築家から公募すると発表しました
 私は当然同じ形に再建するものと思っていましたが,ちょっとびっくりしました。たぶん,再建デザイン案の中には,前と全く同じ形に再建する案も出てくる事でしょうwww。
 熊本城は,地震で崩れた石垣の石一つづつを同じ石で同じ位置に再現する程周到に「前と同じ」にこだわって,完成は30年後と言われていますが,それとは逆のやりかたですね。
 ノートルダムは2024年のパリオリンピックに再建を間に合わせる為に,熊本のような事をしていられないのだという話もあります。
 また熊本城は,現在では城(殿様の住居,軍事的な拠点,地方政治の中心)としての実用的な意味はありませんが,ノートルダムは現在でも教会として実用的に生きています。そこら辺の違いもありますね。
 そもそも尖塔は19世紀に付け加えられたもので,上にリンクした記事にもあるように,オリジナルになかったものを,長い時間をかけて再現する必要があるのかという事もあるでしょう。日本でも,今はない江戸城の天守をシンボルとして再現しようという運動がありますが,江戸城の歴史の中で天守のあった時代は長くないので,天守は江戸城には必要ないという事からそれほど運動として広がっていません。まあそれと同じ様なものですかね?
 フランスは,中庭にルーブルに不似合いなガラスのピラミッドを造ってしまう国ですからね。まあこういう事もあるでしょうwww。

| | コメント (0)

2019/04/23

ステーキ「あさくま」の「ヒレ肉とホタテのあさくまステーキ」

Asakuma-steak

 以前は「ステーキけん」,さらにその前は「ベーカリーレストラン サンマルク」だった,横浜市の港北ニュータウンにあるステーキハウス「あさくま」。「ステーキけん」のときはかなりくたびれた感じだった店内もきれいに改装され,座敷席も設けられていました。そこでランチ。
 写真は「ヒレ肉とホタテのあさくまステーキ」です。武蔵小杉の綱島街道沿いに昔からある「あさくま」で食べた事のあるメニューで,写真では判然としませんが,左半分がヒレステーキ,右半分がホタテステーキになっていて,ベーコンで巻いてあります。
 ゼリー,小さなケーキ,ソフトクリームのデザートも含むサラダバーが付属するメニューです。ライス,パンも付属していますが,ドリンクバーは別料金です。
 久しぶりに美味しくいただきました。

| | コメント (0)

2019/04/22

アメリカ大企業のほとんどを牛耳るインデックスファンド

Fund インデックスファンドというのは,日本で言えば日経平均株価やTOPIX,アメリカで言えばNYダウやS&P500,そんな株価指標=インデックスと同じ様な値動きをする様に作られた投資信託の1種です。
 アメリカではブラックロック,バンガード,ステート・ストリートの3社がインデックスファンド運用のビッグスリーであり,ビッグ・スリーはGE,Apple,Microsoft,エクソンモービルなど並みいる大会社が名を連ねるS&P500銘柄の90%近くにおいて,最大の株主となっているそうです
 詳しい事は上に引用した記事に譲るとして,重要なのは「ビッグ・スリーが各企業の年次総会で議決権行使をするときは、90%のケースで経営側の提案を支持している。」という事でしょう。村上ファンドが盛んだった頃にいわれた「もの言う株主」の逆を行くのがインデックスファンド各社です。
 「もの言う株主」もいいのですが,とかく直近の株価を上げる事に汲々として,企業の社会的な役割とか,長期的な展望とか,経営者が考えているそのような行動に対してのブレーキとなり,それが社会問題になっていました。西武鉄道の株主であったファンドが,目先の業績だけを考えて秩父線や多摩川線の廃線を提案するなど,反対の署名運動が起きるきっかけになりましたね。しかしインデックスファンドはその逆で,インデックスファンドへの株式の集中は,結局のところ経営側が会社を牛耳る手段になっているようですね。
 ケースバイケースですが,「もの言う株主」の逆の行き方というのは,そう悪い事でもないでしょう。

| | コメント (0)

2019/04/21

Amazonが中国市場から撤退

Teleshopping 日本では飛ぶ鳥を落とす勢いのAmazonが,中国でのネット通販事業を7月18日に停止すると発表しました
 ちょっとびっくりですね。Amazonは中国生まれのアリババや京東集団に破れ,昨年のシェアはわずか0.7%だったそうです。
 アリババが中国国内で伸びたのは,そもそも他国とは違う通販事情を克服したからです。中国では,通信販売を行う上で,消費者を信用できない企業と,企業を信用できない消費者が互いに牽制しあって,お互いに目の前で商品とお金を交換しない通販というスタイルが全く信用されなかったのです。しかしアリババは,消費者からお金を受け取り一時プールして,商品が消費者に届いたら企業にそれを支払うというやり方で両者の仲を取り持ち,アリババさえ信用できれば通販が成り立つという他国とは違う仕組みを作りました。
 これが現在も続いているのならば,Amazonの万国共通システムでは中国では通販ができない,または振るわないという事はあり得ます。
 現在でも中国の消費者と企業の関係はそうなんでしょうかね?

| | コメント (0)

2019/04/20

カフェラテも値上がり

Tullys-cafelatte この4月から,いろいろなものが値上がりしている様ですね。たいていの場合,原料費の値上がりを理由にしている様です。しかし,突き詰めれば,人手不足による人件費の値上がりや流通費用の値上がりによるようです。
 これまで毎朝寄っているタリーズのカフェラテのショートも,これまでの360円から370円に値上がりしました。まあ,タリーズカードで買うと,10円引きになりますけれどもね。

| | コメント (0)

2019/04/19

コンビニの10%対応

Conv 今年10月にも実施される予定の消費税10%化。めんどくさいのは,同じ食品でも店内飲食では10%,持ち帰りでは8%に消費税が据え置かれることです。
 イートイン化が増えているコンビニでは,コンビニ業界団体の「日本フランチャイズチェーン協会」がこの対応方法を決めました。レジで客に持ち帰りかイートインかを申し出てもらい,それに従って消費税をとることにしたということです。コンビニ各社では共通のポスターを掲示するということです。
 まあこれは,実質「イートインで食べてもお目こぼし・・・」的な対応なのかと思いますね。1億円の2%というわけでもなく,それでいいかと思います。
 まあやろうと思えば,レジでは一律8%支払い,イートインコーナーは完全に隔離して2%分の入場料を取る自動ゲートを設けるとか考えられますか,わずか数円を別に支払ったり設備を作ったりするのもどうかと思います。
 自民党でないどこかの政党の主張である「軽減税率」ですが,余計なコストや対応を店に強いる政策で,私は「あったま悪い」と思います。すでに軽減税率を採用しているイギリスの人も,「あったま悪い」と思いつつ利用しているそうですwww。

| | コメント (0)

2019/04/18

ジャック・マー氏は,996スケジュールを支持

Hard-work 中国アリババグループの創業者,ジャック・マー氏が,996スケジュールといわれる,午前9時から午後9時までの12時間,週6日労働を支持すると語ったという記事を読みました。このような長時間労働は,情熱的な若い働き手にとって必須のものだという意図です。
 昨今残業や長時間労働をいけないものとして時短労働が推奨されているわけですが,残業制限に対して「あと1時間仕事をすればキレイに仕事が片付き,清々して帰れるのに・・・」と思う事はよくあります。
 実際長時間労働する人に関しては,「上司(会社)からの命令で,嫌々やっている人」「自分自身の考えでやっている人」「長時間労働が評価のバロメータなどと勘違いしてだらだらと働く人」の3種類があると思います。ジャック・マー氏は「自分自身の考えでやっている人」に対して支持しているわけで,決して他の二つのケースを「よい」としているのではないでしょう。
 そこら辺,上司が的確に判断して捌く必要があります。

| | コメント (0)

2019/04/17

宅急便のヤマトHD,営業最高益

Haitatsu_jitensya 4月14日付の日経新聞によると,「2019年3月期の連結営業利益は670億円程度と前の期に比べて約9割増加したもよう。20年3月期はそこからさらに約1割増え、750億円程度と過去最高益(15年3月期の689億円)を更新する見通し」だということです。
 あの値上げと受注抑制は成功だったということですね。
 日本の流通を賄うために,ヤマトの規模でも,適正以上の受注を抱えていたということでしょうね。
 ある意味,「日本の流通は,本当に大丈夫なのか?」と思わせるニュースです。

| | コメント (0)

2019/04/16

「大学入学式、スーツ『黒一色』なぜ」という記事

Suits ネット上にあった「大学入学式、スーツ『黒一色』なぜ」という記事
 そこにいろいろ意味を見いだしている記事ですが,就活の紺スーツとは違い大学入学式の「黒スーツ」に,記事で言う程の意味があるものかと思いますね。大学なんて,誰が学費を払うにしても,学生側が大学にお金を払って入学するものです。大学当局になにを気兼ねする必要があるでしょう。就活時のスーツとは違うのです。
 しかし大学入学式の黒スーツ,これは当然でしょうね。
 結婚式,葬式,お見合い等々,スーツを着た方が好ましい場面で普通に着こなせるスーツを一着だけ持つならば,黒か濃紺になる。白や粗目の縦縞など,どこのホストかと思われるし,結婚式にコーデュロイの青いスーツを着た義兄などは,もう40年以上前の事なのに,「まるで演歌歌手だ」と写真を見かける度に親戚中の笑い者になっていますからねwww。
 「黒一色 なぜ?」の答えは「スーツなどは,大学生になっても1着しか持つ必要がないから」です。一着しか持たないならば,あらゆる場面で無難な黒か濃紺を持つのがあたりまえです。何着も持つのならば,次はグレーなり,ベージュなり,黄色なり,デニム地なりのスーツを持つ事でしょう。
 そこに変に意味を見つけようという,頭でっかちな記事でしたwww。

| | コメント (0)

2019/04/15

トヨタのHV技術特許解放

Hv 世界で最も進んだハイブリット自動車のメーカーと言ってもいいトヨタ自動車が,ハイブリッド車の電動化技術に関する特許を無償提供する方針を発表しました。2030年末までに約2万3740件の特許を無償で提供するそうです
 私は,EVは車の最適解ではないと思っています。ガソリンエンジンの燃費は上がり続け,通常の空気よりも清浄な排気ガスを排出し,走れば走るほど周りの環境をよくする車も作れる状況になりつつあります。
 EV押しの国は,今からどうあがいてもとても先端ガソリンエンジンに追いつけない国であり,ガソリンエンジンは技術的なハードルが高すぎると考える国であり,EV押しはむしろ政治的な側面が大きいです。
 しかし人口減少やHVの普及で,都市でもガソリンスタンドの閉鎖が続き,ガソリン自体が入手困難になると,EVを使うしかなくなります。電池以外は古い古いシステムである電気自動車ですが(その昔走っていた電気自動車,トロリーバスを見たことがない人は多いでしょうね。そのくらい古い技術です),そんな最適解ではない車も使用せざるを得ない時代になるでしょう。
 ガソリンが家の近くで簡単に手に入らなくなれば,HVも動かせない。HV技術を囲い込んでおくのをやめて,開放する潮時かもしれませんね。

| | コメント (0)

2019/04/14

ビットコインはいまだに2000円台で安定

Bitcoin_1 ちょうど一週間前,低迷していたビットコインが4月2日に急に値上がりして,私が冗談で約1年前に買った当時の時価で2000円分のビットコインが,それまでの1700円台から2000円越えになった事を書きました
 これも多分一時的なもので,また早晩1700円台に戻るのだろうなと思っていたら,いまでも2000円越えを維持しています。投機用ではなく,通貨としてのビットコインとしては,対既存通貨のレートが安定しているのは好ましい事だと思います。
 ただ何故値上がりして何故安定しているのかがわからない。だから,通貨として使えるのかどうかも疑心暗鬼。

| | コメント (0)

2019/04/13

波平さん理論?

Old-woman  ネット上にあった「波平さん理論」。波平さんというのは漫画「サザエさん」のお父さんの波平さんの事です。
 波平さん理論というのは,「1946年に54歳の波平さんと2016年の74歳は生物学年齢が同じ。平均寿命上昇に応じ働く期間を増やすべきである。」という話です。
 昔の日本人より,今の日本人が若くなっているというのは以前から言われていて,それはどうも確からしいのです。かつてのNHK大河ドラマ「新撰組!」では,登場人物の実年齢に近い若手イケメン俳優をずらりと揃えて話題になりましたが,当時から「幕末の20代は今の40代くらいの風貌。いまなら熟年俳優に当時の20代を演じさせるのが正しい。」という話がありました。
 年齢人口ピラミッドも,幕末換算すれば働き盛りが増えるでしょう。しかしだからといって長く働くのも厳しい感じがします。
 まあ,人手不足だし,高齢者を安く働かせる事はできるでしょうね。要は高齢者の自覚の問題かもしれません。昔の60代,70代と同じではなく,生物学年齢は40代,50代なのだという自覚。
 そうすると当然年金支給時期は高齢側にズレる事になります。政府としては願ったりかなったり?
(イラストはフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。元気なおばあさんのイラストだそうです。)

| | コメント (0)

2019/04/12

20年ぶりに札の肖像を変更

Cash 偽札対策の忌もあって,20年毎にお札の肖像を変更しているという事で,2024年を目途に発行される新紙幣の肖像画が1万円札は渋沢栄一,5千円札は津田梅子,千円札は北里柴三郎になるという事です。
 この機会にネットでは,「この人をお札の肖像に」という自薦の話題がとびかっています。
 私が思うに,キャッシュレス化推進で1万円札を失くそうという話があって,現金をあまり使って欲しくないのなら,嫌われ者とか気味悪い系を登用すればいいと思うのですよ。暗闇で不気味に顔が光るお岩さんとか。恨みの形相も恐ろしい平将門でもいいかもしれない。「使う際は,祟りにご注意ください。」というコメントも印刷して・・・。
 キャッシュレス化推進なら,お札は全て祟り系でいいと思います。

| | コメント (0)

2019/04/11

東京會舘で昼食を

 昨日,皇居乾通りのサクラの話題を書きましたが,そもそもお堀端の東京會舘で5人で会食をするために皇居周辺に行ったのでした。東京會舘の洋食レストラン「ロッシーニ」で,名物のローストビーフのランチをいただきました。
 「魚介のマリネサラダ仕立て」からはじまって「白アスパラガス」「新玉葱と新ジャガイモのクリームスープ」,そして「ローストビーフ温野菜添え」。ローストビーフは,大きな塊からテーブルで厚切りされ,一人分は200g。結構大きめのローストビーフでした。最後はベリーヌのデザート,コーヒーで締めました。

(写真をクリックすると拡大します。)
Tkaikan1Tkaikan2Tkaikan3

| | コメント (0)

2019/04/10

皇居の桜の一般公開

 皇居乾通りの桜の一般公開は,3月30日から4月7日までということで,もう終わってしまいましたが,最終日の7日に行ってきました。
 たいそうな人だかりかと思っていたら,それほどでもなく,どこか(例えば荷物チェック場所など)で列に並ばなければならないかと思っていたら,特に並ぶこともなく,お花見ができました。
 桜のトンネルという感じではなく,ところどころに満開の桜があるという感じで,それはそれで風情がありました。普段は入れない場所をそぞろ歩きする事ができて,そちらの方も興味深かったです。

(写真はクリックすれば拡大します。)
Inuistreet1Inuistreet2

| | コメント (0)

2019/04/09

アガサ・クリスティの「動く指」

Moving-thumb

 クリスティの「動く指」は,おそらくクリスティ作品としては有名でない方の一作だと思います。クリスティ作品は全作読んだ事がありますが,内容を忘れてしまっている作品です。だから再読(本当は再再読くらいかもしれない)。
 飛行機事故でけがをして,静かな田舎で静養する様医師から勧められたジェリー・バートンが,妹のジョアナと共にやってきたのは,リムストックという田舎町です。バートンが引っ越してきたとたんに,「ジェリーとジョアナは本当の兄妹ではない」という内容の,下品な言葉を連ねた誹謗中傷の手紙を受取ります。宛先はタイプライターで打ってあり,手紙自身は印刷物から活字を拾って貼付けたものでした。
 ジェリー達は,はじめは自分たちがよそ者だからそのような馬鹿げた手紙を受取ったのだろうと考えましたが,診察にやってきた町の医師から,町の誰彼となく同様の誹謗中傷の手紙を受取っている事を告げられます。しかもその内容が嘘としか思えず,町の誰もが信じていないという手紙です。
 そんな中で,町の事務弁護士ディック・シミントンの妻が自殺する事件が起りました。「次男が夫の子どもではない「という手紙を受取った直後の事件でした。誰も信じていない嘘くさい一連の手紙ですが,へたな嘘も数打ちゃ当たるという事で,ひょっとして真実を掘り当てたのか・・・・?
 さらに,シミントン家のお手伝いのアグネスが,以前一緒に働いていたバートン家のメイドであるパトリッジに相談したいことがあると電話してきてバートン家に来る事になっていたにもかかわらず,ついにやって来なかったという事件が起ります。アグネスはそのまま行方不明になってしまったのです。結局アグネスは,シミントン家の階段の下の戸棚で他殺死体となって発見されました。アグネスはディック・シミントンの妻が自殺した日から様子がおかしく,誹謗中傷の手紙をシミントン家のポストに投函した者を見たのではないかと思われました。
 誰も信じていなかった誹謗中傷レター事件が殺人事件に発展してしまい,町の牧師の妻が旧知のミス・マープルを呼びよせます。この作品全体の75%という終盤で,やっと名探偵ミス・マープルが登場します。この後,あまりミス・マープルの活動も描かれませんが,残り25%で見事に真犯人を指摘します。
 この作品全体がジェリー・バートンの一人称で語られますが,ジェリーとミス・マープルが深く関係しているわけではない為に,たまたまジェリーが牧師宅を訪れたときくらいしかミス・マープルと接触がなく,マープルの探偵活動や発言はそれほど描かれません(ジェリーとしては描き様がないのです)。ミス・マープルの推理は,真犯人が捕まってすべてが終わった後,彼女の口から語られます。
 この作品では,町の人々がそれぞれ個性的に印象的に描かれ,ミステリーである前に読み物として面白いものに仕上がっていました。しかしまあ謎ファンとしては,もうすこしミステリー要素が濃かったらなあとは思いました。

| | コメント (0)

2019/04/08

Pokemon Go

Pokemon 先日,私のスマホに,PokemonGoのアップデートのお知らせがやってきました。
 ここのところPokemonGoはやっていませんが,一応アップデートはやっておきました。
 今は「猫も杓子もPokemonGo」という時代ではありませんが,結構はまっている人がいるようです。ウチの近所のポケストップには,時間によっては結構人が集まっていたりします。週末は老若男女のカップルが多いですね。案外デートツールになっているのかもしれません。

| | コメント (0)

2019/04/07

ビットコインが急騰

Bitcoin 低迷していたビットコインが4月2日に急に値上がりして話題になっています。
 私が2018年1月に冗談で買った2000円分のビットコインも,昨今1700円くらいで推移していましたが,急に2000円を超えました。一時3000円越えになっていたので,それに比べればやっと買った値段に戻した程度ですが,たしかに4月2日を境に急騰しました。
 原因はヘッジファンドのコンピューターを使ったアルゴリズムによる投資のせいといわれていますが,はっきりしていません。
 投機筋が鳴りを潜めていたのに,また蠢きだすのかな?

| | コメント (0)

2019/04/06

日高屋のラーメン

Hidakaya-rahmen
 
 横浜に住んでいて,家系ではないあっさりした東京ラーメンを食べたいと思ったら,簡単に食べられる店というと日高屋や幸楽苑といった大規模ラーメン店に入る事になります。
 写真は日高屋の普通の中華そば味玉入,それにメンマをトッピングしたものです。お値段は610円(税込み)。
 嫌みのない味で,週何回でも食べられそうな気がします。
 こうして見ると,610円の割りには,結構にぎやかにみえますね。

| | コメント (0)

2019/04/05

Cocologの管理画面変更

Cocolog-alice 3月19日から,このブログの管理画面がかわり,それに伴っていろいろ不具合も見られましたが,やっと仕様も落ち着いてきましたね。
 最初は,時間を指定して記事をアップしても,ツイッター連携が上手くいかず,記事を書いてココログに上げたとたんにツイッターが更新されてしまっていました。それが記事がネットにアップされると同時にツイッターも更新される様に訂正されました。
 しかし,写真のまわりに自動的にマージン(空白)が設けられずに,更新以前と同じ見栄えにするには「style="margin: 0px 5px 5px 0px;"」を挿入しなければならないとか,リッチテキストでは<p>タグが自動的に挿入され,段落毎に空白行が挿入されてしまうので,<p>を<div>に変更しなければならないとか,スタイルシートの操作を伴います。正直言って,ホームページを操作しているようで,ブログという簡便な記事のアップ方法とは相容れない様に感じます。もう少し簡単になってくれればいいですね。
 まあ,以前と同じ見栄えを要求するからそうなるのですがね。

| | コメント (0)

2019/04/04

「てんや」の季節野菜は「アスパラガス」

Tenya-aspara
 おなじみ「てんや」の季節の野菜,今は「アスパラガス」。
 以前のつぼみ菜や木の芽の時は丼に乗せて甘いたれでいただきましたが,今回は「別皿にしますので塩でお召し上がりください」ということで,塩で美味しくいただきました。

| | コメント (0)

2019/04/03

三津田信三の「四隅の魔」

Yosumi  以前刀城言耶シリーズを紹介した三津田信三の別のシリーズ,死相学探偵 弦矢俊一郎のシリーズです。他人の死相が見える主人公探偵。今作でもそれが手がかりとして生かされています。
 「四隅の間」とは,真っ暗な部屋で5人が四隅に配置され,まず二人配置された一カ所の隅から1人が次の隅に向い,その隅の人にタッチします。タッチされた人は次の隅まで移動して,その隅の人にタッチ,タッチされた人は次の隅に向い・・・という循環を行います。それが最高潮に達した頃,そのなかの1人が部屋の中央に移動し,循環から抜けます。すると「隅の人タッチ」の循環が途絶えるはずですが,途絶える事なく循環が続く。それは霊か魔物がその部屋に召還され,それが循環に加わるからというオカルト儀式なのです。
 大学の非公認サークル「百怪倶楽部」のメンバー男性2人,女性3人が,寮の地下室で「四隅の間」を行うところからこの話が始まります。その儀式の最中,真っ暗な部屋の真ん中に抜けた女子学生が突然死を遂げます。死因は心臓マヒで,警察の捜査でも事件性はありませんでした。
 やがてもう1人,「四隅の間」に参加していた男子学生1人が歩道橋から転落して死亡。その段階で,女子学生二人が弦矢俊一郎をたずね,解決を依頼,俊一郎はその二人に様相の異なった死相を視ます。実はその前に,百怪倶楽部の周辺に黒衣の怪しい女性が目撃されていました。
 そしてそれから,もう1人の男子学生が男子寮の部屋で首を吊っているのが発見されます。彼の首に警察は絞められた跡がかすかについているのを発見,3件目にしてはじめて犯罪として認められます。
 最後は関係者全員を集めての弦矢俊一郎謎解き。意外な犯人が指摘されます。手がかりになったのは,女子学生の死相が異なっていた事,それに途中から1人の死相が消えた事。なぜ死相が消えたのかが,犯人の手がかりになりました。
 とても面白い推理小説です。最後に本筋とあまり関係ないちょっとした怪異が認められるのは三津田信三のお約束ですが,オカルト風の物語りはおおむね本格推理小説としておわります。

| | コメント (0)

2019/04/02

新元号は「令和」

Reiwa 新元号は「令和」と発表されました。
 ネットを見ると,4月1日,発表と同時に施行だと間違えている方々がいるようですが,5月1日から平成→令和となります。ローマ字表記は「REIWA」です。
 この「令」という字が「命令」「令状」「号令」など,「命じる事」を表すのを気にしている方がいますが,ここは「令嬢」「令室」「令名」など,「立派」とか「良い事」をあらわし,「令」に続く語を修飾する漢字と考えましょう。

| | コメント (0)

2019/04/01

新聞はオワコンなのか?

Shinbun_obaasan  ネット上に「新聞はオワコンなのか?新聞社はこれからも必要なのか?」という記事がありました
 新聞発行部数が年々減少するにしたがって,このような議論が行われるようになってきました。
 新聞が必要かどうかは疑問でも,記事を書き,それを集めるシステムとそれを取捨選択するシステム(今のデスクのような)は必要でしょう。
 ネットに流れる情報で,信頼に足る,またはまともに批判できる記事は,プロが書いてプロに選ばれた記事だけ。素人の書いた記事は,ほとんどフェイクだと思ったほうが無難です。プロの記事も時にフェイクである事はありますが,批判に足る情報が入っています。
 しかし,その情報を発表する媒体として,紙である必要はありません。だから新聞社と通信社は,ネットの上では何ら区別しがたいものとなっています。新聞社はおそらく少数の紙媒体の発行と,ネット上のキュレーションサイトなどへの記事の販売を行う企業,おそらく現在の通信社に近いものになっていくのでしょう。
 
 現在の新聞社は,総合的でありすぎると思います。過去はそれでよかった。しかしネット時代になって,新聞社はもっと小規模のものでいいと思います。
 現在もある経済専門誌,スポーツ専門紙,ある地方の情報を扱う地方紙,海外情報を扱う海外情報誌,それにたくさんの業界紙,一部方々のお好きな色分け・・・左傾・右傾紙,ある特定の年代に向けて発信する新聞,そしてそれらの記事を横断的にピックして掲示するネット上の情報サイト。そんな形でいいと思います。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »