« 帰る前に五所川原の鶴の舞橋へ | トップページ | 奥入瀬旅行で食べたのは・・・・・ »

2019/09/07

そして弘前市へ

LibralyTeacherAomori-bankChurch 昨日紹介した五所川原の鶴の舞橋から車で1時間程,弘前市へ到着しました。弘前市でのお目当は明治・大正時代の洋風建築の見学です。
 弘前は弘前城の城下町。弘前城に近い市立観光館の駐車場に入れて,歩いて街歩きします。街を歩いてみると,風情が青森市と違うのですよね。まあ古い洋館をたどっての街歩きですから,なおそのような感想になるのかもしれませんが,風格が感じられるのは古い城下町だからでしょうか。
 そもそも青森県は,始め弘前に県庁が置かれ,弘前県と名付けられていました。日本最初の市制施行地でもあります。そもそも青森市は弘前藩主津軽信枚とその家臣である開港奉行森山弥七郎によって寛永期に築かれた港町で,明治四年には弘前から青森に県庁が移転されています。しかし現在でも青森の国立大学といえば弘前大学であり,津軽地方の中心都市でもあり,青森県の中心都市の一つになっています。
 さてその洋館めぐり。旧弘前市立図書館,旧東奥義塾外人教師館,旧第五十九銀行本店本館,日本聖公会弘前昇天教会教会堂などを回りました。弘前市立図書館の裏には,市内洋風建築のミニチュアを置いたスペースもありました。
 ここから1時間で青森空港着。空港内の漁連の店などで,冷凍ホタテや永谷園のご当地お茶漬けの素などお土産物を買い込んで羽田に帰ってきました。

(写真は上から,旧弘前市立図書館,旧東奥義塾外人教師館,旧第五十九銀行本店本館,日本聖公会弘前昇天教会教会堂。写真をクリックすると拡大します。)

|

« 帰る前に五所川原の鶴の舞橋へ | トップページ | 奥入瀬旅行で食べたのは・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰る前に五所川原の鶴の舞橋へ | トップページ | 奥入瀬旅行で食べたのは・・・・・ »