2018/11/13

コメダ珈琲店のコーヒーゼリー

Komeda 久しぶりに入ったコメダ珈琲店のコーヒーゼリーです。
 スマホいじりに時間を取って,少しソフトクリームが溶けてしまいました。
 これまでコメダは,コーヒーなど飲み物と食べ物のセット的なメニューはなかったと思いましたが,ミニシロノワールと飲み物のセットメニューができていました。シロノワールだけではなく,食べ物は何種類か,飲み物も何種類かの中から選べる様です。まあ,私が頼んだコーヒーゼリーには関係ありませんが・・・。
 ところで,このコーヒーゼリーにはバナナが入っているのですが,何故バナナをコーヒーゼリーに入れようと思ったのか,謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

川崎駅アトレのあんバターフランス

An_butter 川崎駅のアトレ3階,広い駅中央通路から北側に入ってすぐのところにあるcoffeemilkというカフェ。イートインも設けられているカフェのあんバターパンです。あんことホイップクリームとついたての様に建ててあるバターが特徴。そしてパンはフランスパン。あんバターホイップフランスです。
 このパンを1個テイクアウトしたら,やけにしっかりした布紐付きの大げさな手提げ袋に入れてくれました。
 アンバタにしてはちょっとお高いですが(はっきり覚えていませんが,400円くらい),美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

フードコートの「びっくりドンキー」へいきました

Donky_foodcourt

 横浜鶴見区にあるショッピングセンター,「トレッサ横浜」のフードコートにある「びっくりドンキー」で,ハンバーグをいただきました。「びっくりドンキー」のフードコート店に行ったのは初めてです。
 フードコート店という事で,メニューも少しレストランとは違っていました。ハンバーグは一つ140g,レストランでは150gが単位になっています。レストランの様な300gの大きいハンバーグはありません。そのかわり,2つ盛りのものがあります。
 ハンバーグにソースがあまりかかっていない様ですが,ハンバーグは十分いつものソースの味がします。多分ハンバーグ自体に味を点けているのではないかと思います。レストランでいう「ディッシュ」スタイル,ライスとサラダとハンバーグの一皿盛りですから,ごはんまでソースまみれにならなくて,この方がいいと思います。最近レストラン店に行っていないので錯覚かもしれませんが,同じディッシュ盛りでも,皿がいくぶん小さい様に感じます。それならば,ソースがたくさんかかっていては,ライスがソースまみれになってしまいますね。ソースが少ないのはそこら辺の配慮かもしれません。

(写真はレギュラーバーグのハンバーグ2枚盛り。写真のオレンジジュースのドリンクセットでは,ドリンク普通210円のところ,150円となる。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

久しぶりにリンガーハットの皿うどんを・・・・・

Oimachi_ringerhat めずらしくなもないリンガーハットの野菜たっぷり皿うどんです。
 大井町の阪急ホテルの一階に入っているリンガーハットでいただきました。リンガーハットは様々な所にありますが,ここのリンガーハットの野菜の盛りが格別いい様に思うのですが,どうなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/02

キハチのブイヤベース

Bouillabaisse

 ちょっとした記念日に,横浜高島屋の8階にあるキハチ高島屋横浜店に行きました。
 ランチだったのですが,魚と肉の両方があるコースでした。
 写真はその魚料理。ポルトガル風ブイヤベースというものですが,コチジャンで辛さを足したりして,キハチらしく無国籍化しています。
 おいしいスープでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/25

羽田空港で食べたもの

Haneda_spa

Haneda_pizza 昨日,千葉へ行った帰り,羽田空港へ寄って夕食をとろうという事になり,夜の羽田空港に立ち寄った話を書きました。羽田空港の国際線ターミナルならば,夜通し航空機の発着があり,レストランも遅くまで開いているだろうという見込みからです。実際,国際線ターミナルのいくつかのレストランは11頃まで開いており,24時間営業の店もありました。
 入った事のない店でという事で,イタリアンの店にしました。「エッセ ドゥエ」という店で,そもそもは赤坂の老舗ピザ店の様ですね。
 ピザは各種ハムをトッピングしたもの(名前は覚えられなかった),思いのほか大きいのが来ました。それにスパゲッティはカラスミとシラス。こちらもそこそこ大きなもので,この二皿を3人でシェアして十分でした。写真の料理が半端な撮り方なのは,ピザの方は既に半分を取り分けてしまった後で,大皿に残った半分を撮ったから,スパゲッティは小皿に取り分けた私の分の写真だからです。
 大きな店ではありませんが,国際線ターミナルではお勧めできる店です。ピザはピザ釜で焼いていて,とても美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/20

伊豆下田の和菓子屋さんのあんぱん

Anbutter ウチのカミさんが友人と一緒に伊豆半島の下田に行ってきました。カミさんの友人が契約している会員制ホテルに宿泊し,観光してきたのです。
 そのとき,下田から買ってきたあんぱんです。正確に言うと,餡とホイップバターを包んだあんぱんです。まるで大きなキノコの様なあんぱんで,見た目にちょっとかわいい感じがします。
 平井製菓という和菓子屋さんが作っているパンで,ネットで検索してみると結構有名らしいですね。平井製菓は,和風のロールケーキや最中などを作っている傍ら,パンも焼いているという変わった和菓子屋さんでした。
 このあんぱん,「ハリスさんの牛乳あんぱん」というらしいのですが,食べてみると餡があっさりしていて,さすがに和菓子屋さんだという感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/13

元住吉とシステムが違った武蔵小杉店,「いきなり!ステーキ」

Steaka 元住吉の「いきなり!ステーキ」店に続いて,武蔵小杉店に行ってみました。そうしたら,注文システムが元住吉と違っていました。
 武蔵小杉では店に入って座った卓上に大きめの番号を書いた札が置いてあり,これを持ってカウンターへ行ってステーキを注文します。そこで塊から切り出した肉を見せてもらい,「それでいいです」といって席に戻るわけです。元住吉では店に入っていったん座席に座ったらもう立つ必要はありません。注文は座席まで取りに来ます。肉も座席へ持ってきてオーケーをとります。
 元住吉はレストラン方式,武蔵小杉はフードコート方式といえるでしょう。武蔵小杉店がフードコートと違うのは,でき上がったステーキを席まで運んでくれるか自分で席に持ってくるかという点だけです。その為のアイテムが,武蔵小杉では座席に置いた大きめの番号札であり(何番テーブルにもっていくかわかる),フードコートではそれがポケベル(ステーキが焼き上がった事を客に知らせる)であるわけです。
 隣の駅同士の店でシステムが違うというのは,結構戸惑う人も多いのではないでしょうか?
 元住吉店はどこのステーキハウスかと思うようなサービスが行われています。もちろんそれはいいのですが,ただ「安さ」を売りにした店で,そこまでやる必要があるのかという思いもあります。カフェテラス方式で十分だと思います。むしろそれが一般のステーキハウスとの違いとなってむしろ「安さ」を強調し,客にその意味で満足を与える様に思います。

 ところでコーラは,武蔵小杉でも瓶コーラでした。その点も,フードコート店とは違っていました。

 もう一つ,元住吉店の記事の中で,甘口ソースしか用意されていなかったと書いたのですが,それは誤解でした。武蔵小杉店でステーキが席まで運ばれてきた際,「こちらがソースです。よく振ってご使用ください」と話がありました。卓上に置かれたポット,それが特大のソース入れだったのです。元住吉店でも同じポットがあったのですが,私はてっきり冷水だと思っていたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/12

フードコート以外の「いきなり!ステーキ」に初めて入った

BoxCola

 「いきなり!ステーキ」といえば,これまで大井町イトーヨーカドー,綱島アピタと,フードコートにある店舗にしか行った事がありませんでした
 先日初めて,フードコート以外の,ダイナー形式の「いきなり!ステーキ」店にいってきました。川崎市の東横線元住吉の店です。
 そうしたら,様相が大分違うのですね。
 フードコート店は,どの店もそうである様に,まず店のカウンターに並んで,注文します。その時,ポケベルを渡され,「ポケベルがなったら,カウンターまでお越し下さい」と言われます。そしてステーキができたら,自分でカウンターへ取りにいき,自分で席まで持ってきて,自分で返却口に下げ膳します。
 先日行ったダイナー店では,先ず席に座ると注文を取りに来て,注文すると「このお肉でよろしいですか?」と,肉を席まで見せに来ます。それでいいですという事になったら,あとはやる事はありません。席に座って読書するなり,スマホを眺めるなりする事になります。下げ膳も取りに来ますから,自分は請求書を持って入り口際の会計カウンターに行くだけです。
 その他,席に座った時,鞄を入れるボックスを持ってきてくれたり,そこに鞄を置いたら,布を鞄にかけてくれたり,ひょっとしてサービス料を取られるのかしらと思う程でした(もちろん取られません。フードコートと同じ料金です。)
 コカコーラを一緒に頼んだのですが,フードコートではコップ入ってサーブされますが,ここでは瓶でサーブされました。ちょっとアメリカンダイナーっぽい感じでした。フードコートでは,そもそも飲み物類は,サーバー機から注がれます。
 ちょっと難だったのは,甘口ソースしかなかった事。いつも行くフードコートでは,甘くないガーリック風味のソースがデフォルトで,甘口ステーキは特別にお願いする事になるのです。私は甘くないソースが好みです。(→これは誤解である事が分かりました。その後,お隣の武蔵小杉店へ行った時の記事を参照ください。
 フードコート店とはちょっと違う雰囲気とサービスのダイナー店。まあ上述のサービスは,元住吉店のみのマニュアルなのかもしれず,こんどは近くの武蔵小杉店とか綱島店にも行ってみよう・・・。

(写真は鞄にかけてくれた布と瓶でサーブされたコーラ。肝心のステーキの写真は,文中に引用した記事を参照してください。それはフードコート店と変わりません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/06

「てんや」の冬メニュー

Tenya_18winter

 てんやの冬の30周年記念メニュー「松茸とかきの天丼」。
 内容は,2個の松茸,牡蠣,海老,まいたけ,オクラ,イカと柚子のかき揚げ。写真の様に,かき揚げは大きいので,かき揚げが入ると豪華に見えますね。
 松茸と牡蠣が抜群の匂いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧