2017/03/03

民泊被害のリアル

Minpaku ネット上に,「民泊被害のリアル」という記事がありました。民泊については,イギリス在住イギリス人の知人から以下の話を聞きました。
 イギリスではなく,大陸の話だそうですが,アパートメントの空室を民泊にしたら,本来の住人が様々な被害を被り,住環境が悪くなってみんなそのアパートから出て行ってしまったそうです。
 そんな状況は結局アパートメント一つに限らず,その地区全体がそんな事になり,住民の居ない民泊地区になってしまったという事です。
 私はだから,民泊は特区的な地域を限って普及すべきだと思っています。おそらく放っておいても,完全民泊地区になっていくでしょうwww。
 しかしつまるところ,民泊によってアパートから本来の住人が出ていってしまうのならば,民泊は空いている部屋を貸すという本来の形ではなく,建物全部が素泊まりのキッチン付きのホテル(たとえば「東急ステイ」という形式がありますね。それに京王は民泊ビルを大田区に建てました。)になってしまうのだろうと思います。それならば特区である必要がない。それならば,同じ建物の住人と余計な争いを起こさない。
 結局「空いている部屋を貸す」という形式は,個人の自宅の空き部屋を貸す(その建物に住んでいるのは大家だけ)というものだけにならざるを得ないように思います。
イギリスのB&Bや日本の民宿がそんな形式ですね(B&Bや民宿は食事を提供しますから,素泊まり基本の民泊とは少し違いますが・・・)。
 建物まるまる民泊施設(素泊まり台所付きのホテル形式)か自宅の一室に泊めるという形式しか,結局「民泊」というのは世界的にも成立しないのかもしれません。

(イラストはフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/17

日本のゴーストタウン化

Manshon ネット上に「ゴーストタウン化!? 日本都市の空き家が社会問題に」という記事が載っていました。経済が上向いて,新築着工が現在の90万個から120万戸ペースに上昇すれば,2040年には全国の空き家率は43%,60万戸ペースに激減したとしても36%になるそうです。
 この記事自体は,結局「価値が下落するのが既定路線である住宅を,はたして買ってもいいものだろうか。」という話になっていくもので,あまり根本手金どうしたらいいという記事ではありません。
 この記事でも指摘しているように,空き家になった家なり部屋なりに以前入居していた人は,いまもどこかで暮らしているわけで,ゴーストタウンは要するに需要に対して供給が多すぎるにすぎません。
 ゴーストタウン物件は,需要に対して価格が高すぎるとか,不便だとか,古くなったとか,いってみればなんらかの瑕疵物件で,住む魅力がなくなっているのです。
 需要以上に供給し,または新規物件を大量に供給し続けて既存の物件を陳腐化させる。不動産業界自身が自分の首を絞めています。一見そうは見えないが,中国地方政府のゴーストマンション大量供給と同じことをしているわけです。
 むしろ新築時に各マンションの破壊義務者を設定し,人気のなくなったゴーストマンションを更地にしないと新規物件開発を認めないなど,魅力のなくなった物件を壊す社会的なシステムを考えるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/29

浴槽に亀裂が・・・

Bath 我が家の風呂の浴槽に亀裂が入りました。
 いつものように浴槽に給湯して,30分ほど経っても湯がたまらず,おかしいおかしいと思ってよく見たら,なんと浴槽の横壁に1m近い亀裂が入っていました。どうもこの亀裂から湯が漏れて,浴槽に溜まらなかったようです。この浴槽,10年以上使っていましたが,実家の風呂は同じような樹脂の人工大理石浴槽で40年以上たっても何ともありません。特に衝撃を与えた記憶もなく,10年程度で亀裂が入るというのは解せません。亀裂の状況を見ると,亀裂の左端は,浴槽の角近くがくるりと下側に曲がっていて,なんとなく成型時の樹脂の流れに沿って割れているような気がします。もしそうなら,製造時の問題という事になるのでしょうが,もう10年以上も使っていれば,無償で取替えというわけにはいかないでしょう。
 その日は寒い思いをして,入浴はシャワーだけで過ごし,不況でボーナスも少ない折に,出費の事も考えて暗い気持ちになっていました。
 翌朝,住宅メーカーに電話して事情を話したら,その日のうちにユニットバスメーカーの方を連れてメインテナンス担当の方が来てくれました。住宅メーカーの方は亀裂の大きさにびっくりして写真を撮っていましたが,ユニットバスメーカーの方は一目見るなり,「これは製造時の樹脂の流れがうまくいかなかったための亀裂で,無償で取り替えます」と言ってくれて,これには驚きました。ごく稀にこのような事が起こるらという事です。普通,浴槽はほとんど一生物でしょうが,10年も経っている浴槽が無償取替えになるとは思いませんでした。私も機械メーカーに勤務していますが,「やっぱり金持ちのメーカーは違うな」と思ってしまいました(笑)。
 とりあえず亀裂部分にアルミテープを貼ってもらい,その夜からは浴槽に浸かる事が出来て,いまさらながら入浴のありがたさを実感しました。費用の事を考えて暗くなっていた気持ちも,無償と聞いて一転気持ちが明るくなり,そんな状況での入浴はまた格別でした(笑)。

(写真は亀裂にアルミテープを貼った浴槽。湯がはってあるので見えにくいですが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

シャワーヘッドを取り替えた

Shower 以前このブログに,最近シャワーの出が悪いという話を書きました。帰省で近所に人が少なくなったせいか,一時的に正月はよく出るようになったのですが,正月を過ぎてまだ元の通りにシャワーの出が悪くなりました。一度いい状態を経験したため,以前より気になってしまいました。
 そこで,某有名Do it yourself店でシャワーヘッドを物色したら,空気を吸い込んで空気と湯を一緒に噴き出す事によってシャワーの勢いを増すという物を見つけました。エコ用品売り場にあったもので,本来少ない湯で同じシャワー圧力を体感する為の物のようです。6980円という値段で,ちょっと考えていたより高いんですが,結局買うことにしました。
 田中金属というメーカーの「アリアミスト」という製品です。ネットで見ると,全体がスケルトンになったタイプもあって,ブルーのスケルトンタイプが欲しかったのですが,店においてありませんでした。仕方なく,湯の出口だけオレンジの色の付いた,アイボリー系のものを選びました。
 これを使ってみると,確かに以前のものより水流の勢いは強いです。これは,シャワーヘッドの穴の数が以前の物よりも少ない事も関係しているように思います。空気を吸い込む穴が2箇所にありますが,ここをふさいだりでみると,空気を吸い込んだ方が体感的に幾分強い水流を感じます。はじめ,空気を混入するシャワーヘッドだと聞いて,空気混入タイプの水道の蛇口のように,細かい泡を含んだ水流を噴き出す事になって,かえって体感圧力が弱まるのではないかと心配したのですが(跳ねない蛇口としてそのようなものがありますね),そんな事はありませんでした。アリアミストのホームページによると,湯が粒になって飛んでくることから,体感圧力が強く感じられるという事があるようです。欠点と言っていいかどうか分かりませんが,空気を吸わない物に比べて,シャワー音が大きいんですね。ただ,この音によって,湯の勢いを強く感じるという事もあるように思います。
 シャワーの体感圧力が高い事によって,これまでより短時間でシャワーを済ませても満足するという事があって,蛇口の開度は同じでも結局節水になるという事もあるように思います。まあ,節水になるかどうかは別にしても,このシャワーヘッド,まだ使ってから間もないのですが体感圧力の点で結構気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

ここ数日,シャワーの出がいいんです

Shower 1~2年前から,我が家のシャワーの出が悪くなり,気になりだしました。我が家の風呂場の給湯システムも10年ものになり,パイプが詰まったのか,それともそろそろ買い替え時なのかと思いつつ使っていました。
 ところが,この暮れになって,ここ数日はやけに出がいいのです。使っていて,シャワーの湯量が足りないという気になりません。という事は,近年出が悪かったのは給湯システムのせいではなく,多分近所の住人が増えて水の消費量が増え,そのために水の出が悪くなったのではないかと思います。近年回りにマンションが増えました。いままで竹やぶだった斜面も,比較的大規模なマンションに変わってしまいました。それが暮れになって帰省で不在のうちが増えて,水量が増えたのでしょう。
 この不況にまた出費が増えると思って,多少暗い気分になっていたのですが,ちょっと持ち直しました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

今の電球型蛍光灯は,密閉型器具対応

Lamp 電球型蛍光灯の1つが切れたので,新しいのを買ってきました。
 10年前,新居に移ったとき,照明はほとんど電球でした。住宅メーカーの「蛍光灯器具は選択肢が少ないので,白熱灯の器具を主体に選ぶべき」という薦めに乗って,電球照明を主体に選んだのです。ところが現在では,省エネ,二酸化炭素発生削減の意味からも,政府は電球型蛍光灯化を薦めています。我が家でも,頻繁にオン・オフする階段やトイレの照明以外は,今では電球を電球型蛍光灯に取り替えています。
 ただ,もう7~8年前になりますが,電気屋さんに電球を電球型蛍光灯に取り替える事の可否を尋ねた時,「電球では熱が前へ逃げるのに対して,電球型蛍光灯では熱が後ろへ逃げるなどの点から,電球型蛍光灯に取り替える事は薦められない」と言っていたのが気になっていました。しかし今回買ってきた電球型蛍光灯のパッケージを見ると,「密閉型器具対応」とうたっており,現在のものは,熱的な点では心配ないのではないかと思われます。形も初期のものより大分小さくなり,電球と遜色なくなりました。ただ,重さは,やはりまだまだ電球より重いんですね。天井から吊り下げる形のペンダント,それも電球を複数個使っているタイプでは,ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

北欧から来た家具店,IKEA

Ikea 港北ニュータウンにあるIKEAへ行って来ました。
 IKEAはスウェーデン発祥の家具のチェーン店です。2階がショールームになっていて,組み立てられた家具が並んでいますが,そこで気に入った家具の番号を控え,1階の巨大な倉庫でその商品を受け取ります。基本的には,全て自分で車に積んで持って帰り,自分で組み立てる事になります。驚くのはその安さ。形は確かにシンプルなものが多いのですが,機能的なデザインの家具が本当に安く手に入ります。しかし,自分で組み立てるのが面倒な人は,組み立てのサービス(12000円~)を利用しなければなりません。
 土曜,日曜ともなると,こんなに家具を買う人がいるのかと思うほど混雑しています。まあ,ちょっとした小物やスウェーデンの菓子,食品などもありますから,それ目当ての人も多いのかもしれません。
 ここにはスウェーデンスタイルのカフェテリアもあります。写真はそのカフェテリアの風景と海老とホタテのマリネ,サーモンのプディング,パスタとブラッドオレンジジュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

家の外壁の塗りなおし

 築後10年たった我が家のモルタル外壁は,そろそろ雨のしみなども目立つようになり,住宅メーカーの10年目点検の機会に,家の外壁にペンキを塗ってもらいました。
 これまでの灰色に対して,気に入っていた知人宅と同じ暗い赤紫系の色を塗る事にして,ペンキ屋さんに知人宅を見てもらいました。ためしに塗ってみると,ちょっと色のイメージが違う。その場で,少し黒を混ぜたらとか青を混ぜたらとか言って見るが,こちらも色の混合によりどんな色が出来るのか全く自信なし。缶に入ったペンキの色と,乾いた後のペンキの色はまた違い,乾くと黒が浮いてきて,より黒っぽくなるといいます。それで,塗った後の確認は,20~30分後。その結果でペンキを調合しなおし,また試し塗り,30分放置。時間がかかります。
 それでも何とか3日かかって塗り終わりました。色は結局知人宅と同じ雰囲気にはならなかったけれど,結構気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)