2017/11/21

アマゾンの無人コンビニがシアトルでオープン

Conveni 1年間試験的に実施されてきた「アマゾン・ゴー」というサービスがいよいよ実用化の準備が整ったというニュースがありました
 携帯電話にインストールされたアプリを使う事,レジを経由せずに支払いを済ませて店外に出ることができる事が特徴となっています。
 まあ,いいのか悪いのか,今のコンビニでは店員がなん歳くらいの客かを打ち込み,買い物日時や買った品物と紐付けしていますが,アマゾンの無人システムでは,どこの誰がいつ何を買ったかまでデータ収集されるわけですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

坂本龍馬が教科書から消える?

Sakamotoryoma 「坂本龍馬が教科書から消える」というニュースがネット上にありました。坂本龍馬だけでなく,武田信玄,上杉謙信,吉田松陰なども消える可能性がある様です。
 つまり「幕末維新で本当に大きな役割を負っていたのか」という事を考えて教科書の記述を考慮するという事です。
 でも,この方達は,本当に幕末にあまり大きな役割を負っていなかったのでしょうかね?

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/18

信州フィギュアシリーズ

Ski_figure

 最近,JR東日本フィギュア,みちのくフィギュアシリーズの事を書きましたが,今回の写真は信州フィギュアシリーズの一品です。
 スキージャンプのフィギュアですね。ちょっとカッコいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/14

クッションの形は・・・・・

Unchi ウチの娘がゲームでとってきたクッションです。正確に言えば,娘の彼氏がとったらしいのですが,ウチにやってきました。
 ウンコのクッションです。・・・・・うそです。実はチョココロネのクッションです。
 以前風鈴市で,ウンコに似ているからという理由で風鈴を買ってきたウンコ好きの娘ですから,かなり気に入っている様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

秋のアジサイ

Ajisai_autmun 近所に咲いていたアジサイです。今咲いているのです。
 アジサイといえば,梅雨期につきものの花で,雨とアジサイとカタツムリが描かれた絵が思い浮かぶのですが,今の時期にも咲くのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

ペラペラな親ほど早期英語教育に冷淡?

English ペラペラな親ほど早期英語教育に冷淡で英語がダメな親ほど超必死という記事がネット上にありました
 これは言えてるかもしれませんね。
 知合いのご夫婦。仕事でイギリスに赴任していましたが,イギリス赴任中にお嬢さんが生まれました。このお嬢さん,幼稚園までイギリスで過ごし,小学校に上がる時に日本に帰ってきました。
 自身の経験から,英語なんて必要な時には覚えるさという事で,このご夫婦はお子さんに英語教育は行わなかった。そのため,幼稚園までバイリンガルで育ったお嬢さんが,小学校6年間ですっかり英語を忘れてしまいました。
 ところが,中学校に入って英語の授業で,意味は分からないものの,ネイティブの先生の発音がばっちり聞き取れたそうです。好きこそものの上手なれの逆で,上手ならば好きになるという事で,今では社会人になって,英語で仕事をしています。
 自身の経験から「英語なんて必要な時には覚えるさ」という親なら,そりゃあ早期英語教育に冷淡でしょうね。
 しかし,図らずも早期英語教育をなされたお嬢さんが,英語を忘れたとはいえ耳が英語を覚えていて,英語が得意になっていったという事を考えると,やはり早期英語教育の効果はあるのかなとは思います。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/01

車の完全自動運転

Car_driving ネット上に「完全自動運転車に43.9%が「No」…市販されても購入の意志なし」という記事がありました
 今の段階では,どのくらい「完全」かも分からないのだから,今聞いてもしょうがないように思いますが,まあ呼べば一人でやってきて,専門のドライバーを雇ったかの如く全ての状況に対応し,完璧に運転をこなしてくれるのならば,私は欲しいですよ。
 しかし,自動車がロボット化し自立して動く・・・という現在の方法の自動運転では,完全自動運転はおぼつかないと思います。今の鉄道の様に,中央管制センターで,車の行き先と現在位置を,管轄する地域の全ての自動車について把握し,そこから1台1台の車をリモートコントロールするという方法が実用的だと思います。ロボット車を一生懸命開発しようとしている今のメーカーには申し訳ないのですが,リモートコントロール方式なら,現在のアイサイトのような,障害物を発見したら停止する程度の機構を車につけておけば十分です。
 地方ではともかく,すくなくとも都市部ではその方法の方が実用的だと思います。
 このようなリモートコントロールシステムでは,中央でコントロールするのはちろんAIですね。そうでなければ,これだけの数の車の一つ一つの動きを把握するなど,不可能でしょう。
 そう考えると,この方法が完成するには,すくなくともAIが進歩していなければならず,まあ,20年くらいの間にはできないでしょうね。現在整備をすすめているような制裁なGPSナビ技術も必要です。

 ところで,同じ趣旨の記事をどこかで書いた様な気がしたのですが,これでした。

 イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/28

米アマゾンが留守中に家の中に商品を届けるサービスを開始

Takuhai 米アマゾンが,受け取り手の不在時に宅内に商品を届けるサービスを米国で始めると発表したというニュースがありました
 無線で解錠できるスマートキーを備えた家で,配達員はその時だけ付与される暗合錠で鍵を開け,さらにネットにつないだ監視カメラで配達員を監視するというシステムの様です。
 知人の知合いの日本在住アメリカ人が,鍵をポストに入れておくから宅配の荷物を家の中へ運び込んでくれと宅配会社に頼んで外出したら,宅配便の配達員は要請の通り荷物を宅内に置いた上家の鍵までかけてくれた事に対して,「さすが日本人だ」と感心しているという話を知人から聞いた事がありますが,アメリカ人というのは留守の間に他人が家に入るのに抵抗がないのでしょうか?
 これは家自体を宅配ボックスにしてしまうというアイデアですね。私も常々,留守がちの我が家で留守中の宅配受け取り問題をなんとかしなければと思っていますが,玄関の中にもう一つ非常ドアの様なドアを設ける事ができれば,玄関に宅配荷物を置いてもらうことができるんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/25

AppleWatchを買った。・・・知人が。

Applewatch 最近知人がApple Watchを買いました。9月に新発売された「Apple Watch Series 3」のセルラーバージョンです。通信機能を内蔵しLETを搭載して,iPhoneとペアリングせずに単独で通話や通信が可能なモデルです。
 走っているとか,健康機能に期待しているとか,そういう事のない私としては,ぜひ使いたいというデバイスではないですが,もし今腕時計が壊れたら,時計として選択肢には十分なる存在です。
 iPhoneは常時身に付けているとは限らない。ポケットがない服装になりがちな女性ではなおさらでしょう。ラインやメールが届いた時ポロンと鳴りブルブルするだけでも,時計のおまけ機能としては結構だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/24

なんで保育士の給料は低いと思う?

Hoikuen 元ライブドアのホリエモン,堀江貴文さんが,「なんで保育士の給料は低いと思う? 低賃金で負の循環」という新聞記事に対して,ネットで「誰でもできる仕事だからです」とコメントして炎上した事件がありました。
 それに対して,堀江氏がさらに真意を説明しました。曰く,「保育士は誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事で,大変だから給料が高くあるべきってのは間違い」。
 これは確かに分かります。大変だが自分でできないこともない仕事は,費用が高くなると自分でやってしまう方向に傾く。例えばの話,他人にやってもらう間に働こうと思っても,賃金よりも高くつくようになったのでは,働かずにその仕事を自分でやったほうがいい。だからそんな仕事は安くせざるをえない・・・というわけです。
 それはよくわかります。介護などもそうかもしれませんね。最近は日々のオカズの宅配がありますが,それもそうかもしれません。
 私の祖父母以前の時代にはなかった,または一般的ではなかったサービスです。何故一般的ではなかったかというと,ほとんど皆自分でやっていたからです。当時だってその仕事は大変だったはずですが,自分でやっていた,つまりやろうと思えば自分ででる仕事だという事です。
 オカズの宅配サービスに似たものとして,一流シェフのケータリングサービスがありますが,高いお金を取るにはそのような付加価値が必要なのです。保育の分野では,親が自分でできない幼児の英語教育などがそんなサービスになるのでしょうか。
 いずれにしろ,祖父母の時代以前には自分でやっていた「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事」は,値段を高く設定できない宿命がある・・・,構造的に金額を高く設定できないサービスだというわけです。だからそれに従事する人の賃金も押さえざるをえないという事になります。
 社会的にそれらのサービスが必要ならば,公的な支援を入れるか?という話にならざるをえません。そんな宿命を負っているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧