2018/05/06

2017年12月に公開された「オリエント急行殺人事件」

Murder_on_oe 昨年12月に正月の大作映画として公開された「オリエント急行殺人事件」をビデオ(アマゾンプレイムビデオ)で観ました。
 クリスティーの「オリエント急行の殺人」は原作も読んでおり,1974年の映画も観て,スーシェのテレビ版も観て,三谷幸喜脚本の日本ドラマ版も観ています。だから当然お話は知っています。
 今回の作品もこれまでの映像化作品に勝るとも劣らず,すばらしい配役と映像美で魅せてくれました。
 1974年版のローレン・バコールの役が今回はミッシェル・ファイファーという好きな女優さんで,なかなかの名演技でした。まあ1974年版は,往年の大女優,バコールの存在感が半端なく,それと比べるのはかわいそうというものでしょう。
 1974年版は「雪と光と殺人と」といった感じの楽しく明るく華やかな作品でしたが,今回は列車外でのシーンあり,アクションシーンもあり,ラストの憂い溢れるシーンでの締めくくりといい,1974年版とは違った風情の作品になっていました。私はどちらも好きです。
 1974年版は,ポアロをアルバート・フィニーが演じ,アカデミー主演男優賞にノミネートされましたが,今回のケネス・ブラナーも風貌が異なりますが悪くありません。どちらも英国の名優ですね。狭い列車内での芝居には,たしかに彼らクラスの演技者が必要です。
 はじめジョニー・デップが出ると聞いて,デップクラスの俳優が出るのならば,ポアロ役でしかあり得ないと思い,いったいどんなポアロになるのだろうとむしろ危惧していたのですが,彼は被害者,ラチェット役でした。まあ,1974年版でもリチャード・ウィドマークという大スターが演じていたので,まあそういう事もあるでしょう。でも被害者は,結構早く映画から退場してしまいます。
 今回の作品のラスト,ポアロは途中で列車を降り,エジプトに向う事になります。次の映画化は「ナイルに死す」ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/27

山口達也メンバー,無期限謹慎

 TOKIOの山口達也メンバーのセクハラ事件,色々な番組が差し替えになったり,キャンペーンのポスターをはかまさなければならなかったり,様々な影響を与えています。
 キスだけでこの盛り上がりかと思いましたが,飲酒させるというのはいかんですね。飲みたいと言われたら止める立場でしょう。
 キスだけなら,正直言って,状況によっては私だって危ないかも。これは結構私の周りでも言っている人が多いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

三谷幸喜脚本の「黒井戸殺し」

Akroid 4月14日土曜日に放送されたフジテレビの推理ドラマ「黒井戸殺し」。クリスティーの名高い推理小説「アクロイド殺し」のドラマ化です。
 2015年に放送された「オリエント急行殺人事件」と同じく,野村萬斎の名探偵エルキュール・ポアロならぬ勝呂武尊が村の名士,黒井戸氏を殺害した犯人を推理します。そしてワトソン役に大泉洋を迎え,シェパード医師ならぬ柴平祐医師を演じます。
 冒頭のカボチャに八つ当たりする名探偵登場シーン,ラストの犯人の独白のセリフなど,クリスティーの原作で,これが入っていなければというエピソードはほとんど全て映像化されていて,三谷幸喜氏のクリスティー愛が伺えて,非常に好ましいドラマ化がなされていました。
 これはもう,次を期待せざるを得ない出来映えでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味?

Tvsion ネット上の「池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味」という記事。若者が見なくなったテレビは,教養番組が増えざるを得ないという記事です。
 まあ今時の家庭のテレビには,ネット配信番組がアマゾンfire stick経由で写っている事の方が多いですからね。いきおい既成テレビ局は,ネット配信を見ない高齢者層向けの番組を揃える事になる。
 記事にある様な「未来を憂う現場のテレビマンたち」って,憂う必要はありませんよ。ネット配信側に行けばいいんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/09

期待はずれだった平昌五輪のVR配信?

Vr ネット上に,「期待はずれだった平昌五輪のVR配信」という記事がありました
 米国人による記事ですが,米NBCが放送したカーリング,スノーボード,ボブスレー,ダウンヒルスキー,スキージャンプなどをVRで見て,どうももう一つ楽しめなかったようです。
 カメラワークなど,研究すべき点が多いということのようですね。
 まあ実際現地に行って観戦しても,通常のテレビ放送のような選手のアップは見られないわけだし,選手の全身をアップで追うような映像はVRには向かない事もあり,あまり有効にVRは機能しないのももっともだと思います。
 サッカーや野球だって同じで,実際に競技場へ行っても,定点で左右に視線を振って観戦するのが関の山で,選手のアップは見られないし,サッカーの見事な足さばきなどはアップで十分見る事はできない。VRが実際に競技場へ行ってみたものの再現だとすれば,情報としては普通のテレビ放送のほうが豊富で見ごたえあると思います。
 これから,VRなりの演出法が開発されるのか,案外スポーツ観戦では廃れてしまうのか,VRはどうなるんですかね?

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/06

ディズニーがフォックスを買収

FoxMouse ディズニーがFOXを買収する事になり,巨大なコンテンツ王国が出来上がる事になりました。
 スターウォーズは,第一作のエピソード3はフォックスが権利を持っているそうですが,全てディズニーが権利を確保する事になりますね。
 動画配信大手,Huluはフォックスの資本が入っており,またディズニーは2019年に独自に動画配信サイトを立ち上げるという話もあり,動画ネット配信の世界にも影響しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/17

amazonのTVスティックを買った

Tvstick 知人から,アマゾンプライムに加入しているのに「アマゾンスティックを持っていないのか!」と言われ,それでアマゾンスティックを買ってみました。値段は4400円ちょっっと。本来4980円という価格のところ,私が買った時期には,キャンペーン中でディスカウントされていたらしいですね。
 アマゾンスティックは正式名称を「fire TVstick」といいます。ネットから配信されている動画などを家庭の普通のテレビに映し出す為のスティックです。少し大型のスティックメモリの様な形をしていますが,実はCPUやGPUやメインメモリやストレージ(補助メモリ)を備えた超小型コンピュータです。電源供給の為の電源ジャックがついていて,普通にコンセントに差し込む付属の電源装置からの電気で動きます。スティック自身はテレビのHDMI端子に差し込んで使います。使用は家庭内で無線LANが飛んでいる事が前提となります。ネット上のサイトを無線LAN経由でスティックが受信してテレビにその映像を映し出すわけです。
 これで見る事のできるネット上のサイトは,Amazonビデオはもちろん,Hulu,Netflix,YouTube,AbemaTV,DAZN,dTVなど,主要なネット動画配信サイトの番組を網羅しています。ただし,GoogleとAmazonのごたごたから,来年1月1日からはYouTubeを見る事ができなくなります。
 私はAmazonビデオを見るつもりで買ったのですが,娘達がはhuluとdTVと契約しているからと言い出し,これらで配信されている映画を見られる事が分かりました。
 これを使えば,TSUTAYAでDVDを借りる必要がありません。特別に料金が必要(といっても数百円)な映画もありますが,私の様に旧作を主に見るものにとっては,特別料金無しで利用できる事が多いです。
 これはもう,今までなんで使わなかったか!というレベルの商品です。もう少し早く導入していれば,AbemaTVの元スマップ三人による27時間テレビも大画面で見る事ができたのに・・・。

(写真はAmazonのホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/19

昼のワイドショー CMが多くて・・・・・

Wide_show 久しぶりに平日の休み。何気なくテレビを点けたら昼のワイドショーをやっていました。印象は,CMが長い。いくつもいくつも,これでもかこれでもかというくらいCMをやっていました。実際のCM時間に係わらず,そういう印象なのです。
 テレビでは「CMのおまけとして番組をやっている」という言葉を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/21

期待外れだった4月開始のドラマランキング

Kizokutantei 「期待外れだった4月開始のドラマランキング」という記事がありました。
 予想通り第一位は「貴族探偵」。私は結構面白く見て,このブログにもその記事を書きました。まあこのドラマが月9枠で放送される必要があったか? 月9の視聴者層に合っていたのかという問題はあったのでしょうね。月9ではなく,かつての櫻井翔主演「謎解きはディナーのあとで」の枠ならばどうだったのだろうと思いました。

(アマゾン書店では,ドラマのDVDは未だ出ていない様なので,サウンドトラック版の写真を載せてみました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/15

NHKが放送と同時に番組をネット配信する方針

 NHKは,放送と同時に番組をインターネットで同時配信するサービスを,2019年開始する方針を明らかにしました。受信料を払っている世帯は,ネット視聴の追加費用は不要との事です。
 以前,このブログで,テレビ番組のネット配信は時代の趨勢と書いたのは10年以上前でした。スカイツリーができる時も,今時新しい電波塔を作る慈愛か?」と疑問を呈した事もあります
 テレビはオワコンという話がネット上を駆け巡って久しいですが,テレビコンテンツはオワコンというわけではなく,電波を使う放送という方式がいうなればオワコンナノだと思います。
 テレビ番組のネット配信にはエールを送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧