2018/07/22

QRコードでの支払いは便利ですか?

Qrcode 「QRコード決済広がる」という報道がありました
 中国などで盛んに使われているQRコード決済。スマホのアプリを使用するものです。これは本当に便利なんですかね?
 QRコード決済と電子マネーなどカードを使う決済では,カードの方が素早く決済できると思います。
 私は時々喫茶店の代わりにマンガ喫茶を利用しています。そこは,カードでもスマホのQRコードアプリでも利用できる漫喫です。一階のエレベーターに乗るときにカードなりQRコードの用意をはじめて,4階の漫喫カウンターに着くまでの間に,カードは完ぺきに用意できますが,QRコードの方は用意できません。QRコードをエレベータに乗っている時間では用意できずに,カウンターの前で「ちょっと待ってください」ということになってしまいます。
 これは,最近ひいきにしている「いきなりステーキ」も同じです。メンバーカードの方が素早く用意できて,スマホアプリの方はQRコードを開くまでスマホのあっちこっちをタッチしたりページが開くのを待ったりして時間がかかります。
 これらのスマホアプリは,スマホ画面の方にQRコードが表示されるものですが,中国で多く行われているような店側にQRコードが用意され,スマホのアプリでそれを読み取る方法でも,かかる時間は似たようなものだと思います。結局スマホのアプリを起動しなければならないわけですからね。
 しかしカードや電子マネーにしても,店によってさまざまなカードを使い分けなくてはならず,私などはよく使うカードを集めたカードケースと,図書館や漫喫などたまにしか使わないカードを集めたカードケースの二つを常に持っていて,使い分けている状態です。電子マネーだけでも共通化してくれればと,切に願います。

 もちろん「いきなりステーキ」でも,ポイントをあきらめてカードもQRコードも使わずに,現金だけを使うことを考えれば,それが最速となります。残念ながら,支払い時の使い勝手としては現金最強ですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/19

ビットコインが急騰

Bitcoin_image 7月17日,低迷していたビットコインが急騰し,7000ドル台になったというニュースがありました。特に理由はないという事です。ビットコインは,特に理由がなくてもこのくらい上下する不安定さがあるともいえますし,一部の投資家などの動きで簡単に上下してしまうと見る事もできるでしょう。
 私が冗談で買った2000円分のビットコインも,売った場合の値段がここのところ長い間2200円程度だったのに,今朝(18日朝)見たら2650円になっていました。
 しかし上下するとはいえ,私のビットコインは,買値の2000円から下がったことは一度もありません。そういう意味からいえば,案に相違して結構堅いものなのかもしれません。
Bitcoin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

2050年までに8億人分の仕事が引き継がれる

Robot 「2030年までに8億人分の仕事がロボットに引き継がれる」という記事を読みました
 あと10年ちょっとで,世界人口の1割以上の仕事がロボットに引き継がれるというわけです。
 人の仕事をロボットに引き継いだ方が安上がりになるのは,おそらく先進国でしょうから,この「仕事引き継ぎ」は先進国に偏在するということで,日本などでは人口の1割どころでない「引き継ぎ」が起る事でしょう。

 ITインフラなどがこれから発展するというインドなどと,ある程度発達してしまった先進国では,「これからも人の職業として伸びる」といわれるコンピューターシステム分野でも人の需要,特に必要とする人のレベルが相当異なると思われ,先進国ではかなりの専門性がないとそんな職業にさえ付けないのかもしれません。

 まあ,ベーシックインカムに期待する時代ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13

米朝首脳会談がおこなわれましたね

Kapera 6月12日,トランプ米大統領と金正恩北朝鮮労働党委員長の歴史的会談がシンガポールで行われました。
 その成果としては,やはり「会っただけが成果」的な結果でしたね。
 具体的なものはなにもなく,北朝鮮のこれからの行動は現時点では藪の中。
 北朝鮮の体制の保障はアメリカから引き出したので,北朝鮮はそれなりに成果があったという事でしょうね。
 会談前のあるネット記事へのコメントで,「CVIDのどこらへんまで約束するのか,北朝鮮は体制維持を条約的なとり決めで満足するのか(とりきめにしても政府間から米議会の承認付きまでいろいろあり),実効性のある体制維持の保証,つまり在韓・在日米軍の撤退まで要求するのか,会談前の今はわからない。」と私は書いたのですが,会談後もそれらは依然としてわかりませんwww。
 まあ,「次に期待,次はいつ?」という事でしょうね。
 これまで,金正恩氏以前の時代は,北朝鮮とはいくら約束してもそれを反故にされてきたのですが,金正恩氏はどうなのでしょうか? 金王朝が続く限りは,イデオロギーより経済成長という感じも伺われ,ちょっと期待しているのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/06

EUがストローなど,使い捨てプラスティック製品の禁止を提案

Plustic 欧州連合(EU)が5月28日に,ストロー・フォーク・スプーンなどの食器類,綿棒などの使い捨てプラスチック製品の禁止と,2025年までにプラスチックボトルの9割回収を目指す提案を行ったという報道がありました。実際の発効には,EU加盟28か国と欧州議会の承認を得る必要があるそうです。
 このような措置は,プラスチック公害を知らしめる象徴的な意味はあるのかもしれないが,燃やしてしまったらいけないのでしょうか? 完全燃焼させれば有害物質も出ないと聞いたことがあるのですが・・・。
 一般に使われるプラスチック製品は,石油精製の段階でどうしても出てくるいわば「カスの部分」から作られ,その消費がなくなれば,どうしても出てくる「カス」の部分は燃やしてしまうしかないのではないかと思います。
 海のプラスチックごみを見ていると,「使い捨てプラスチック禁止」という気にもなりますが,もっと大局的な見方・検討が必要かと思います。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。しばらくこのコメントをいれていなかった事に気づきました。本ブログのイラストは,ほとんど「いらすとや」から拝借したものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

シダックス,カラオケ撤退

Karaoke カラオケのシダックスがカラオケ事業を別会社に売却し,カラオケ事業から撤退するという記事が日経新聞に載っていました。。
 「カラオケのないシダックスは会社がなりたつの?」と思ったら,そもそもシダックスはカラオケ事業がメインの会社ではないようですね。
 シダックスをWikipediaで検索すると、「シダックス株式会社(SHIDAX CORPORATION)は、外食産業、学校給食・企業食堂の給食(コントラクト)事業を展開する持株会社である。」とあり,カラオケの「カ」の字もない。
 不振の傍系事業を切り離したという事ですね。とかく私のような一般人は,シダックスといったら「カラオケの・・・」と思いがちですが,一般消費者に向いている商売はほんの一割くらいの事業だという事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/02

米国でベーシックインカムの検証がスタート

Paper_coin ネット上に「米国でベーシックインカムの検証がスタート」という記事がありました
 カリフォルニア州のストックトン市で行われる実験で,12〜18カ月の間,市民約100人に対して毎月500ドルの現金を無条件で支給するという事です。そして受給者の健康,育児,教育んどの状況が調査され,このタイプの経済支援が受給者のクオリティ・オブ・ライフにどのような影響を与えるかが評価されるそうです。
 これはベーシックインカムの実験と言えるのでしょうか? 単に月5万円程度の収入増で,クオリティ・オブ・ライフがどの程度改善されるかというだけの実験に様に思われます。
 そもそも今の収入構造の上に50000円を上乗せしただけの状態で,ベーシックインカムを得ている状況とは言えないと思います。
 期限が決められている段階で,もらう方はその後(実験終了後)の事を考えますから,新たに与えられたお金ありきで,長期的な生活設計を行う事が出来ないし,ドラスティックに生活を変える事は出来ないし,単にある期間だけ給料が上がったという程度の認識にしかならないのではないか?
 もちろん1年間程度の5万円の収入の積み増しは助かると思いますが,ベーシックインカムの実験でも検証でもありませんね。
 少なくとも私がイメージするベーシックインカムではない。他の社会保障の停止が伴わない様なので。まあ,私の勝手なベーシックインカムのイメージですけれどねwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

ブロックチェーンへの攻撃が行われた

Monacoin ブロックチェーンを利用した電子通貨であるモナコインに対して,ブロックチェーンが書き換えられるという事件が起ったという報道がありました
 あるマイナーが,マイニングしたにもかかわらずブロックチェーンへの登録をしばらく行わず,自身がマイニングした枝がある程度伸びたところで登録を行い,自身の枝を正当としてしまうというやり方で書換が行われました。現実的に被害があったのは取引所で,1000万円ほどが失われたという事です。
 この事件の重要性は,ブロックチェーンへの攻撃である事ですね。
 これまで取引所から仮想通貨が盗まれても,「現金で言えば両替所が襲われたようなもので,そんなことでは日本銀行券はビクともしない」ということがよくありますが,今回は造幣局の福沢諭吉像の原板を指原莉乃に変えられてしまったようなもので・・・ちょっと違うか?
 今回は,いわばブロックチェーンの重要な従業員であるマイナーが不正を働いた,内部からの不正である事も特徴的です。
 こういう事があると,プルーフ・オブ・ワークではなく,不正発覚によるそのコインの価値の低下を嫌う,プルーフ・オブ・ステークも有効かと思ってしまいます。
 まあ,PoWもPoSも一長一短で,有利な面と不利な面が紙一重ですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

中国で自動運転新都市を建設か

Jido_unten 国家主席肝煎りの未来都市で,個人の乗用車を世界で初めて全て自動運転にする都市を建設するという報道がありました。北京から南西約100キロメートルの河北省の農村につくり,その規模は,東京都に匹敵するとの事です。自動運転だけを狙ったわけではなく,次世代の先端技術を活用したスマートシティーを目指すそうです。
 これは都市としてすばらしいとは思うのですが・・・,
 自動運転の為に設計された道路とそれを擁する都市での自動運転が成功しないわけはないので,他の既存都市でその成果を適用できるのか,他の既存都市を走る車にその成果を適用できるのか,疑問に思っています。
 どんな都市になるのかまだ分かりませんが,歩道と車道が完全に分かれ,最低でも道路は二車線で方向別に車線が別れており,実質的な自動車専用道路状態という都市で培った自動運転技術が,果たして既存都市を走る車に役に立つのか?

 このような都市では,多分レベル2程度でも上手く自動運転が働くのでは? 果たしてそれ以上の自動運転にまで進展していくのか?
 知人が住んでいて,いつも車で行く時に悩ましい,笹塚や馬込の裏通りを自動運転で走る車は,多分この新都市に適応した自動運転車技術からは生まれないと思います。

 まあ結局,この新都市の成果を見て,自動運転の参考にするというより都市改造の参考にするという方向でしょう。
 逆に言えば,その程度のことはわかっていますということかもしれませんね。全く新しい都市で自動運転に対応するのは,簡単です。

 ちなみに,笹塚や馬込の中を走るには,今考えられている自動運転,一台一台の車がロボットとして自動運転するのではなく,鉄道のCTCのような仕組み,地区の道路を面として捉えて,そこで全ての車の動きを交通管制センターのようなところで把握して,AIで交通整理するような方法によらなくてはならないと思っています。
 何しろ,曲がりくねった狭い道で,向こうから車が来たらそこで終わってしまうのですから。進行方向に,少なくとも交差できるまでの区間の間に対向車がいないことが担保されていることを認知するシステムがないと,自動運転なんておぼつかないですからね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/17

オンライン決済のメタップスがメガバンク3行と提携へ

Qrcode 「オンライン決済のメタップスがメガバンク3行と提携へ」という報道がありました
 未だ正式発表に至っておらず,本当に3行がそろってという事になるかどうかは未だ分からない様ですが,実現したら使用側にとって便利になります。
 QRコード決済の形をとる様ですが,メガバンク3行との提携により,使用者数,ひいては使用できる店舗の拡大が見込まれます。
 とにかくカードは,クレカにしろ電子マネーにしろ,「この店で通用するのはどのカード?」的なめんどくささがありましたが,このような形である程度統一されるなら,爆発的に広まる可能性があると思います。
 同様のシステムはいくつも出てきているが,メガバンク3行が揃って提携というところがキモですね。クレジットカードではなく,中国の銀聯カードのような銀行口座とヒモ付いた一種類のデビットカード的なものが,様々な店で使えるというのは,利用者にとってとても便利です。また小売店にとっても,クレジットカードの様に5%もの手数料をとられるという事がないと思われ,この方式が広まる可能性が高いです。
 とにかく現金に変わる電子決済は,「どこでも,一種類の電子決済が使用できる事」が実現されなければ,日本では便利な現金決済に負けてしまいますからね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧