2021/06/24

長瀞へ行こうか

 10都道府県で発令中の緊急事態宣言が沖縄を除く9都道府県で解除され,東京,北海道,愛知,京都,大阪,兵庫,福岡の7都道府県では20日以降は「まん延防止等重点措置」へ移行されます。したがって,神奈川,埼玉は21日から緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も免れる事になりました。
 そこで,埼玉県の長瀞に行こうと思ったわけです。時は20日,長瀞のある埼玉県と私の住む横浜市はまだ緊急事態宣言中です。まだ緊急事態宣言中のこの機会に,長瀞へ行こうと思ったのは,普段はとても混雑して店に入るのに長い列ができる名物「みそ豚丼」と「阿左美冷蔵の天然氷を使ったかき氷」を,空いているうちに食べようと思ったわけです。娘建に言うと「このコロナの時期に!」とか何かとうるさいので,娘たちには内緒でカミさんと二人で出かけました。
 目的の「みそ豚丼専門店の有隣」と「阿佐美冷蔵寶登山道店」は,秩父鉄道長瀞駅から至近ですから,あまり歩き回る感じではありません。しかしせっかく長瀞へ行ったので,寶登山神社と荒川ライン下りは,時間があれば行ってみようと思っていました。
 長瀞駅を降りて,まずは「阿佐美冷蔵寶登山道店」へ。阿佐美冷蔵は長瀞と上長瀞の中間に本店があって,寶登山道店とはすこしメニューが違っているらしいのですが,この日は駅から近い店に行きました。
 そのかき氷。写真のように福禄寿の頭のような高さがあります。これは結構崩さないように食べるのは難しいと思ったのですが,蜜やミルクは別の容器入れて持ってきて,それをかけながらいただくので,よくありがちな氷崩壊は起こさずに済みました。てんこ盛りのかき氷にしては,上手く散らかさずに食べることができたと思います。
Asamireizou1
Asamiseizou2
Asamireizou3

 上の写真(各写真をクリックすると拡大します)の一番左側が,私が注文した「もも&ぶどう」のかき氷。右側の容器に,モモシロップ,ブドウシロップ,それにミルクが入っています。真ん中の写真は,カミさんが注文した「極スペシャル」。秘伝の白蜜とつぶあん,白あん,抹茶あんがついています。このあんこの滑らかさと輝きが半端なく,これだけ食べても結構なものでした。どちらにも,小さな梅干しが付いてきます。一番右の写真は,追加で頼んだ「氷室の雫餅」というもので,きな粉をかけていただきま。餅といっても,極めて柔らかくデリケートなゼリーですね。
 ここで,まず口を満足させて,次は腹を満足させる番です。時間的にまだ昼には早かったので,まずそのまま寶登山神社へ向かいました。私はてっきり寶登山神社は寶登山山麓からロープーウェイに乗って行った山頂にあるものだと思っていたのですが,神社はなんと山麓にあり,結局この日は寶登山ロープーウェイには乗らずじまいでした。
 さて,神社に参拝した後,長瀞駅にほど近い「みそ豚丼専門店の有隣」に行ったのですが,それはまた明日。

| | コメント (0)

2021/06/23

梅雨には入ったけれど・・・・・

Rainy-season 関東地方も梅雨入りし,今週は雨がちの天気だという話でしたが,結局21日も22日も傘は使わずに済みました。まあ,両日とも夜には雨が降っていましたが,日中は晴れていました。
 土日は今でも雨の予報が出ていますが,金曜日までは一応晴れ・曇りの様です。

| | コメント (0)

2021/06/22

スタートアップ企業の独り立ち

Startup ニューヨークタイムズの記事で,米国ではウーバーやエアビーが値上げされるという話が記事になっていました。これらのスタートアップ企業は,初期のベンチャーキャピタリストたちの資金で支えられていた時期が終わり,これが消費者にとって「格安エコノミー」の終わりを意味しているという記事でした。
 アーサー・C・クラークのSF小説に"地球幼年期の終わり" という作品がありますが,さしずめ "格安サービス幼年期の終わり" ということですね。
 この時期に利益を上げられず,投資家からの資金も底をつき,倒産するベンチャー企業もある中で,そこまでに至っていないスタートアップは,投資家により資金面を支えられていた時期,つまり "幼年期" にサービスを格安にする事で,その存在を知られる様になった,宣伝にはなったでしょう。
 しかしここへきて,利用者にとっては,お試し期間の終わりというところですかね。

 一方目を日本に向ければ,QRコードを使ったスマートフォン決済が,加盟店の開拓を優先して無料にしてきた決済手数料を今年にも有料化するという話があり,店側が加入をやめるとかやめないとかいうことになっています。まあ,スマホ決済の便利さを知ってしまった消費者としては,「店側がスマホ決済を辞めるなら,別の使える店に行きます」ということになるでしょう。
 このQRコード決済の有料化も,「幼年期の終わり」という事ですね。
 洋の東西で,その様な動きになっているわけです。

| | コメント (0)

2021/06/21

ウーバーイーツ配達員やフリーランスのIT関連就労者の労災保険特別加入化

Working-insurance イギリスでは,ウーバー配達員は個人事業者ではなく就労者いという決定が最高裁で決定しましたが,日本では,個人事業主の身分のまま,一人親方のような特別加入制度適用の職種を拡大する形で労災保険に加入できる様にする方向で,この問題を解決する様ですね。厚生労働省の労働政策審議会部会が,6月18日に,飲食店の料理などを自転車で宅配する配達員やフリーランスで働くIT人材について,企業に雇用されない個人事業主でも労災保険に入れる「特別加入制度」の対象に加える省令案の要綱を了承し,9月から運用が始まるそうです。
 個人事業主の新業態がでてきて,その業態を元の仕組み(労災保険の特別加入制度)に加えるかどうかを検討したという事で,当然の事ですね。
 一人親方の様な個人事業主の労災保険特別加入という事で,保健組合の組合費と労災保険料を支払う事異なるのでしょう。企業の就労者の場合は,保険料の半分を企業側が支払いますが,全額を個人事業主が支払うわけでしょう。

| | コメント (0)

2021/06/20

香港の様子を見ると,中国と民主主義国家の違いが如実にわかる

Honkon 香港で,国家安全維持法(国安法)違反容疑国安法違反容疑で蘋果日報編集長ら5人が逮捕されたというニュースがありました。6月17日のことです。
 この措置は,中国本土並みということなんでしょうね。我々は,香港が民主主義国家から中国化する様子をリアルタイムに見ているわけで,これはつまり中国が他の民主主義国家とどう違うのかという事を実際に見ているわけで,中国がどんな国かを周知させるのに役立っています。
 中国がどれだけ我々と違うのかの試薬の役割を,香港が果たしているといえるでしょう。

| | コメント (0)

2021/06/19

日本とアメリカの感染状況

Colonagreen IMF(国際通貨基金)が,6月半ば現在の世界経済の状況を発表しています
 全体的に言って世界経済は回復傾向にあるものの,ワクチンの普及状況などによって国ごとにばらつきがあり,危険な格差」が生じていると報告しています。
 回復傾向にある国を見ると,日本と比べて新型コロナパンデミックの状況はそれほど好転しているとは思えない欧米,特に米国は,経済だけが回復基調で,貿易的には日本経済もだいぶ助かっています。しかし,感染者新規発見数は日本が1日2,000人程度であるのに対して,米国は10,000人程度,死亡者は日本で1日80人程度に対して米国は200〜400人程度,決して日本に比べて楽観すべき状況ではありません。ワクチン接種が進んでいるとはいっても,まだ集団免疫獲得に至っていない状況ですから,「各地の観光地には人出が戻っていて、西部劇のような町並みが残り、「カウボーイの聖地」とも呼ばれる南部テキサス州のストックヤード地区には、大勢の観光客が押し寄せてパレードの見物などを楽しんでいました。」などと聞くと,「大丈夫か?」と思ってしまいます。
 まあ,日本と比べた時の1日の感染者新規発見数が,アメリカは日本の約5倍なのに,死亡者が日によって2.5倍〜5倍と,感染者発見数にしては多少少なめなのは,わくりん接種率がアメリカの方が高い効果でしょうか? イギリスなども感染者は多いが死亡者は少ないという状況ですから,ワクチンの接種率の差は感染者数ではなく死亡者数に出てくるという事ですかね。
 観光と飲食については,最後まで復調は難しいでしょう。それを「カーボーイの聖地」のように無理して元に戻すと,とんでもないしっぺ返しがきそうで怖いです。

| | コメント (0)

2021/06/18

日本の労働生産性が低いというけれど・・・・・

Working_20210617012001 「平均値から1割以上も低い日本の労働生産性,昔から低いその理由とは」という記事を読みました。
 日本の労働生産性が低いのは,人口が多いせいだと思っています。
 記事のタイトルで言う「昔から」というのがキーワードで,昔というのは明治以降とかそんなレベルではなく,商工業が盛んであった江戸時代,おそらくそのもっと前,織田信長の楽市・楽座の頃から,経済規模の割には人口が多い日本は,おそらく労働生産性が低かったのではないかと思います。
 近代に入ってもなお,職人や農民など生産者が作った商品を,問屋,卸,仲卸など,たくさんの人の手を経て消費者に届けていたわけです。中には商品を手にすることなく,帳票のみを右から左へ移動させるだけで中間マージンを取ったりしていたようです。それで,なんとなく皆が仕事をしているような気になって,生産性が低いまま経済が回っていたわけです。
 その伝統は現在でも受け継がれています。世界と貿易をするようになって,それでは世界と競争できないので,日本の製品は「より品質が良く」,「よりおいしく」,「サービスはより正確に,おもてなしの心を持って」,という世界との差別化を行って,日本のイメージを形作ってきたわけです。
 それもこれも,日本は人口が多く,皆にまがりなりにも仕事を与えて稼ぐためには,一人一人の労働生産性はざっくり言って低くせざるを得ないという事になるのでしょう。労働生産性が高いことは,古来より日本社会では求められておらず,むしろ悪だったのです。いまでいう,一種のワークシェアリングが行われていたと言ってもいいでしょう。

 昨今は,少子化,人口減が悪い事だと捉える人が多いのですが,私は少なくとも「労働」の面から見れば,せめて戦前並みの人口になるべきだと思っています。国内市場的には,人口減は痛手ですが,海外への売り込みや,(コロナから世界が回復したら)インバウンドを期待するしかありません。
 そういう意味では,"労働生産性" と "国内市場維持" は,相反する事なのかもしれません。

 ところがですね,今のまま人口減少が続いても,2100年くらいなんですね,人口が戦前のレベルに戻るのは。結局,日本の歴史の中でも特異な時代であった,戦後,高度経済成長期に人口が爆発しているという事です。
 そんな特異な時代を引きずっている今の人口が適切だと思うべきではありません。

| | コメント (0)

2021/06/17

上場企業,6月現在で希望退職1万人超

Colonagreen 新型コロナウイルス禍の長期化により,上場企業による希望退職や早期退職の募集が増えているというニュースがありました。2021年に入ってからの希望退職や早期退職募集人数の合計は6月上旬,昨年より3カ月早く1万人を超えたそうです。募集企業数はアパレル、観光業など50社に上っているとの事です。
 日本全体の法人では,コロナで業績アップした企業と業績ダウンした企業は半々だと言われています。業績ダウンした企業にスポットライトを当てると,この記事のようなことになります。
 コロナの見通しがつかない現在,アパレル,観光,運輸などがどのくらいの期間業績が回復しないのか見通しがつかない。ワクチン接種が軌道に乗って,希望が見えつつありますが,全て元に戻るのはあと数回の変異種への対応,あと数回の緊急事態宣言を経なければならないというのが本当のところだと思います。

 企業の栄枯盛衰は社会情勢により起こるもので,その都度人員の調整があるのは致し方ありません。希望退職を募り,企業をその時々に必要な体制にしていくのは理にかなっています。
 希望退職をつのりながら,日本も勤続年数より専門性を求められ,専門性故に企業を渡り歩くような文化が広がっていくのでしょう。永年勤続表彰などが無い企業文化を私は望んでいます。コロナでこれまで惰性のように続いていた習慣文化が,いろいろ変化していると感じていますが,このこともその一つかもしれません。

 コロナの影響がどのくらい続くか分からないので,会社の体制をコロナ時代に求められる人数に落とすのか,しばらくなんとか維持してコロナ以後の時代に備えるのかが見えにくいところが,経営者の悩みどころなんでしょうね。
 コロナ時代がそろそろ1年半続き,維持できる限界が来て,記事のような事がニュースになるという事でしょうね。
 ここで認識しておかなければならないのは,半数の企業はコロナで潤っている,つまり仕事が増えているのだから,退職した人を雇える素地があるわけです。しかしここでも,いつまでコロナ需要が続くのか見通せず,慎重にならざるを得ない。よほど有能な人でないと,退職者を雇うのに躊躇するわけですね。
 だから簡単に雇えて簡単に雇い止めができる非正規社員の募集だけが目立つことになります。そんな業種のみ目立ちます。
 うちの近所のスーパーなどは,「コロナで忙しくなっています。従業員を募集しています。」というポスターが,昨年5月ごろからずっと貼ってあります。

| | コメント (0)

2021/06/16

Kindleの暗転

Kindle-ebook いつも不思議に思っている事の一つに,「Kindle PaperWhiteの暗転」というのがあります。
 ページめくりの時に,Kindleが一瞬暗転する(白黒が転換し,一瞬ページ全体が黒くなる。この時,通常黒で表示される文字部分は白くなる。つまり,一瞬黒地に白文字という画面になる)という現象のことです。
 SNSなどで,この暗転を気にしている人が意外と多いのです。この暗転は,設定によってページごとに起こすこともできますし,数ページごとに起こすこともできます。KindlePaperWhiteは電子ペーパーを使っている以上,仕組みとして起こる問題で,避けられないことです。私は以前このブログにも書いた様に,楽天の電子書籍端末KOBOも持っていますが,電子ペーパーを使っている以上KOBOでも起こります。これを避けたかったら電子ペーパー式ではない液晶式のKindleなりスマホのKindleアプリなりを使う事になります。
 私には全く気にならない「ページめくり時の暗転」を気にする人が多いことは,KOBOの念の入った暗転設定から気づいた事です。Kindleでの設定は,暗転をページめくり毎に起こすか,起こさないかという二択だけですが,KOBOでは,何ページごとに暗転を起こすかという選択肢があります。私にしてみれば,そんなことは適当にやってくれていいので,なぜ何ページごとに暗転を起こすかなど選択する必要があるのだろうと思いました。そこでネットで「Kindleの暗転」をキーワードとしてググってみて,結構な人がこの暗転を "悪いこと" だと認識していることに気づいたのです。
 電子書籍をお勧めするサイトなどでも,この暗転を問題点の一つに挙げてあったり,この暗転のために「目眩が起こる」なとという人もいて,病院の目眩外来の受診をお勧めしたくなります。
 私などはむしろ,「トイレに行きたい,でも本が佳境に入っている」などという時,「次の暗転が起こったら本を諦めてトイレに行こう」などと,暗転を楽しく利用しているんですけどねwww。

| | コメント (0)

2021/06/15

中国外交トップが,ウイルスの武漢研究所漏えい説を「ばかげた話」と一蹴したが・・・・・

Colonagreen ブリンケン米国務長官と中国の外交担当トップである楊潔篪共産党政治局員が,5月11日に電話会談を行いました。ブリンケン長官の「新型コロナウイルス起源を巡る調査での協力や透明性が必要と強調」という言葉に対して,楊氏は米国で一部が主張するウイルスの武漢研究所漏えい説を「ばかげた話」と一蹴したとの事です
 新型コロナ武漢起源説は,たしかに証拠はないのですが,"中国からコロナ漏洩" と聞いたとき,それを世界の人が「そういう事もありそうだよね」と納得してしまうところが恐ろしいところですよwww。
 これを覆すには,「証拠がないだろ」と言ってもダメで,中国が積極的に「そういう事実はなかった」という証拠を示さなくてはなりません。何しろ,世界中の人が「ありそうな話」だと思っているんだから。
 まあ,普段の行いがものをいうわけです。"悪事身に返る" "悪因悪果 善因善果 福因福果" "身から出た錆" などという言葉も,昔からありますよね。

| | コメント (0)

«神奈川県の黒岩知事が,東京で新型コロナワクチン摂取をした事