2017/03/17

WBC,対イスラエル戦勝利

Wbc 3月15日に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド,日本対イスラエルは,日本が8−3で勝利しましたね。
 開催前はなにかと心配されていたWBCの成績ですが,現在のところ1次ラウンドから6戦全勝で,4強入りが決まりました。
 次は21日,ロサンゼルスでの試合です。相手はまだ分かりませんが(2時ラウンド2組の2位のチームと対戦する),ここまでくればがんばってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/23

リオ五輪閉幕

 リオ五輪は,開幕前は本当にできるのかという感じだったが,結果やりきった。
 やればできるの良いお手本になった。
 スタッフの皆さん,お疲れ様でした。
 東京五輪も開幕前の今,なんだかんだがありますが,やりきることができるのか? いよいよ小池さんが五輪旗を持ち帰ります。
 安倍さんのマリオ,おもしろかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/20

吉田沙保里選手,銀メダル獲得

Yoshida 吉田沙保里選手がリオ・オリンピックで金メダルを逃した時の言葉・・・・・,

>「取り返しのつかないことになってしまった」

 このコメントに気持ちが込められています。
 歳とともに体力が落ちてきている中,おそらくそんな気持ちで試合をむかえたのだろうし,その重圧たるや大変なものだったあろうと思います。またALSOKを退社した環境の変化,父親を無くした事,いろいろの変化がありましたから,いつもの調子ではなかったという事もあったかもしれません。
 まして後輩三人が早々に金メダルを決めてしまい,さらに重圧は高まっていったものと思います。
 その中の銀メダル。ある意味良かったのかもしれませんね。重圧の開放感があるのではないかとも思います。
 ここで金メダルを取ったら,ここで引退を考えたかもしれませんが,今回の銀で,むしろ引退も遠のいたのではないでしょうか?

(写真は,アマゾン書店から拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/10

朗報,オリンピックで実施競技見直し案承認

Baseball 12月8日の国際オリンピック委員会(IOC)臨時総会で,五輪の実施競技を見直す改革案が承認されました。
 これで,夏季五輪で開催都市が複数の種目追加を提案できる権利が認められて,2020年の東京オリンピックでは,野球やソフトボール,空手など,日本になじみのある競技を取り入れる素地ができた事になります。どの競技を追加するかについては,来年7月のIOC総会で決まるそうです。
 野球・ソフトボールの東京での開催は,まず決まるでしょう。これは朗報です。
 一方,国際的という事から言ったら,野球よりも空手の方が多くの国で行われている様に思います。しかし,開催都市枠ともいうべき競技ですから,国際的に知られた競技というよりも,その国・都市独特の競技の方に重点が置かれるのが趣旨かもしれませんね。それならば野球はぴったりです。
 そう考えると,剣道や相撲はどうなんだろう。相撲はスポーツというより,神事という面もあり,変な国際ルールを決めてほしくないという気持ちもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/15

ドイツが優勝しましたね

Ball_2 サッカーW杯が終了しましたね。結局ドイツがアルゼンチンを制し,優勝しました。
 以前の記事で,サッカーを知らない者同士の何の根拠もない予想で,南米勢が優勝するといっていたのですが,見事に覆されました。
 南米で行われた試合での欧州勢の優勝は初めてだということです。そうならば,我々の南米優勝の予想もまんざら根拠がななかったわけでもなかったんだと話している二人でした。

続きを読む "ドイツが優勝しましたね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/11

決勝戦はオランダ対アルゼンチンですね

Fifa もう一つの準決勝線,オランダ対アルゼンチンは,結局PK戦でアルゼンチンが制し,決勝戦はドイツとアルゼンチンで争われる事になりました。
 ヨーロッパと南米による決勝戦で,なかなかバランスがよい結果になりました。
 まあ私は,どちらかというとアルゼンチンの方を応援しています。たいした理由はないのですが,先日書いた様に,同僚と南米が勝つだろうと話をしたというだけの理由です。
 昨日も書いた様に,それほどサッカーに興味がある訳ではない私が,サッカー記事を連日書いているというのも,W杯の偉大さだったりして・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/10

ブラジルが敗れた!?

W_cup サッカーW杯,開催国ブラジルがドイツに7対1で敗れたんですって!
 先日の記事に書いた様に,それほどサッカーに興味がある訳ではなく,日本が姿を消して以来中継も録画も見ていないW杯ですが,それでもブラジルが同国サッカー史上最悪の失点で敗れたというニュースには驚きました。何かが起きたんでしょうね。
 これでドイツが決勝に進出し,オランダとアルゼンチンの準決勝戦での勝者と決勝戦を戦う事になります。試合は14日の早朝だそうですね。面白い試合になるでしょうが,まあ私はそんな早朝に起きる根性はありませんwww。
 先日の記事に書いた様に,我々は南米のチームが優勝すると予想しているのでwww,ここは是非アルゼンチンにがんばってもらわねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/02

サッカーワールドカップの事など・・・

Fifa サッカーワールドカップ。実際のところ,サッカーに詳しいわけでもなく,ふだんからJ1などを見ているわけでもなく,まして生でプロの試合を見た事もない私としては,日本代表が破れて以来,それほどの関心もなく日々を過ごしています。
 結構そういう人も多いらしく,日本代表の初戦の日にテレビ観戦で会社を休んだ同僚も,同じ様な様子です。なにしろ彼は,初戦を見る為に会社を休んだので,隠れサッカーファンだったのかと思ったら(普段サッカーの事を話題にしているわけでもないので,「隠れ」かと思ったのですよ),実はそうではなかったらしく,昨日,W杯は今どこが残っているのか聞いたら,私と同じでまるで分かっていなかったのでしたwww。
 ドイツとフランスは残っていた様な気がする。アメリカは昨日騒いでいたので多分決勝トーナメントに滑り込んだと思う。あと南米のチームはよくわからない。ブラジルはまさか敗退していないだろう。アルゼンチンだって強い筈だし。とにかく南米はその国の位置さえ定かに分からないので,決勝トーナメントに残っているかどうかなんて分かる筈がない(オイオイ,国の場所とサッカーの勝敗は関係あるのか?)。
 しかし,たまにニュースでやっている試合を覗き見するに付け,サッカーというのは日本人というかアジア人にとって苦手なスポーツなのではないか?などと思ってしまう。
 広いフィールドを駆け回るスポーツで,相当のスタミナも必要だろうし,野球の様な道具をたくさん使うスポーツではなく,道具の使い方の上手さを大いに発揮できるというスポーツでもなく,日本人の器用さが発揮されにくいスポーツなのではないかと思ったりして・・・・・。
 そんなサッカー知らずの会話の中でも,最後はしっかり,「優勝するのはヨーロッパではなく南米だと思う」などと,ほとんど根拠のない結論を出してうなずきあう二人なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/18

浦和レッズ,無観客試合で発生した宿泊・交通費のキャンセル料を負担へ

Reds 浦和レッズのファン3名による横断幕事件。このための制裁として3月23日の清水エスパルス戦が無観客試合となりますが,それを観戦する予定であった観客に,宿泊や交通費のキャンセル料が発生した時,キャンセル料をレッズが負担する事を決めたそうです。
 今回の横断幕事件の代償は,おそらく億単位になるのでしょうが,レッズは横断幕を掲げたの3人には損害を請求しないと発表しています。
 とはいえこのような問題は,小さくまとめてしまうのではなく,今回の様になるべく大げさな話にして反省を促すというやり方が,なかなか効果的だと思います。
 しかしまあ,果たしてファンはキャンセル料を請求するのか? 私の友人に,「俺のフロンターレがそんな事になったら,損害請求しないよ。請求するにしても,即チームのグッズを買って還元するだろう。」と言っているヤツがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/07

パラリンピックはオリンピックの中で

Paralympics 今日3月7日から,ソチパラリンピックが始まります。パラリンピックといえば,ロンドンパラリンピックを思い出します。
 一昨年8月下旬,イギリス旅行に行って,その時の様子をこのブログにアップした事がありました。折しもロンドンオリンピックが終わり,パラリンピックが始まろうという時期で,私達がロンドンヒースロー空港に到着した時,各国からのパラリンピックの選手達の入国で,空港の入国審査はごった返していました。パラリンピック開催時の特別の処置として,ロンドン市内の高速道路がパラリンピック関係車専用となり,私達の乗ったツアーバスもロンドン郊外で高速道路を降り,市内は混雑した一般道を通ったため,ツアー解散時間が通常より1時間余り遅れてしまったという事もありました。
 その時ふと,パラリンピックはオリンピックと別に期間を設けておこなう必要があるのかと思ったのです。つまり,オリンピックの中で,オリンピック競技の種目として,身障者による競技が行われるという事で何ら問題ないのではないかと思うわけです。
 そんな意見がネット上にないかしらと調べてみましたが,何と下村五輪担当相が参院予算委員会で,「2020年の東京五輪とパラリンピックの相互交流について何らかの競技種目で一緒にできるというのは象徴的で,国会からも国民からも提案がある。組織委員会などと相談しながら前向きに検討したい」と述べたという話が出てきました。オリンピックとパラリンピックの融合というのは,結構考えている方がいるんですね。「交流」ではなく,いっそうの事「身障者による競技を,オリンピックの種目として行う事」を考えてくれませんかね。

(写真は,ロンドンパラリンピックのマークが掲げられたタワーブリッジ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧