2019/04/18

ジャック・マー氏は,996スケジュールを支持

Hard-work 中国アリババグループの創業者,ジャック・マー氏が,996スケジュールといわれる,午前9時から午後9時までの12時間,週6日労働を支持すると語ったという記事を読みました。このような長時間労働は,情熱的な若い働き手にとって必須のものだという意図です。
 昨今残業や長時間労働をいけないものとして時短労働が推奨されているわけですが,残業制限に対して「あと1時間仕事をすればキレイに仕事が片付き,清々して帰れるのに・・・」と思う事はよくあります。
 実際長時間労働する人に関しては,「上司(会社)からの命令で,嫌々やっている人」「自分自身の考えでやっている人」「長時間労働が評価のバロメータなどと勘違いしてだらだらと働く人」の3種類があると思います。ジャック・マー氏は「自分自身の考えでやっている人」に対して支持しているわけで,決して他の二つのケースを「よい」としているのではないでしょう。
 そこら辺,上司が的確に判断して捌く必要があります。

| | コメント (0)

2019/04/16

「大学入学式、スーツ『黒一色』なぜ」という記事

Suits ネット上にあった「大学入学式、スーツ『黒一色』なぜ」という記事
 そこにいろいろ意味を見いだしている記事ですが,就活の紺スーツとは違い大学入学式の「黒スーツ」に,記事で言う程の意味があるものかと思いますね。大学なんて,誰が学費を払うにしても,学生側が大学にお金を払って入学するものです。大学当局になにを気兼ねする必要があるでしょう。就活時のスーツとは違うのです。
 しかし大学入学式の黒スーツ,これは当然でしょうね。
 結婚式,葬式,お見合い等々,スーツを着た方が好ましい場面で普通に着こなせるスーツを一着だけ持つならば,黒か濃紺になる。白や粗目の縦縞など,どこのホストかと思われるし,結婚式にコーデュロイの青いスーツを着た義兄などは,もう40年以上前の事なのに,「まるで演歌歌手だ」と写真を見かける度に親戚中の笑い者になっていますからねwww。
 「黒一色 なぜ?」の答えは「スーツなどは,大学生になっても1着しか持つ必要がないから」です。一着しか持たないならば,あらゆる場面で無難な黒か濃紺を持つのがあたりまえです。何着も持つのならば,次はグレーなり,ベージュなり,黄色なり,デニム地なりのスーツを持つ事でしょう。
 そこに変に意味を見つけようという,頭でっかちな記事でしたwww。

| | コメント (0)

2019/04/13

波平さん理論?

Old-woman  ネット上にあった「波平さん理論」。波平さんというのは漫画「サザエさん」のお父さんの波平さんの事です。
 波平さん理論というのは,「1946年に54歳の波平さんと2016年の74歳は生物学年齢が同じ。平均寿命上昇に応じ働く期間を増やすべきである。」という話です。
 昔の日本人より,今の日本人が若くなっているというのは以前から言われていて,それはどうも確からしいのです。かつてのNHK大河ドラマ「新撰組!」では,登場人物の実年齢に近い若手イケメン俳優をずらりと揃えて話題になりましたが,当時から「幕末の20代は今の40代くらいの風貌。いまなら熟年俳優に当時の20代を演じさせるのが正しい。」という話がありました。
 年齢人口ピラミッドも,幕末換算すれば働き盛りが増えるでしょう。しかしだからといって長く働くのも厳しい感じがします。
 まあ,人手不足だし,高齢者を安く働かせる事はできるでしょうね。要は高齢者の自覚の問題かもしれません。昔の60代,70代と同じではなく,生物学年齢は40代,50代なのだという自覚。
 そうすると当然年金支給時期は高齢側にズレる事になります。政府としては願ったりかなったり?
(イラストはフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。元気なおばあさんのイラストだそうです。)

| | コメント (0)

2019/04/12

20年ぶりに札の肖像を変更

Cash 偽札対策の忌もあって,20年毎にお札の肖像を変更しているという事で,2024年を目途に発行される新紙幣の肖像画が1万円札は渋沢栄一,5千円札は津田梅子,千円札は北里柴三郎になるという事です。
 この機会にネットでは,「この人をお札の肖像に」という自薦の話題がとびかっています。
 私が思うに,キャッシュレス化推進で1万円札を失くそうという話があって,現金をあまり使って欲しくないのなら,嫌われ者とか気味悪い系を登用すればいいと思うのですよ。暗闇で不気味に顔が光るお岩さんとか。恨みの形相も恐ろしい平将門でもいいかもしれない。「使う際は,祟りにご注意ください。」というコメントも印刷して・・・。
 キャッシュレス化推進なら,お札は全て祟り系でいいと思います。

| | コメント (0)

2019/04/02

新元号は「令和」

Reiwa 新元号は「令和」と発表されました。
 ネットを見ると,4月1日,発表と同時に施行だと間違えている方々がいるようですが,5月1日から平成→令和となります。ローマ字表記は「REIWA」です。
 この「令」という字が「命令」「令状」「号令」など,「命じる事」を表すのを気にしている方がいますが,ここは「令嬢」「令室」「令名」など,「立派」とか「良い事」をあらわし,「令」に続く語を修飾する漢字と考えましょう。

| | コメント (0)

2019/04/01

新聞はオワコンなのか?

Shinbun_obaasan  ネット上に「新聞はオワコンなのか?新聞社はこれからも必要なのか?」という記事がありました
 新聞発行部数が年々減少するにしたがって,このような議論が行われるようになってきました。
 新聞が必要かどうかは疑問でも,記事を書き,それを集めるシステムとそれを取捨選択するシステム(今のデスクのような)は必要でしょう。
 ネットに流れる情報で,信頼に足る,またはまともに批判できる記事は,プロが書いてプロに選ばれた記事だけ。素人の書いた記事は,ほとんどフェイクだと思ったほうが無難です。プロの記事も時にフェイクである事はありますが,批判に足る情報が入っています。
 しかし,その情報を発表する媒体として,紙である必要はありません。だから新聞社と通信社は,ネットの上では何ら区別しがたいものとなっています。新聞社はおそらく少数の紙媒体の発行と,ネット上のキュレーションサイトなどへの記事の販売を行う企業,おそらく現在の通信社に近いものになっていくのでしょう。
 
 現在の新聞社は,総合的でありすぎると思います。過去はそれでよかった。しかしネット時代になって,新聞社はもっと小規模のものでいいと思います。
 現在もある経済専門誌,スポーツ専門紙,ある地方の情報を扱う地方紙,海外情報を扱う海外情報誌,それにたくさんの業界紙,一部方々のお好きな色分け・・・左傾・右傾紙,ある特定の年代に向けて発信する新聞,そしてそれらの記事を横断的にピックして掲示するネット上の情報サイト。そんな形でいいと思います。

| | コメント (0)

2019/03/29

グレープフルーツ離れ

Grapefruits  ネット上に,家庭でのグレープフルーツの消費が激減しているという記事がありました。これは確かに実感します。ウチでもいつの頃からか,グレープフルーツは買わなくなりました。
 アメリカのフルーツとして最初に日本に紹介された頃,グレープフルーツは側の就いたまま半分に切って,砂糖をかけて食べる酸っぱいミカンでした。ところが,いつの頃からか,何とか皮を手で剥ける様になり,砂糖をかける必要もない程甘い者になりました。
 これは多分,日本向けに品種改良されたのでしょうね。しかし世の中には,もっと剥き易い甘いオレンジがあり,そのまま食べるには面倒なミカンです。ジューシーすぎて,皮を剥いたり房を外したりする時につぶれがちで,結構手が汚れるのです。
 そんなこんなで,グレープフルーツは専らジュースで飲む様になりました。ほんのり苦いジュースは,それはそれで美味しいものです。記事の様に,確かに家庭用としては消費が減少しているでしょうね。

| | コメント (0)

2019/03/28

日高屋のレシートに・・・・・

Hidakaya 先日,日高屋でラーメンを食べて,レシートをもらいました。
 そのレシートに書いてあったのは,「日高屋バイト」。その文字を入力してネットで検索すると,「日高屋アルバイト・パート求人サイト」というホームページが出てきました。
 レシートに広告を出す程,人手不足なんでしょうね。もう喉から手が出る程,人材が欲しいという感じではありませんか。

| | コメント (0)

2019/03/24

寒の戻り

Sakura2_1 22日までの春の温かさ(何しろ20度越え)にたいし,昨日23日は日中でも気温は10度を超えず,寒い一日でした。
 さすがに冬の格好は無理だろうと,22日は上着をこれまでの厚手のツイードから薄目の紺色ブレザーに変えたのに,またツイードに逆戻りしました。
 寒の戻りですね。サクラの花は咲いているのですがね・・・・・。

| | コメント (0)

2019/03/20

ピエール瀧容疑者の逮捕

Olaf コカイン摂取した疑いでピエール瀧容疑者が逮捕され,各方面に影響が広がっています。
 坂本龍一氏は「音楽に罪はない」として,作品が販売停止,回収されるのに疑問を投げかけています。
 確かに私も,「音楽に罪はない」し「オラフ」にも罪はないと思うわけですが,そもそも「本人がコカインをやるなよ」と言いたいわけです。そんなものをやったらどのような影響がでるのか,やはりその結果は誰もが見る必要があるでしょう。
 私ははやり,過剰にならない範囲で,作品の販売停止,回収,配信停止は,しかたないと思います。
(写真は,アマゾンのホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧