2018/11/15

最近のビットコイン相場

Bitcoin 私が冗談で買ったビットコイン,2000円分は,ここのところ2400円位で安定しています。
 もっと上下する物と思っていたのですが,ビットコインも安定化し,通常の取引に使える様になるのでしょうか。
 投機用トークンから通常のコインへ変わっていくのかどうか,正念場とも言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

日本の英語力は,非英語圏で49位だそうで・・・・・

English 「日本の英語力は49位 5段階で下から2番目に認定」という記事がありました。スイスの国際語学教育機関が非英語圏88カ国を調査した結果だそうです。
 まあ,日本はそれでやっていけているという事ですね。英語力の高い國は,英語に力を入れざるを得ない事情がある。
 語学の上達は,必要性が全てです。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/11

18歳の5割は新聞を読まず将来的な購読の意志もなし

Npaper 「18歳の5割は新聞を読まず、将来的な購読の意志もなし」という記事がネット上にありました
 まあネット上のヤフーやsmart news,グノシーのようなサイトをみれば,様々な新聞などから切り抜かれたニュースが無料で閲覧できますから,特に新聞を購読する必要性を感じないでしょう。むしろ5割りは新聞を購読しているという方が驚きです。
 私がお金を出して購読しているのは,地元の神奈川新聞の電子版のみです。ただし,娘がとっている日経電子版とカミさんがとっている毎日新聞の電子版は時々読んでいます。
 神奈川新聞には,他では読めない地元の小さな事件がたくさん載っていて,近所の奥様方との話題のネタを仕入れるにはもってこいです。
 それらの新聞の記事は,前述の様にヤフーニュースなどのニュースサイトなどで読むことができます。たいていダイジェストですけれどもね。
 結局新聞は,将来的に個人向けではなくニュースサイト向けの通信社的なサービスになっていくのではないでしょうか。だって ヤフーなどのニュースサイトでは,新聞社配信記事も共同や時事の通信社配信記事は全く並列で,なんら変わりはないですからね。
 新聞は,BtoCからBtoBへ www。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/05

アンパンマンはベーシックインカムの世界

Anpan 5歳になる姪の娘がやってきて,アンパンマンのビデオを見ています。もう20歳を大分超えたうちの娘もアンパンマンをみていました。既に作者のやなせたかし先生は亡くなりましたが,作品は息が長いですね。
 アンパンマンの世界では,お金を見た事がないですね。お金での売買が行われない世界。ジャムオジサンはひたすらパンを供給し,鉄火のコマキちゃんも鉄火巻きを供給する。天丼マンも時々天丼を食べさせてくれる。アンパンマンの世界は,基本的な生活,「食っていく事」が保障されている世界です。
 つまり,物質てきなベーシックインカムが整った世界というわけですね。やなせたかし先生の戦争中の生活,食うに苦労した生活を反映しているといわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/03

VR効果

Vr VR(仮想現実装置)で断頭台での斬首を経験した人が刀を落とされた瞬間に,しばらく動くこともできないほどの精神的な衝撃を受け,全身から冷や汗が吹き出して,手足が痺れ,力は入らず,意識は遠のき首に違和感が現れたという記事がありました
 この記事に対して,精神科医の方がコメントを出していましたが,我々はの体験というのは,現実そのものではなく,自分がそうであると信じている事を体験している荘なのです。現実がどうこうよりも自分が何を信じたかが体験化されるという事です。そのため,お湯と信じた水で火傷するし,熱くないと信じた火の上を平気で歩けるんですね。そもそも我々が暮らすこの現実世界とは体験化された多数派の信念=集団幻想に過ぎないということです。
 プラシーボ効果というのがあります。思い込みで病気が治ったとか,恋すると美しくなるとか,そんな効果ですが,それに似ていますね。

 そういえば,大昔,こんな記事を書いた事があります。↓
   「化粧品の対面販売」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/01

「さようなら,日本型サラリーマン」という記事

Salary 「さよなら、日本型サラリーマン」という記事を読みました。経営共創基盤(IGPI)の代表でパナソニックや東京電力の社外取締役も務める冨山和彦氏の講演麓です。
 「日本型サラリーマンは,既存の製品やサービスを改善・改良することで高品質・高付加価値のものにする改良型イノベーションの時代には良かったが,今はそんな時代ではない」という話ですが,それは本当ですね。
 ただ,ベンチャーなりが考えたイノベーションを売れる形にするという作業は,結構お金がかかる事もあり,そこは役割分担が行われて然るべきだと思います。日本型だけではダメ,日本型でないだけではダメ,そこにはやはりバランスが必要となるのだと思います。

 中国は,アイデアの段階で突っ走るという荒技で,いろいろ問題もありますが,そこら辺,つまり「日本型も必要」というところを上手く回避していると思っています。物にならない場合も多々ありますが,ものになるものも中国発のものとして生まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/31

新型クラウン登場

Crown フルモデルチェンジした15代目「トヨタ クラウン」が登場し,そのレポートがネット上にありました
 「クルマは若返ったが果たしてユーザーは・・・」というタイトルの記事で,記事の執筆者はユーザー層の若返りはできるのかという懸念を表明しています。
 しかし私は,変に若返ったりせず,ジジイ向けの車でいい様に思いますがねえ。
 60歳代,70歳代という存在は,今後もいなくなるわけではない。新しい60歳代,70歳代が次々に登場してくるのだし。クラウンは最早トヨタの最高級車に非ず。レクサスもある事だし,ジジイ向けというのは正しいコンセプトでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/30

プラストローがやり玉に?

Straw マクドナルドやガストなど,プラスチックストロー廃止が広がりつつあり,プラストローメーカーが困惑しているという記事を読みました
 以前もこのブログに書いた事がありますが,そもそも紙ストロー化するという事は,ストローのポイ捨てを前提としているわけで,プラゴミとして回収再生している国では,実質的にはあまり環境に負荷を与えません。さらに,この記事に対するコメントとして,プラスチックゴミのなかでのプラスチックストローの重量割合は,0.数%程度という話もありました。
 まあ,身近な物だから,プラスチックによる環境汚染の意識付けとして利用されているというところがあるのでしょうね。まあ,とばっちりです。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。この写真を見ていて思ったのですが,ストローより,プラ容器や珈琲などの蓋の方が,プラごみとしては大きいですよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/26

地方交通へのQRコード導入

Bus 経済産業省は、新たなキャッシュレス普及策として、地方の鉄道やバスなどの料金支払いを統一規格の「QRコード」決済で行えるようにする検討を始めたという記事を読みました
 統一化はいい流れなのですが,QRコードでというところが難ですね。スマホでQRコードというのはマゴマゴする人がいて時間がかかる。マゴマゴしなくても,ボタンをいくつか押さなければならないし,表示にも時間がかかる。スマホによるネット環境が整っている必要があるなどの事があり,結局カードの方が早いという事になります。
 それなのにQRコードなのは何故か? 記事には「資本力の弱い地方の交通事業者がこれらのカードを利用可能にするには、費用負担の大きさが課題」と記載されています。
 これは本当でしょうかね? 記事によれば「QRコード決済は、スマホに決済アプリをダウンロードし、店や客のコードを読み取って利用する。」という方式らしいので,バス会社が端末機を用意しなければならないのはカード方式と同じ。しかしカード方式では,多分カード決済に加入するのにお金がかかるという事なのだと思います。
 キャッシュレスを標榜するのなら,それくらい国で何とか補助できないのかと思うのですが,受益者がほんの一部の地方の人々だという事で,難しいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/23

2040年、日本は「男性のタバコと肥満」で“長寿大国”トップから陥落する?

Fat 「2040年、日本は「男性のタバコと肥満」で“長寿大国”トップから陥落する」という記事を読みました。ワシントン大学の研究です。
 日本人は身長が高くないので,栄養が全て水平方向に拡大するのに使われてしまうのではないかと思う程,肥満者が目立ちます。昔は。
 今は昔より余程太っている人が少なくなりました。収入減と何らかの相関があるのかもしれません。貧困の人は太りがちという話もあって,まあどうだか分かりません。
 タバコは,男性では喫煙者が少なくなり,女性で増えているのではないでしょうか?

 ただ,ある程度以上の長寿って,それほどいいこととは思わないのですがが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧