2018/09/17

就活学生が考えるAIで要らなくなる業種

Ai 就活学生が考える,AIで要らなくなる業種という記事がネット上にありました
 その結果,銀行や保険会社などの金融業界,百貨店やスーパーなどの小売業界がそんな業種という結果になった様です。
 銀行やスーパーはどうだかわからないですが,百貨店は大幅に店舗数減らして,おそらく戦前のレベルまで減らして,存続していくでしょうね。
 ネット書店の時代に,大型書店が生き残っているのと同じですよ。普段使いでない,イベント的な店は残るのです。
 なくなる業種は何となく分からないではありませんが,新しくできる業種はわかりませんね。インターネットが発達して新しく出来た業種を,インターネット黎明期に,だれが予想できたでしょう?

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/16

NASAがロケットや宇宙船の命名権の売却を検討

Roket NASAが,ロケットや宇宙船の命名権の売却を検討しているそうです。
 最近,競技場や劇場の命名権売却が盛んですが,ついにロケットにまで命名権売却話が持ち上がっている様です。
 そのうち,個人の名前まで命名権が売却されるかもしれませんwww。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/12

正解ばかり探している?

Ikari ネット上に「あなたがちっとも幸せになれないのは,正解ばかり探しているから」という記事がありました
 まあ何となく分かりますが,むしろ正解を探すというより,自分の中に正解像があって,それに合わせようとするから幸せになれないのだと思います。
 こうあるべきだという像が自分の中にあって,それに合わせようとする意識の強い人というのが世の中には居て,そういう人は見たところたいてい幸せそうには見えません。いらだったり人にあたったりする様な感じです。
 これは性分という事でしょうから,そうならない様にと言っても仕方ないのかもしれません。多分そういう人は,何か画期的な転機がなければ,一生そんな風に過ごして行く事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/10

21年春以降入社から就活ルール廃止を

Recruit 経団連会長が,2021年春以降入社から就活ルールを廃止したいと記者会見で述べました。
 就活ルールは,3月に会社説明会,6月に面接をそれぞれ解禁するというルールです。学生に学業や部活動に専念できるようにという目的で,政府主導で設けられたものです。
 しかし私は,学業とその後の就業は,区別するべきものではないと思います。大学はモラトリアムに非ず。入学したときから大学後をしっかり考えておきなさいという事ですね。
 企業が本当に欲しいと思ったら,今でも就活ルールなどあってなきがごとしでした。4月に一斉に入社するような時世でもなく,一年中社員採用が行われるようになる時代,就活ルールの存在は,ちょっとおかしな時代錯誤的なものとなっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/04

結婚式に出席しました

Wedding_foods

Weddind 先日の日曜日,甥の結婚式で軽井沢に行ってきました。今流行の洞窟の教会で式をあげ(どのくらい流行っているかというと,娘が今月の下旬,友達の結婚式で同じ洞窟の教会に行くというくらい流行っています),披露宴は20分程バスで移動して別の会場で行われました。
 なかなかいい披露宴でした。椅子とテーブル席は人数分用意されていますが,席は自由。立食パーティーに近い形で,好きな食べ物や飲み物を取ってくるビュッフェのような形式です。食べ物はふんだんに用意され,私などは大きなホタテや殻ごと焼いたエビばかりたくさん食べました。それでも最後にはかなり残っていたので,いかに食材が豊富だったかが伺われます。焼き物を「一人前盛り合わせましょうか?」と言われお願いしたら,牛肉だけでも3種類,チキン,魚,野菜が盛り合わされ,いったい何人前ですかという量でした。
 司会の女性のナレーションもイベントが始まるタイミングだけで押さえ気味。披露宴でよくある新郎新婦の歴史という様なビデオもなく,子どもの頃の写真がグラフィティー風に会場に置かれた掲示板に貼ってあるだけ。それを見る様に促すナレーションもありません。もちろんゴンドラに乗って登場するとか,蝋燭を点けて回るとか,そんなわざとらしい演出は一切ありません。ケーキカットも大きめの普通のケーキに二人で火をつけ,表面のチョコレートが溶けて二人のイニシャルが中から表われるという演出。全然儀式っぽくなく,新郎新婦も自由に会場中を回り,皆と一緒に飲んで食べて,とてもいい披露宴でした。聞けばそんな形式で披露宴パーティーをやってくれる会場がなかなかなかったそうで,洞窟の教会から20分以上バスに揺られて到着しました。
 甥の結婚相手の女性側の親族,友人はなかりカジュアルな服装。それに対して甥側の親族は相変わらずの和服やゴテゴテのドレスという披露宴スタイル。参加者が動き回ってこそ価値があるパーティーで,動き難い格好。はっきり言ってこの会場の雰囲気に対してかなり浮いていました。私などもダブルの黒い礼服姿で,せめてシングルにすればよかったと思いました。
 お相手の花嫁は,親族や友人に披露宴の形式をよく説明していたようで,それを理解しての参加者の服装だった様です。甥の方はいつも通り口数が少なく,立食パーティー形式だとは聞いていましたが,このようにカジュアルで好ましいスタイルだとは思いませんでした。
 しかしカジュアルだと言われても,実際服装の選択に困ります。女性は和服,男性は礼服というのが一番簡単な選択肢です。甥の口数が少なかったおかげで,新郎側の参加者は結構服装の準備では楽をしたのだと思います。思考停止の一択で済みましたからねwww。

(一番上の写真は,さんざん魚介類や海老などを食べた後に出てきた焼いた肉類のプレート。一人前を盛り合わせてくれたのはいいけれど,何というアメリカンボリューム!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/03

本屋さんの話

Book_store 「本屋さんには本が選べる・買えること以外の本質的な価値がある。」という記事がネット上にありました。街の本屋さんが減ってきている事を憂いて,このような記事が様々に書かれています。
 しかし,本屋さんは無くなりません。
 アマゾンがアメリカではリアル書店を開店しています。
 普段使いの近所の書店は,ネット書店に代替えされて無くなっていきますが,記事の中にあるような,朝から大きな書店内を回って,面白そうな本を手に取り,何冊も買っていく的な本屋は無くならないのです。
 こういう記事は,どうもそこらへんの区別がついていないようで,破綻していることが多いです。
 映画館と同じですよ。
 昔は近所,つまり街ごとに小さな映画館がありましたが,今では大都市にしかありません。でも無くなりはしないのです。シネマコンプレックスになって,スクリーン数としては昔からそれほど減っていないのです。
 普段使いの書店は無くなり,個人的なイベントとして訪れる書店は無くなりません。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/31

休みの日は何をしているんですか?

Reading 「休みの日は何をしているんですか?という難解な質問に、我々人類はどのように立ち向かうべきなのか」というブログがありました。2017年のブログ記事ですが,最近某ニュースキュレーションサイトにピックされて,目についたものです。
 この質問にたいしては,私は「本を読んでいる事が多いです。」と答えます。
 実際,鉄道廃線跡探訪に行く時に,電車の中で本を読んでいるし(ほとんど推理小説ですが),寝転んで本を読んでいる事も多いし(推理小説ですよ),映画が始まる前に本を読んでいるし(映画のパンフレットかもしれないが),美術館へいって疲れてソファに座った時に本を読んでいるし(備え付けの展示作品集かもしれないが),ドライブに行ってカミさん達がコンビニに入っているときも本を読んでいるし(しつこいようですが,推理小説ですよ),そんな風に実際に本を読んでいますからねwww。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/27

夏祭り

Summer_festa 一昨日,昨日は町内会の夏祭り。今年はカミさんが町内会の役員になっているので,祭りのスタッフとして会場につめています。盆踊り担当という事で,ゆかたを着て踊るそうです。
 それで昨日の日曜日,会場へ行ってみました。踊っているところを写真に収めましたが,何しろ暑い。陽はとっくに落ちているのに暑い。焼き鳥も,フランクも,たこ焼きも,焼きそばも食べずに早々に冷房の部屋に帰ってきました。
 かき氷を食べたかったのですが,長蛇の列だったので諦めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/26

仕事上での嫉妬って・・・

Jealousy 「同期が出世、後輩が抜擢でも嫉妬に狂わない人は何が違うのか」という記事がネット上にありました
 仕事は飯の種としか考えず,趣味や恋愛やその他別のところに価値を見いだしている人は,仕事上での嫉妬は少ないでしょう。
 嫉妬の対象となる程仕事を重視していないし,仕事に時間を使っていないという事でしょうね。そういう人がいても,不思議ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/25

テレワーク経験者4% 政府推進も浸透せず

Nomado 「テレワーク経験者4% 政府推進も浸透せず」という記事がありました
 テレワークについては,日立のように進める会社もある一方,IBMのように実施していたのにやめる会社もあります。まあ一企業でも,部署によって出来るところと出来ないところ,やらない方が便利なところが
あるでしょう。
 わたしの仕事の場合,テレワークは出来ない事はないと思っています。
 実は1人テレワークを密かにやった事がありますが,仕事はできました。会社のデータベースや図面に家からアクセスする事が出来ます。実際,出張に行った時に現場や会議場からアクセスするのと変わりません。
 これで打ち合わせをテレビ会議で行ない,電話やメールやLineライクのツールで同僚と話をすれば,完璧にテレワーク可能です。
 そもそも,オフィスに居ようが出張先に居ようが,自分のPCを会社のネットワークにつなげた時が出社時間,PCをネットワークからログアウトしたときが退社時間と決められていますから,家庭でそれをやっても喫茶店でそれをやっても,全く出社・退社の認識問題はありません。
 多分多くの人にとって問題は,ワーク自身ではなく,家庭内のワークする場所でしょう。だれもが書斎を持っているわけではありませんからね。

(写真はフリー写真素材サイト「足成」より。「テレワークにちなんで「ノマド」で検索して出てきた写真www。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧