2019/06/16

老後2000万円問題

Pension 麻生大臣が受け取りを拒否した「老後資金2000万円貯めろ」問題。ネット上にも様々な記事があふれています。
 2000万円については,報道ではしきりに不安な人をインタビューに登場させて,「2000万円なんて用意できない」的な不安を煽っていますが,私の周囲では「2000万円でいいのか・・・」と反応して,ある意味安心している人が結構います。
 しかし上にリンクした日経新聞の記事の様に,人はそれぞれ。2000万円で足りるとは限らないわけで,ウチのカミさんの数年前の試算では,60歳以降に必要な貯蓄は,2000万円では足りませんでした。一軒家の方では,10年ごとに100万円以上のメインテナンスが必要で,とても2000万円では足りないと試算する方もいます。実際少し前には,3000万円必要という話がネット上にはあふれていましたね。ウチのカミさんの試算でも,そんなものでした。

| | コメント (0)

2019/06/05

横浜シーサイドラインの逆走事故

Seasideline 6月1日朝8時過ぎに起きた横浜シーサイドラインの事故。無人運転の新交通システムの車両が,終点で本来の進行方向とは反対方向に発車し,車止めに衝突したという事故です。この事故で14人の乗客が負傷し,そのうち6人は重傷といいます。幸いにして命に別条はない様です。
 シーサイドラインは,私としては八景島シーパラダイスへ行く時の交通機関という認識です。それ以外の目的で乗った事はありません。1989年に開通し,その5年後,1994年に全列車が自動運転化されました。
 新交通システムの事故は,1993年に起きた大阪ニュートラムの事故があります。駅での車止めへの衝突事故で,ブレーキが利かなかったための事故でした。この事故の原因は,はっきり分かっていません。運転再開は1ヶ月半後,事故後6年間は有人運転(暴走時のブレーキ操作のみを監視する添乗員が乗車)が行われました。
 その伝から行くと,今回のシーサイドラインも,1ヶ月以上の運転休止となる可能性があるでしょう。
 交通機関,特に鉄道では,衝突の回避が重要ですから,自動運転車のように,前方後方の障害物を検知する目を車両に備える必要があると思います。なにしろ自動運転化されてから25年間,乗客の人身事故がなかったわけで,事故原因を突き止めるのは大阪の例から言っても容易な事ではなく,何らかの措置を施して早期運転再開が望まれます。それには,制御系統のフェイルセイフとして,障害物を感知する「目」を持つ事は最も確実で,比較的簡単な方法だと思うのですが・・・。

| | コメント (0)

2019/06/04

ルノアールも全店禁煙

Cafe ルノアールは,10年くらい前には普通の喫茶店でしたが,今では普通のブレンドでも600円くらい(店によって値段が違う),座席はゆったり配置され,タバコの煙が店全体に立ち上っているという印象でした。
 そのルノアールが,他のチェーンを差し置いて真っ先に2020年4月から全店舗で全面禁煙を決めたというのはショックですね。まあ私は,タバコを吸いませんが・・・(笑)。
 全面禁煙化の理由の一つに,2020年4月から全面施行される改正健康増進法への対応があげられています。しかし某カフェのフランチャイズ店に関係している知人によると,店を禁煙にする動機としては,まず従業員が集まらない事,次に店の前での三人の会話を聞いた事。「ここに入ろうか」,他の1人は賛成し,1人は「ここは煙ったくて・・・」,「じゃあ違う店にしよう」。つまりグループのうち1人でも嫌煙者がいれば,そのグループはお客さんにならないというわけですね。
 今回の措置は,改正健康増進法よりも,純粋に経営的な判断なのかもしれません。サイゼリアはこの6月から全面禁煙になります。そのように禁煙が広がれば,喫煙を唄うニッチ的な喫茶店を出そうと思う経営者も出てくるでしょう。ただ,大規模なカフェチェーンで喫煙者を受け入れるほどのマスがいなくなったという事でしょう。条例で分煙を義務づける自治体もありますが,そういう所では1席だけ電話室の様に禁煙席を設け,あとは喫煙席だけという事もあり得ます。本来,分煙を義務づけるのは不合理です。

 知人の店は,経営者の希望にもかかわらず,まだ全面禁煙にはなっていません。フランチャイズである以上,本部の決定がなければ・・・という事なんでしょうね。

| | コメント (0)

2019/06/03

川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」

Bouquet 痛ましい川崎登戸の殺傷事件。その一つの側面として大学教授・准教授で社会福祉士,生活困窮者支援を行うNPOの代表である方が発信した「死にたいなら一人で死ぬべきという非難は控えて欲しい」という文章が賛否両論の議論を呼んでいます。
 こういう事件の犯人は,まず死ぬことが目的ではなく,社会からの疎外感への復讐の方が先にあるので,「一人で・・・」などということになるはずがないと思います。「死にたいなら一人で死ぬべき」という言葉は,言ってみれば空しい言葉であって,そもそもそう言ってみても仕方ないというようものです。
 そして,死にたいなら一人で死ぬべきという非難は控えて欲しい」という真意は,今回の容疑者の様に,家族を含めて社会からの疎外感を感じ自暴自棄になっている人が「同様な凶行に及ぶ事を防ぐために」という事です。「死にたいなら一人で死ぬべき」という言葉が凶行への背中を推す事になるのかどうか疑問にですが,しかしNPOで同じ様な境遇の人達と接してきた上での言葉で,そういう事もあるのかなと思います。
 それも分かるものの,しかしまあ我々の反応としては,「ひとりで・・・」とか,列車への飛び込みとかではなく,他人に迷惑をかけない方法でという気持ちになるのは,もっともです。ただそういってみても,そもそも自殺に他人を巻き込む事で自分の溜飲を下げるための凶行ですから,空しい言葉である事は確かでしょう。

| | コメント (0)

2019/06/02

アメリカバージニア州バージニアビーチの市庁舎で市職員の男による銃乱射事件が発生

Gun アメリカバージニア州バージニアビーチの市庁舎で,5月31日に市職員の男が銃を乱射して12人が死亡,すくなくとも6人が負傷するという事件が起きました。
 我が家では,速報で報じられたのが6月1日朝の情報番組の時で,川崎登戸の襲撃事件について伝えられた直後でした。
 このような事件は日本でも起こりうると思います。例えば日本でも,自動車工場で元従業員が従業員を無差別に自動車で襲った事件がありました。しかし犠牲者数の桁が違うんですね,銃社会では。

| | コメント (0)

2019/05/29

最低賃金,時給1千円は「全国から悲鳴」 日商が要望書

Working 「最低賃金、時給1千円は「全国から悲鳴」 日商が要望書」という新聞記事がありました。中小企業は「支払い余力の乏しい中、実力以上の賃上げを強いられている」という事です。
 この主張は一理あります。最低賃金で働く人は,アルバイトや主婦のパート,年金暮らしの老人の就業などで,別に収入があった上で副業的な仕事として働いている場合が多いのです。気軽な働き口とう場合も多いでしょう。そんな仕事が最低賃金の上昇で無くなってしまうというのは,いかにも不合理です。
 人余りの時代ならば最低賃金も有効に作用するでしょうが,現在は人手不足の時代。本来中心的な仕事の賃金は需給関係で決まり,最低賃金ギリギリという事はないはずなのです。
 しかし,知人に役者の卵がいます。本業が役者,それでは喰っていけないのでバイトをしている。彼が最低賃金で働いています。公演がある場合に備えて,ある程度シフトを調整できる様な仕事です。そんな彼には最低賃金上昇は有効に働くでしょう。
 時給千円,1日8時間で8千円,1ヶ月20日として16万円,年収192万円。悲鳴を上げているのは労働者も同じ。知人の役者の様に,最低賃金の上昇で利益を得る人もいますが,それで仕事が無くなってしまっては困ります。最低賃金は毎年上昇していますが,いくらにすべきなのか,難しいところです。

| | コメント (0)

2019/02/15

NHK世論調査で景気回復「実感していない」66%

Keiki 政府は,今の景気回復が戦後最長になったとみられると発表しましたが,NHK世論調査で,景気回復を実感していないと答えた人が66%いたという事です。
 まあ,こういう調査はとかく厳し目に出るものですが,現在,おそらく景気を実感するのは就活時だけなのではないかと思います。
 若者層のの自民党支持率,現内閣支持率が60%を超えているのも,それが理由ですね。
 現在は,給料安いけれど,みんなが就業しているという状態なんですよ。ワークシェアリングの理想状態www。そういう意味の「景気がいい」。
 そう考えると,みんなが就業しても給料は高いという状態に達するには,もっと人口が減ってもいいのかなと思えてきます。実際過去には,そういわれていた事がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/24

眞子さまの婚約問題

Engagement 秋篠宮家の眞子さまとの婚約が延期になっている小室圭さんの問題。小室氏がコメントを出しましたね。400万円はもらったもので既に解決している話だという趣旨のコメントです。
 小室氏の母親にふられた腹いせに「400万円貸して返してもらってない」とか言っている69歳男が,「あれはあげたものです」と言えばよかったのです。もう遅いけど。
 皇室との結婚をわざと壊そうとしたともとれる行動です。

 結婚を壊そうとか思わなくても,こういう69歳のような男は世の中にいますね。女性と分かれる事になったとたんに,プレゼントしたバッグをかえせ,指輪を返せ,挙げ句の果てにこれまで一緒に食事したレシートを出してきて,半分払えといってくる男。
 付き合っていた時,それで楽しかったのならばそれでチャラにすればいいものを,上の様な事を言い出し,「こんな小さな男と付き合っていたのかしら」と女性や周囲に完璧に愛想をつかされる男ですwww。

 もっとも私が女性なら,返せと言われなくても,もらったバッグや指輪は返していると思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/14

携帯大手3社が中国製品除外へ

Itdevice 政府調達から中国製品を除外するのを受けて,携帯三社も基地局などの通信設備から,中国大手メーカーの製品を事実上除外する方針を固めたようです。政府は情報漏洩や安全保障上のリスクを懸念して,国の調達から中国製品を排除する方針ですが,民間3社もそれに同調したということですね。
  政府はともかく,民間の携帯キャリアは,「ここは黙っていて,実は調達しない」ということではいけないのでしょうかね? 中国側も黙って秘密チップを組み込んでいるのだから・・・。
 角が立つな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

水道の「民営化」?

Water 「水道「民営化」の海外失敗例、調べたのは3例のみ」という記事を読みました。まあ,必要かどうかは自治体が決めればいいので,「できる様にしておく」というのは悪い事ではないと思います。
 今回の水道法改正は,本当に「民営化」なのでしょうか?単なるアウトソーシングの拡大だけなのでは?
 地方自治体が事業計画を立てる。もちろん料金決定も設備投資も地方自治体が計画する。地方自治体が陰に隠れて,全てを決め,手足を民間に委託するだけ。
 海外の民営化例では,サービスが行き届かなくなり,公営に戻したという例がいくつもある様です。しかし今回の水道法改正は海外の失敗例とは全く違うと思うんですよね。大騒ぎするほどの改革なのかと思います。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧