2019/09/19

長野市で

Zenkoji

 昨日紹介したように,この三連休,用事があって長野へ行きました。長野市内に滞在しました。
 上の写真は,善光寺境内で撮ったものです。手前の建物が重要文化財の山門,奥の建物が国宝の本堂。下の写真は,長野市内から車で30分程度のところにある戸隠高原の鏡池。その下の写真は,小布施に本店がある菓子舗「竹風堂」のかき氷です。アイスクリームとともにトッピングされているのは,名物の栗かの子。栗だけで作った栗きんときです。

Kagamiike
Chikufudo-kakigori

| | コメント (0)

2019/09/18

秋の風情が感じられる信濃路

Img_6405 この三連休,用があって長野へ行ってきました。写真は長野市内の並木道の桂の木。甘味料にも使われる,葉から甘い香りが漂う落葉広葉樹です。
 なんだかもう秋の風情でした。

| | コメント (0)

2019/09/09

今回の旅行で最も興味深かった場所は・・・・・

Chuohirosaki 先日来書いている奥入瀬渓流旅行は,第一の目的は奥入瀬渓流の散策をしようという事ですが,東京へ帰ってきた現在,一番興味深かった場所の写真が,左のものです(写真をクリックすると拡大します。)。
 そもそも弘前の洋風建築巡りの途中,日本聖公会弘前昇天教会教会堂へ行こうとして見つけた建物です。デパートもある土手町の商店街から横に外れて坂を下へ降りた土淵川沿いにあったのが,弘南鉄道大鰐線のターミナル,「中央弘前」駅です。弘南鉄道には,JR弘前駅に隣接した駅から発車する弘南線と中央弘前から発車する大鰐線の2線があります。かつてはJR黒石線を引き受けた黒石線もありましたが,こちらは平成10年に廃止されました。大鰐線と弘南線の弘前市内のターミナルが異なるのは,そもそも違う鉄道会社だったからです。大鰐線は弘前電気鉄道の路線でしたが,昭和45年に弘南鉄道に併合されました。
 なにしろ弘前市内の洋風建築巡りの最中でしたから,ここから電車に乗ることはできませんでしたが,「おっ,こんなところにターミナル駅があったんだ。」と思いました。

| | コメント (0)

2019/09/07

そして弘前市へ

LibralyTeacherAomori-bankChurch 昨日紹介した五所川原の鶴の舞橋から車で1時間程,弘前市へ到着しました。弘前市でのお目当は明治・大正時代の洋風建築の見学です。
 弘前は弘前城の城下町。弘前城に近い市立観光館の駐車場に入れて,歩いて街歩きします。街を歩いてみると,風情が青森市と違うのですよね。まあ古い洋館をたどっての街歩きですから,なおそのような感想になるのかもしれませんが,風格が感じられるのは古い城下町だからでしょうか。
 そもそも青森県は,始め弘前に県庁が置かれ,弘前県と名付けられていました。日本最初の市制施行地でもあります。そもそも青森市は弘前藩主津軽信枚とその家臣である開港奉行森山弥七郎によって寛永期に築かれた港町で,明治四年には弘前から青森に県庁が移転されています。しかし現在でも青森の国立大学といえば弘前大学であり,津軽地方の中心都市でもあり,青森県の中心都市の一つになっています。
 さてその洋館めぐり。旧弘前市立図書館,旧東奥義塾外人教師館,旧第五十九銀行本店本館,日本聖公会弘前昇天教会教会堂などを回りました。弘前市立図書館の裏には,市内洋風建築のミニチュアを置いたスペースもありました。
 ここから1時間で青森空港着。空港内の漁連の店などで,冷凍ホタテや永谷園のご当地お茶漬けの素などお土産物を買い込んで羽田に帰ってきました。

(写真は上から,旧弘前市立図書館,旧東奥義塾外人教師館,旧第五十九銀行本店本館,日本聖公会弘前昇天教会教会堂。写真をクリックすると拡大します。)

| | コメント (0)

2019/09/06

帰る前に五所川原の鶴の舞橋へ

Maihashi1Maihashi2 昨日に続いて,奥入瀬渓流旅行記です。
 さて,奥入瀬渓流ホテルを後に,11時発の無料送迎バスに乗って青森空港へ向かいました。12時過ぎに空港着。東京羽田空港行きの飛行機は夜20時半発でしたから,その間を過ごすために青森空港でレンタカーを借りていました。
 まずは青森空港から車で1時間ほどの五所川原市へ。廻堰大溜池または津軽富士見湖と呼ばれる大きな溜池へ行きました。近年JRのCMで使われた鶴の舞橋という大きな太鼓橋がある所です。
 富士見湖パークという公園内にある橋で,なかなか清々とした思いのほか散策が楽しめるところでした。
 さらにそこから1時間,弘前市へいきました。弘前は桜で有名な弘前城がありますが,もちろん今は桜の季節ではありません。

(写真はクリックすると拡大します。)

| | コメント (0)

2019/09/05

奥入瀬渓流の前に,まず三内丸山遺跡へ

SannaimaruyamaSannai-meetingSannai-warehouse さてこれまで奥入瀬渓流への旅行をルポしてきましたが,そもそも8時に羽田空港から青森空港までの飛行機に乗ったのが旅の始まりでした。9時過ぎに青森空港着。純粋に飛行機に乗っている時間は55分程度です。
 ホテルからの無料送迎バスは15時青森空港発でしたから,その間にもう一つのお目当て,三内丸山遺跡に行こうという計画です。青森空港でレンタカーを借りていました。三内丸山遺跡は青森市内にあり,空港から車で15分程です。
 特別史跡,三内丸山遺跡は縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡です。一般の竪穴式住居,大きな倉庫,小さな高床式の倉庫群,そして三内丸山の写真でよく見かける3層6本足の掘立柱建物などが復元されています。一般の竪穴式住居には,私のイメージにあった茅葺きのものの他に,樹皮葺き,土葺きのものがあって,それが再現されていました。
 大きな倉庫の中に入ったら煙の臭いがして,臭いまで再現されていると驚いたのですが,それは茅葺き倉庫の防虫のための燻蒸作業が行われた直後だったからのようです。
 圧巻はやはり有名な3層6本足の掘立柱建物です。太い栗の木を6本使用した楼閣跡で,後代の天守閣的な建物だったのかもしれません。この建物の土台の調査から,当時測量技術があったこと,縄文尺ともいうべき長さの単位があったことが推測されています。栗の木の柱を使った建物でしたが,この村では当時栗が栽培されていたそうです。DNA鑑定によって,栽培された栗であることが近年あきらかになりました。
 遺跡の手前に資料や出土品の展示施設,縄文時遊館が建っています。遺跡の説明ビデオなども上映されていました。さらにここでは,特別展として,縄文時代の土偶の展示が行われていました。三内丸山に限らず,別の縄文遺跡から出土した土器や土偶が主に出展され,比較対象として弥生式土器も展示されていました。この企画展では,有名な遮光器土偶が展示されていました。宇宙人をかたどったともいわれる青森県亀ヶ岡遺跡で発掘された重要文化財の土偶です。遮光器土偶は片足の取れた有名なものの他にも,大小たくさんありました。遮光器土偶の実物を見られただけでも,この遺跡を訪問した価値がありました。まあ遮光器土偶は,通常は東京の国立博物館に所蔵されているものなのですがね。青森県に里帰りしていたわけです。
 三内丸山遺跡から青森駅にも近い場所まで移動してゆっくり食事をとり,空港に戻ったらもう三時です。ホテルのマイクロバスで奥入瀬渓流の焼山のホテルまで1時間15分ほどの行程でした。途中八甲田山がよくみえました。八甲田のすそ野を回って奥入瀬焼山へ行くのです。ちなみに八甲田山という単独の山はなく,18もの火山群の総称が「八甲田山」です。

(写真は,上から3層6本足掘立柱,茅葺き倉庫,高床式倉庫群,そして下が有名な遮光器土偶。しかしこの土偶,目の表現といい,口元のおちょぼ口の様子といい,宇宙人としか思えません。)

Dogu

| | コメント (0)

2019/09/04

日本一大きいブナの木へ

Buna1

Buna2Buna3Kuma 昨日ご紹介した奥入瀬渓流散策に続き,本日は奥入瀬渓流ホテルのアクティビティーとして行われた日本一大きいブナの木のツアー,「森の神ネイチャーツアー」の様子をお伝えします。
 ツアーといっても1時間半程度のアクティビティーです。ホテルのロビーに朝7時に集まり,そこからマイクロバスに乗って15分ほど,バスを降りて森に入り5分くらい行ったところに「森の神」として崇められてきたブナの巨木があります。推定樹齢約400年,幹回りは6mを超える単木でおそらく日本一大きなブナだろうということです。ブナの木は成長が比較的ゆっくりとした種類の木で,ちょっと太いなと思えるブナでも,樹齢は100年を超えているそうです。
 昨晩深夜に降った雨で足元はぬかるんでいるだろうということで,例によってホテルの長くつの無料貸し出しを利用します。東京なら午前中は少なくとも保つだろうという空模様でも,ここでは天気が変わりやすく傘は欠かせないということで,ツアーガイド兼マイクロバスの運転手さんが人数分の傘をバスに積み込んでの出発です。実際,たった片道5分の歩行の間にしっかり雨が降りました。しかし広葉樹林の中では,雨はほとんど人に当たりません。たまたま最近倒木があってぽっかり空間が空いている場所のみ傘が必要です。
 森の主のようなブナの木の様子は,写真でご覧ください。
 ここら辺は,ツキノワグマの生息地です。ブナの木の木製の説明版もクマに攻撃されるそうで,かなり傷がついていました。クマの手形もついていました。
 奥入瀬の森はほとんどが広葉樹林です。広葉樹林は毎年葉が落ちて新しい葉が茂るので,葉の厚さが薄く比較的明るい森になるそうです。足元は落ち葉が堆積していますが,ブナの落ち葉は5年くらいしないと腐敗せず,落ちてから5年間はその形を保っているとの事です。
 このツアー,ホテルの有料アクティビティーですが,なかなか印象的な小ツアーでした。

(写真は上から,もちろん日本一のブナの木2枚,ブナの木の看板,看板の裏につけられたクマの手形,三枚目の看板の右方の柱にはクマが攻撃した跡が残っています。以上4枚の写真のうち,下の2枚はクリックすると拡大します。)

| | コメント (0)

2019/09/03

奥入瀬渓流へ

Watarase-keiryu

KumoinotakiNenokuchiTowada-ko 8月最後の週末を利用して,青森県の奥入瀬渓流に行ってきました。目的は,奥入瀬渓流沿いのハイキングです。
 奥入瀬川は,十和田湖の子ノ口から流れ出て八戸で太平洋に注ぐ河川です。十和田湖から流れ出る唯一の河川で,十和田湖の出口,子ノ口から14km下流の焼山までを奥入瀬渓流といい,十和田八幡平国立公園の区域内です。
 その焼山にある奥入瀬渓流ホテルという星野リゾートのホテルに泊まって,そこから上流に向かって十和田湖まで散策しようという計画です。しかし,その道程は14km。全部歩くと5時間かかります。そこで歩くのは石が戸から雲井の滝までの1時間ほど,そこでまたバスに乗り銚子大滝で降りて,そこから十和田湖子ノ口まで30分最上流部を歩くことにしました。
 奥入瀬渓流ホテルは,30分に一本程度焼山のホテルから奥入瀬渓流の中程,雲井の滝まで無料シャトルバスを運転しており,これに乗って途中の石が戸で降りて1時間ほど歩きます。
 実はその石が戸から上流,三乱の流れ(さみだれのながれ)までは,すでに早朝歩いていたのです。ホテルのアクティビティーとして「渓流モーニングカフェ」というのがあります。これは朝4時50分にロビーに集まり,ホテルのバスで三乱の流れまで行って,渓流沿いの遊歩道を石が戸まで歩き,石が戸の野外でコーヒーをいただき,そこからバスでホテルに帰ってくるという1時間ほどのアクティビティーです。特に料金はかかりませんが,予約は必要です。これに参加したために,渓流中流域の始まり,三乱の流れから石が戸までは散策済み(薄明かりの中の早朝ではありますが)というわけです。
 この早朝のアクティビティーでは,ホテルから石が戸で珈琲をいただくまでは雨が降っていませんでした。しかし歩き終わって珈琲を飲み始める時には雨が降り始め,かなり土砂降りになりました。山の天気は変わりやすいということで,雲行きが怪しいという説明がホテルを出る時にあって,ホテルで傘と長くつを借りていました。時期的なものもあるかと思いますが,なにかと傘と長くつは必要です。晴れているようでも,渓流沿いの遊歩道では足元の悪い部分もあり,ホテルでの傘と長くつの無料貸し出しはとても役に立つサービスでした。長くつはホテルのフロント横の長くつ部屋に,壁一面に細かい棚が作られ,各種サイズごとに分かれて長くつがびっしり並べられていました。私が借りたのは,長くつとはいえしゃれたオレンジ色の靴紐がついたものでした。
 さてお目当ての渓流沿いの散策。ホテルからホテルのシャトルバスで石が戸へ,そこで降りて渓流沿いの遊歩道を歩きます。折から雨の後での散策でしたから,渓流は水量も多く,水も茶色く濁っていました。
 1時間くらい歩いて雲井の滝着。雲井の滝からはJRのバスに乗ります。青森駅や八戸駅からホテルのある焼山を通って,ホテルの無料シャトルバスと同じ経路を,JRバスが運行しています(ホテルのシャトルバスは雲井の滝止まり。JRバスはその先,十和田湖まで走る)。銚子大滝でJRバスを降り,そこから十和田湖までまた歩きです。
 銚子大滝は渡良瀬川本流にかかる唯一の滝です。この滝を含めて,渡良瀬渓流上流沿いで見られる滝は14本ありますが,銚子大滝以外の滝は支流から渡良瀬川に落ちる滝です。
 この辺り,十和田湖に近く,支流の雨降り後の濁った流れがあまり入っていない区間なので,奥入瀬渓流の流れもあまり濁っていません。いい感じの流れになっています。
 その後渓流沿いを歩くこと30分,やがて水門が見えてきて十和田湖子ノ口に到着しました。
 ここからまたJRバスに乗り,10kmほど湖畔沿いに行った休屋(やすみや)というバスの終点で降りました。ここから十和田湖の観光船に乗ります。
 約50分,船内放送で周りの景色の解説を聞きながら過ごして,子ノ口に戻りました。
 ホテルへの帰りは子ノ口からJRバスで一気に焼山のホテルまで。バスの窓越にもたくさんの滝が見え,路線バスの車内放送で解説が入ります。十和田湖周辺の上流はだいぶ透明な流れが回復していました。しかし,下流域ではやはり茶色く濁った流れでした。このまま雨が降らなければ,水量も落ち着いて,これまで見えなかった川の中の飛び石のような岩が見えるようになり,翌日には下流域まで透明な流れが回復するそうです。
 奥入瀬渓流ホテルの評価として,20本に1本くらい,高価なホテル代に対して,食事や従業員のサービスがそれほどでもないという評価が見受けられますが,いったいどんなシティーホテルを期待しているのだろうかと思います。実際泊まってみて,そんなサービスより,突然変わる天気に対応した無料の長くつのサービスとか,傘のサービスとか,渓流の好きな区間をハイキングするための渓流沿いを走る30分に1本のまるで路線バスのような宿泊客専用シャトルバスのサービス(無料です)とか,森の中で,天気かと思ったら突然の雨も降り,虫が多い地域にあるホテルの部屋の広い窓が常にシミひとつなくキープされている窓拭き(多分チェックアウト後にその部屋の窓を拭くのだと思いますが,チェックアウト時間後の窓拭きを見かけました)とか,そのようなサービスこそ重要だと思います。お金をかけるのならば,そういうサービスにお金をかけることで正解だと思いますよ。渓流散策などからホテルに快く疲れて帰ってきて,ホテルのスタッフから丁寧に挨拶され,もてなされたら,むしろ「うざい」と感じることでしょう。帰ってきたら,まず早く温泉に入りたい。それが叶えられれば,それで十分です。そもそも,長くつのサービスをありがたく利用しないような滞在は,「別のホテルに行ったらいかが」と思いますwww。

(写真は上から,中流域の「渡良瀬渓流」,渓流沿いに見える14の滝の一つ「雲井の滝」,十和田湖からまさに流れ出た「子ノ口の渡良瀬川」,濁った最初の写真に対し水が透明であるのがわかります。次はその写真の位置で振り向いた「十和田湖」の景色です。十和田湖は流れ込む川がなく,雨が降っても土砂が流れ込まないので非常に水は綺麗です。従ってひとつ前の写真のように,十和田湖から流れ出始めた渡良瀬川の水は雨の後でも綺麗ですが,中流域,下流域になるにつれて,流れ込む主に5つの支流のために,雨が降れば濁りが増していき,最初の写真のように泥水になります。しかし雨が止んで一日経つと,綺麗な水に戻るそうです。以上4枚の写真のうち,下の2枚はクリックすると拡大します。)

| | コメント (0)

2019/08/26

涼しく感じる?

Temp ここのところ東京地方は,朝起きて「涼しくなってきたな」と感じます。部屋の温度計をみれば,気温は相変わらず28度ほどもありますが,涼しく感じるというのは,ひと頃の30度越えから数度気温が下がってきたからなのでしょうか?
 それとも,湿度が下がってきたのでしょうかね?

| | コメント (0)

2019/08/18

栃木県栃木市の赤麻寺へ

Akam1Akam2 近くまで行ったついでに,栃木県栃木市藤岡町の赤麻寺というお寺に行ってきました。このお寺の前には,現在では渡良瀬川が流れているのですが,その昔は赤麻沼という大きな沼がありました。赤麻沼のほとりにあったお寺だったのです。
 そもそもここら辺は渡良瀬川沿いの湿地帯でしたが,渡良瀬川から土砂が運ばれてきて,赤麻沼は次第に土砂が堆積し,面積を小さくしていきました。現在では旧赤麻沼を含む地域が,渡良瀬遊水地として下流の洪水を防ぐ様になっています。
 渡良瀬川はまた,上流の足尾銅山の鉱毒を運んでくる公害の川でもありましたが,現在では鉱山も閉鎖され,精錬所も廃止されて,公害も無くなりました。ただそれまでの堆積分は,地面の下に残っています。現在この遊水池に常時ある湖沼は,南端の谷中湖というハート形の湖だけです。谷中湖は,湖底をコンクリートで固められ,堆積物が湖水に溶け込まない様になっているそうです。
 左の2枚目の写真が赤麻寺の前で撮った写真で,赤麻沼であった場所ですが,今では手前に渡良瀬川が流れ,沼は草原になっています。ここも渡良瀬遊水地の範囲内で,渡良瀬川の流量が多い時には,ここも池に変わります。 

Akam3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧