2017/04/23

線虫がん検査装置量産へ

Senchu ネット上に,「線虫がん検査装置、日立が量産へ」という記事がありました
 匂いに敏感な線虫が尿の臭いを嗅ぎ,癌を判断するという。かかる費用も数千円と安価で,素晴らしいですね。
 しかしこの方法なら,道具としてはシャーレがあればいいような気がするのですが,たいそうな装置が必要なんですね。
 でもそう思って装置を見ると,確かにシャーレが並んでいる様です。

(写真は日立のニュースリリースより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

京急八丁畷駅手前の踏切で事故

Crossing_2 昨日の土曜日朝,京急の人身事故によるダイヤの乱れが表示されているのを見かけましたが,これは川崎市の八丁畷駅のすぐ川崎駅寄りの踏切での70代男性と50代男性の二人が,下り電車にはねられた事故の為でした
 朝9時50分頃の事故だったらしいのですが,踏切に入った70代男性を50代男性が助けようとして巻き込まれたようです。
 この付近は東京から川崎駅まで続いた高架が南武線浜川崎支線の下をくぐる為に地上に下りた直後で,川崎駅から続く長い直線部分だと思います。列車からの見通しはいい区間だと思いますが,列車のブレーキが間に合わなかったという事は,列車通過直前に踏切に入ったのではないでしょうか? ことによったら最初に入った老人は自殺ではないのかと疑われます。
 あとで助けに入った50代の男性がお気の毒です。ご冥福をお祈りいたします。

(写真は事故の起こった踏切。左側が八丁畷駅。踏切のすぐ右に立っている男性は,踏切の警手ではなくバスの誘導員。踏切前を渡るバスはなく,バスは右折前を右折していく。GoogleStreetView映像です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/18

非行防止は,どのくらい本気か?

Inari_br 9月14日,15日の二日間で,加害者グループ5人全員が家裁送致となって,今後刑事裁判とするかどうかを検討される東松山市都幾川河川敷16歳少年殺害事件。
 埼玉県警と東松山市は,少年たちがなぜ悪質性,暴力性を帯びたのかまでメスを入れ,同市教育委員会は独自に検証委員会を立ち上げ,事件が繰り返されないよう全力を挙げる方針だという報道がありました
 複数で一人に暴力をふるい,死に至らしめるこのような少年犯罪は,これまで何回も,各地で繰り返されてきました。
 本気でこれを止めるには,このような事件に関与する可能性のある少年を,中学へ入学する年代になったら親から引き離し,全寮制の中学,高校へ入れることでしょう。
 中学,高校生になったらこのような犯罪に関与するだろうと思われる少年達は,未だそうなる前に生活環境,特に親を見れば分かります。そのような生徒は,複雑な家庭環境に生まれ,育ち,それがゆえに学校や地域で同学年の生徒からいじめにあい,あるいはいじめまではいかなくても敬遠され,学校の中でも居場所がなく,やがて学校に通わなくなる。そして同じような環境の仲間とつるむようになり,中学に入る年代になると非行に走る。
 今回の加害者グループ5人は,判で押したように同じような複雑な家庭環境に育っています。それは川崎の中一殺害事件の犯人グループ3人も同じでした。そんな家庭環境は,周囲に分かるのです。
 またたいていの場合,親も同じような家庭環境に育ち,非行歴を重ねて成長しています。その家庭環境の親からの連鎖を断ち切ること。
 本気で少年達の非行を防ぐつもりなら,そこまで生活環境や親を調査しなければなりません。
 親から引き離すのは無理でも,監視する事はできます。しかし,そこまで費用と人手をかけられるのかという事もあります。非行防止の決意は,どのくらい本気か?という事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/17

豊洲移転で入札上の問題

Toyosu 連日世間を賑わせている築地市場の豊洲移転問題。
 先日の報道では,主要建物3棟の建設工事で,1回目の入札不調後に都当局が入札予定の大手ゼネコン側にヒアリングを行い,積算を事実上聞いていたという問題が明らかにさてれいました。
 この件は,当初の入札が不調で落札者が出なかったため,2回目の入札の前に建設業者にヒアリングを行って,その結果予定価格を407億円増額して入札を行ったもので,落札は予定価格の99%超であったとの事です。
 1回目の入札はあまりにも都の予定価格が安く,各ゼネコンが入札辞退して不成立になったらしいですね。それで2回目の入札では予定価格を上げて行うということで,それ自体は起こりうる事だと思います。
 その2回目の予定価格の設定をゼネコンにヒアリングして行ったという事は,知人に言わせると都の入札方法がおかしいそうです。私は技術畑なので,このように1回目の入札が不調に終わった場合の2回目のやり方がわかりません。知人によると,2回目は予定価格を示すのではなく,公募型プロポーザル方式という,各社の提案を受け付ける方法で行い,さらにコストダウン方法を提案させて競わせるような方法をとるのが普通だろうという事です。
 そもそも1回目の予定価格が適正に示せなかった事からして,都当局は応札者の資質が問われるところですが,都が談合体質だったのか,事なかれ主義だったのか,めんどくさいと思ったのか,ゼネコン各社へのヒアリング2回目ので予定価格を決めてしまい,1回目と同じ手法で入札を行ったというのがお粗末だったようです。
 しかし今後の対応では,移転に関わる土壌汚染や工法の瑕疵などの技術的問題と,この記事のような当時の入札の問題や金銭的な話や政治問題のような話を切り分けて,技術的な問題がクリアになったらさっさと移転するなり,移転は諦めて築地に留まるなり,別の土地を探すなり,とにかく理工系の話しはさっさと片付けて欲しいですね。
 当時の金銭的な話や政治的な話など,文科系の問題の検証は,それと並行してじっくり行ってください。
 話はかわりますが,小池さん,都知事戦の最中,石原氏から厚化粧のブス(違ったかな?)とか暴言を吐かれておいてよかったですね。石原氏に支持されていたら,鉾先が鈍っていたところですよ。自民都連の支持がなかった事もよかったですね。ただ類が猪瀬氏に及ぶとちょっと苦しいかな? 猪瀬氏は小池氏を支援していましたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/16

埼玉県都幾川河川敷で起きた16歳少年殺害事件

Tokigawa_inaribashi 埼玉県東松山市の都幾川河川敷で起きた16歳少年殺害事件。一昨日には5人の加害者グループの内の2人が,昨日には残りの3名が家裁送致となり,通常の刑事裁判を受けさせるかどうか,つまり逆送するかどうか家裁で判断される事になります。
 使い走り,自分のものではないバイクのガソリン代支出,万引きを強いられるなどに嫌気がさしてグループから離れようとして,電話に出なかったり居留守を使ったりした事,それがばれて全裸で川を泳がされ,殴る蹴るの暴行を受け,最後には川の中に顔を突っ込まれて,16歳の少年が溺死させられたという事件でした。
 加害者グループは14歳から17歳までの中高生。そのうち二人は,地元の不良少年グループに加わっていました。被害者は加害者グループの17歳少年の定時制高校での同級生で,加害者少年は被害者をその不良少年グループに入れようとしていたようです。
 報道によると,その不良グループでは,日常的にグループ内で何かと因縁をつけてメンバーを裸で川や沼を泳がせたり,殴ったりといったリンチを行っていたらしく,おそらく今回もそれら日常活動の一環だったのではないかと推測されます。加害者達は,殺すつもりは無かったと警察に証言していますが,おそらくその通りでしょう。日常的な暴力を振るったら死んでしまった。多分加害者達もあっけにとられたのではないでしょうか? 怖くなってそのまま現場から逃げてしまったようです。
 ただし,最後に被害者の顔を川に突っ込んだ16歳の主犯少年は,「死んでもいい」という気持ちがなかったのでしょうか? そうでなければ,動かなくなるまで川に顔を突っ込むという事はしないでしょう。
 さてこの事件の5人の加害者達の名前と顔写真が特定され,ネット上にアップされています。その名前を見ると,揃いも揃ってホストクラブか少年冒険マンガの登場人物の様な名前,世に言われるDQNネームです。もちろん少年達が自分で選んだわけではなく,彼らの親が付けた名前ですが,なんだかその名をみると彼らが置かれた生活環境というか彼らの世界というか,それが想像できる気がします。今回の事件がどのような世界で起こった殺人事件であるのかが分かるような気がしてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

埼玉県東松山市の事件

Inari_bashi_2

 埼玉県東松山市の都幾川河川敷で22日早朝に殺害された16歳の少年。犯人は14歳から17歳までの遊び仲間の5人でした。
 この事件,2年前に起きた川崎の中一少年殺害事件とあまりにも似ています。川を泳がせ,その後暴行して死亡させた事。死亡した少年は周囲からそれなりに人気があった事。特に川崎の事件では,被害者少年の人気への妬みが犯行動機の一つでした。犯人たちと知り合って間がなかった事,川崎の事件では3ヶ月前,今回の事件ではたった1週間前。そして深夜2時頃の犯行。主犯格の少年は,どちらの事件とも複雑な生い立ちで,虐められていたり中学のときから非行歴がありました。
 違いは年齢。
 川崎の被害者は13歳。主犯は18歳。東松山では主犯も被害者も16歳。さらに今回の事件では,17歳の少年も事件を主導したようですね。まあこの年齢の点,両事件共似ていると言えるかもしれません。
 動機はわかっている限り,どちらの事件も「そんな事で・・・」と思える事情。
 それがこの世代の殺人動機です。
 出会って間が無いのに殺人に発展するのを驚く大人がいるのですが,私は間が無いからこそ殺害できるのだと思います。相手をよく知っていたら,さすがに殺す事はできないでしょう。出会って間が無くて殺人に至るのはまた,衝動殺人,暴行しているうちにエスカレートしてしまった,そして出会って間が無い為に歯止めが効かなかった事を示している様に思えます。犯人グループと被害者は,憎しみが醸成する暇もない程の期間しか知り合っていません。実際,川崎の事件でもこの事件でも,犯人グループは初めは殺そうとまでは思っていなかったと言っています。出会って間が無くて,あまりしがらみが無いからこそ,強いつながりが無いからこそ,殺人にまで衝動的にエスカレートする・・・。主犯格の一人である16歳の少年が父親に連れられて自首してきた事も,衝動的な殺人であった様に思えます。
 この事件が起こって,少年法の問題がまた取り沙汰されるのでしょうが,この世代だからこそ起こる事件で,やはりこの世代だからこその不安定な心情と彼らの生活環境が考慮され,大人とは別の法律で裁かれるべきだと思います。
(最近は,年ばかり食っていても,少年か?と思える事件を起こすコドモオトナもいるし,子ども返りかと思うような事件を起こす老人もいる事はいますが・・・。)
 ところで,川崎の事件では,犯行現場の傍らに国指定文化財の特徴的な水門がありました。今回の東松山市の事件では,傍らに沈下橋があります。沈下橋というのは,床板が河川敷や川の水位と同じ程度の高さとして作られた橋で,低水位の状態では水面に出て橋として使えるが,増水時には水面下に沈んでしまう橋のことをいいます。洪水時には流されてしまう事も前提に作られ,また低いので橋脚が短く流され難いともいえるもので,あまり交通量が多くない橋を比較的安く作るために採用される方式だという事です。増水時に水中に没して,水面を流れてくる流木で破壊され難いという事もある様ですね。
 事件現場の傍らの沈下橋は稲荷橋というコンクリート製のもので,ネットでも以前からいくつかの訪問記がアップされています。沈下橋と言えば,四万十川のものが有名で観光地化していますが,この稲荷箸も四万十川と同じ頃作られ,同じ様な形の橋です。
 そんなモニュメンタルな建築物の傍らで起こったところも,両方の事件に共通していました。

(写真は,GoogleStreetViewの写真。中央が沈下橋,稲荷橋。左側が水道橋で,そちらは沈下しない様に橋脚が高い。写真前方,稲荷橋と水道橋の間の河原が現場らしい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/16

SMAP解散

Smap 8月14日未明,一部のネット情報にはスマップ解散の報せが流れました。
 その後一夜明けて14日,スポーツ新聞,さらに日経新聞までネット速報で報じ,NHKはテロップを流して臨時ニュースを伝えました。本来14日スポーツ新聞朝刊は,日本のメダルラッシュを一面で報じるところ,第一面はスマップ解散のニュースでした。
 ネット上の経済ニュースキュレーションサイトでもこの話題で持ち切りとなり,一部に「経済ニュースサイトでスマップ解散のニュースとは・・・」と嘆く声も聞かれましたが,実はこのニュース,立派な経済関連ニュースですね。
 もしNHKが株式会社だったら,株価は急高騰でしょう。12月31日解散。最後の5人での歌唱は,当然NHKのあの番組ですよね。視聴率はどのくらいいくんでしょう。もしスポンサーが付くのだったら,今頃広告会社は大騒ぎ・・・www。
 もっとも,スマップは民放各局の歌特番を辞退しており,紅白も辞退となるのではという噂が流れています。でも,いざ解散となると,はやり記念番組は必要だろうし,もう5人では活動したくないという気持ちかもしれないし,さてどうなるんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/04

川崎中一殺人事件,三人目の加害者の判決が出ました

Tamagawara 昨年2月に起こった川崎の中一殺害事件。犯人グループ3人のうちの最後の一人に,横浜地裁の判決が出ました。
 裁判では,無罪を主張する被告と,被告がカッターで被害者の中一少年を傷つけるのを見たという主犯少年の間で,証言が食い違っていましたが,主犯少年の意見を採用したという形です。
 被告の証言は,カッターは自分の持ち物だが,主犯少年が自分のバッグごと現場に持ち込み,主犯少年がバッグから取り出して犯行に及んだもので,自分は手出ししていないし見ていただけと主張していました。
 しかし主犯少年は,カッターは被告がバッグから取り出して「こんなものがある」と言って自分に渡したもので,主犯少年が被害者の首筋を傷つけたあと,被告少年に渡して被告少年も傷つけたと証言していました。もう一人の少年は,被告が傷つけたとされるときにはコンビニに買い物に行かされていて,被告が傷つけるところを見ていないと証言していました。
 しかし,被告少年が被害者少年の頭ををコンクリートの壁にたたきつけたり,犯行後被害者を足で蹴り飛ばして川へ落としたりしたところを目撃しており,それは主犯少年の証言と一致していました。
 被告以外の二人の共通したこの証言から,客観的に考えて,被告少年は被害者に同情をよせておらず,主犯少年と同様に,かなり残酷な事をしていてもおかしくない事が見て取れます。
 被告は自分の都合の悪いことは忘れたと言っていたこともあったようで,主犯少年の目撃証言を正とした裁判員の判断だったのでしょう。
 懲役6年以上10年以下の不定期刑は,被害者中一少年ともっとも親しかった二人目の犯人少年の4年以上6年半以下の刑期より重いものでした。実際,主犯少年の証言のように,わざわざカッターをバッグから取り出して主犯に渡しているなら,主犯に対してカッターによるリンチを教唆したともとれる行為で,その後の行為(被害者の頭をコンクリにたたきつけたり,瀕死の被害者を蹴りながら川へ落としたり)も非情なもので,三人の中では一番酷薄といえると思えます。
 今回の刑期は検察側の求刑通りで,他の二人の犯人少年の刑期が検察の求刑より緩和されていたのと対照的です。裁判員にとっても,三人の中では最も同情に値せず,また反省もしていないと考えられたのではないかと思います。判決では,「不合理な弁解を繰り返し,自らの行為に向き合うこともできていない」という裁判長の言葉がありました。
 たぶんこの被告は,他の二人と違って控訴するように思います。そんな往生際の悪さを持っているように感じます。
 概してこの犯人グループは,犯人同士でさえ,まして他人との関わりにおいて,同情とか他人のことを考えるとか,他人への意識という物が希薄である様に見受けられます。特に今回の犯人は,被害者少年が瀕死であっても傍観するだけ,カッターを渡せば面白いことになるだろうという意識だけ。
 これまでの生活の中で,他人からじめられてきて,学校のヒエラルキー的にも最下層にいて,その環境の中で意識的に他人との関わり,他人との同情を絶ってきた生活が,ここに現れている様な気がします。他人のことより自分の防御に気が向いてしまう。特に主犯少年が被害者少年を執拗に傷つけた怒りは,本人も語っている様に,自分と違って被害者少年が学校で人気があった事によります。
 そういう意味では,起こるべくして起こってしまったということかもしれませんが,あまりにも残酷な事件でした。

(写真は事件現場となった多摩川の河原。事件があった2月と違い,草が茂っている。)

<追 伸>
 「たぶんこの被告は,他の二人と違って控訴するように思います。そんな往生際の悪さを持っているように感じます。」と上に書いたのですが,6月15日,やはり被告は控訴しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/16

銀河高原ビール,水増し?

Ginga_beer 岩手県で地ビール製造販売を行っている「銀河高原ビール」が,4年間で2億円あまりの利益水増しを行っていたという報道がありました
 東日本大震災の復興支援等で一時的に伸びた利益を,その後も達成していたかのように見せかけていたという事です。
 はじめ,「銀河高原ビール,水増し」というタイトルを読んで,ビールに水を入れていたという製品品質上の問題かと思ってしまいました。
 もう一つ勘違いしていたのは,このビール会社が日本ハウスホールディングス傘下という事で,バーモントカレーのハウス食品の傘下企業かと思っていた事です。日本ハウスホールディングスというのは,かつて東日本ハウスという名称だった,岩手県と東京都に本社を置く建設会社だそうですね。「銀河高原ビール」は初めからこの会社の傘下として誕生したようです。
 今回のような水増しは最近でもよく聞く話ですが,はやり上からの締め付け,親会社からの締め付けなどがあったのでしょうか? 業績を親会社によく見せる必要性でもあったのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/15

熊本県で震度7の地震が発生

Kumamoto_castle 4月14日9時26分頃に発生した熊本県を震源地とする地震,震度7という事で,かなり大きな地震でした。
 横浜北部の我が家でも,かなりゆれました。どういうわけか我が家は横揺れには強く,世間で地震だとツイートしているときもあまりゆれないのですが,今回は縦揺れが入っていたようで,かなり揺れました。
 亡くなった方もいるし,15日の朝現在,まだ瓦礫の下に閉じ込められている方もいて,こんな事を言うのは不謹慎のようですが,地震の規模の割には現状報道されている被害は少ないように感じます。
 今回は内陸部の地震で,津波の発生がなかった事も被害を少なくしているのだと思います。それを考えると,今そんな事をいってもはじまらないのですが,東日本大震災で,津波さえ起こっていなかったら・・・・・と思わざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧