2021/05/09

WTOがシノファーム製ワクチンの緊急仕様を承認

Colonagreen WHOが欧米製ワクチン以外では初めて,中国シノファーム製のワクチンの緊急仕様を承認したというニュースがありました。
 これは結構画期的なことかと思います。発展途上国向けには,-75度保管が必須なファイザー製など,いくら効果が高くても使用不可能ですからね。中国のワクチンは,−10度より暖かい環境で保管でき,通常の冷蔵庫が使えます。
 結局,ファイザーは先進国向けにならざるを得ませんね。
 逆にいえば,先進国はファイザー製を使い,シノファーム製は発展途上国向けにとっておくのが地球の皆のためという事に・・・。

| | コメント (0)

2021/05/08

宇都宮元日弁連会長が呼び掛けた五輪中止署名

Olympic_20210508012201 宇都宮元日弁連会長が呼び掛けた五輪中止署名が,15万筆に達したという記事がありました。
 宇都宮健児氏は,そもそも五輪招致当時から開催に反対しいた人で,その人がいまさら反対しても,何のインパクトもありません。そもそも,コロナとはなんの関係もない開催反対です。"コロナが収まっていないから" 開催に反対しようという運動に対しては,完全に逆効果になっています。
 この人が反対するから,開催に賛成しようという人は多いと思わねばなりません・・・www。

| | コメント (0)

2021/05/07

結構あっちこっち出かけている様だけど・・・・・

Colonagreen 最近,このブログを読んでいる知人から,「結構あちこち出かけたり外食している様だけど,大丈夫か? コロナには気をつけろよ。」と言われました。
 確かに最近の記事を見ても,外食の記事や散歩に出かけて「峠茶屋前」という名前の交差点を見つけた記事など,以前と変わりなく行動している様です。
 まあ実際のところ,週の大半をリモートワークで仕事している身としては,仕事以外で外へブラっと出かける機会が増えていて,そんな外出での話題がこのブログでも増えているのは否めません。
 しかしあまり遠くへ行っていないですよ。せいぜい遠くに出かけても隣接県くらいで,大抵は横浜,川崎あたりでぶらぶらしています。以前はよく出かけていた埼玉県さえ,隣接していないので最近行っていません。まあそれほど「隣接」を意識していないのですがね。気が付いてみたら,なんとなく隣接県以外は出かけなくなっています。
 出かけた時の新型コロナへの注意といえば3点だけ。①人に唾をひっかけない,②人から唾をひっかけられない,③接触感染にも注意。
 具体的には・・・,

マスクと人混みを避ける事,とりわけマスクをしていない人が多い場所を避ける事。外食もしていいが,感染対策に興味なさそうな店は避ける。飲み物や食事がまだ運ばれてきていないのに,または飲食が終わっているのにマスクをせずに唾の引っ掛けっこをしているウルサイグループのいる店は避ける。

 これまでの新型コロナならば,フラフラ外へ出かけてもその対応で感染しない自信があったのですが,ただ最近の変異種への対応がそれでいいのかは疑問です。より強い感染力を持つという変異種。若い人が重症になると言っても,「若い人も」重症仲間に加わったということで,歳をとっていても相変わらず重症にはなる様です。
 変異種は,全く新しいウイルスの蔓延と考えた方がいいという話もあり,何か違う気をつけ方をすべきなのかどうか,まだわかりません。

| | コメント (0)

2021/05/06

紀州のドン・ファン不審死 元妻を殺人などの疑いで逮捕

Donfan いささか旧聞に属しますが,紀州のドン・ファン不審死事件は,元妻を殺人などの疑いで逮捕するに至りました。
 この逮捕については,既に77歳になっていた被害者で,毎月100万円の手当をもらっていた容疑者が,放っておけば近い将来遺産を継承できたであろう状況で,殺害というリスクを負うのかなと思っていました。状況からいえば,誰が考えてもまず真っ先に若すぎる妻が疑われる。殺害はリスクが大きすぎるだろうと思います。
 ところが,最近出てきた情報では,被害者はこの妻に不満を持ち,離婚届を書いていたという事で,離婚されない前に早いところ殺害したという事は十分考えられます。
 ただそれにしても,そんな状況での殺害はよりリスクが大きくなる方向だと思いますが,「証拠がないだろう」とたかを括っているのでしょうかね? そんな状況で本当に容疑者が殺害したとしたら,あまりにも容疑者が愚かに見えます。真犯人がいるということは考えられます。
 しかしまあ,推理小説的には,あまりにも犯人と思われる人が明白で(実際に犯人であるかどうかは別問題,謎がないという意味で),つまらない話ですね。
 これでこの容疑者が真犯人というのなら,江戸川乱歩先生にどなられるケースですね。

| | コメント (0)

2021/05/05

かつて温暖だった地球があった

Co2 少し前,4月22~23日の話になりますが,約40カ国の指導者が参加して,気候変動に関するサミットがアメリカ主催で開催されました。各国はそれぞれ削減目標を以前より概ね増加させました。
 まあ,人の営みが自然に影響を与える事をなるべく少なくすることは重要だと思いますが,気候変動については,温室効果ガスの削減,脱炭素で解決になるのかなと思います。そもそも,温暖化は温室効果ガスだけのせいなのか?
 なんだかトランプ氏の主張のようですね。

 以前,青森県の縄文遺跡「三内丸山遺跡」へ行った事があります。冬の寒さが半端ないこの青森の地で,なぜこんなに大きな集落が成立したのか,不思議に思っていました。
 そうしたら,縄文時代,青森の地は寒くなく,温暖だったそうなのですね。それは当時の植生の研究などで明らかだそうで,当時は温暖で,三内丸山の地で巨大集落が生まれるだけの食糧が生産できたという事です。
 つまり,太陽の活動かもしれないし他の理由かもしれないし,温室効果ガス以外の理由で,当時は温暖な時代だった。何しろ当時の人間によるCO2の排出は,人の活動(呼吸)と焚き火程度だったでしょうからね。

 まあ,人の営みが自然に影響を与える事をなるべく少なくすることは重要だとは思います。なにしろ,自然に対する人間の活動の影響も,その人間の活動の影響の自然に及ぼす効果も,十分わかっているとはいえないですからね・・・。

| | コメント (0)

2021/05/04

自生院から茅ヶ崎富士塚へ

Cresthills 映画を見るために港北ニュータウンのセンター南駅付近に行ったので,ついでにその辺りを散歩しました。
 かつて港北ニュータウン内にはいくつかの富士塚があり,この付近にも「茅ヶ崎富士塚」という富士塚がありました。富士塚については,以前「幻の茅ヶ崎富士塚」という記事を書きましたので,そちらをご覧ください。
 映画館のあるセンター南の港北TOKYUショッピングセンタービルは,かつて自生院というお寺があった場所であり,富士講の参拝者はそのお寺にお参りしてから茅ヶ崎富士塚に登ったと言います。
 私も旧自生院の場所にある映画館を出て,茅ヶ崎富士に向かいました。自生院から茅ヶ崎富士に至る道程は,"四五六峠みち" という寂しい道だったといいます。現在では,この峠道を辿ることはできません。峠道とは関係なく整地され区割りされた住宅地になってしまっているからです。下の地図は茅ヶ崎富士塚が映っている1960年代の航空写真と現在の国土地理院の標準地図を重ね合わせたものです。航空写真には "四五六峠みち" が映っていますが,今の地図上ではそれは全く峠みちとは関係なく区割りされた住宅地の中に埋もれている事がわかります。
 上の写真が,ちょうどクレストヒルズというマンショの前の,かつて茅ヶ崎富士塚があったあたりの写真です(写真を撮らなかったので,GoogleStreetViewの映像より拝借しました)。"四五六峠みち" は,写真の左奥側(西北)からこの写真に写っているクレストヒルズ前の現在の道路に斜めに交差する様にやってきて,このあたりにあった「茅ヶ崎富士塚」に至っていた様です。ただし,このあたりは全体的に削平されているらしく,なんの痕跡も残っていません。
(地図はクリックすると拡大します。)
Chigasaki-fujizuka

| | コメント (0)

2021/05/03

峠茶屋前交差点

Chayamae1 国道246号線を車で走っていて,川崎市鷺沼のあたりで,「峠茶屋前」という交差点に出会いました。ここはこれまで何回も車で行き来した事のある場所ですが,この交差点名には気づきませんでした。
 まあ,国道246は,江戸時代からの大山街道ですから,昔,峠の茶屋があったとしても驚く事ではないのですが,今もなおそんな名前を付けた交差点があるというのも不思議です。
 あたりを見回しても現在では「峠の茶屋」は見当たりません。それでもネットで調べてみたら,なんと交差点際の「ローソン」がその昔ドライブインであったそうで,それを峠の茶屋と呼んで交差点名にしたらしいのです。江戸時代にまでさかのぼる歴史のある名前ではなく,結構近い時代の名前の様です。

Chayamae2

(ここへ行った時写真は撮らなかったので,写真はGoogleStreetViewから。)

| | コメント (0)

2021/05/02

大東園って何?

Uekiba 知人が東京大田区上池台に住んでいて,何回か知人の家へ行ってみると,そのあたり,坂が多く,散歩するのにいい具合です。上池台の商店街などは,短い区間ですが電線が地中に埋められているらしく,空が清々としています。それで何回か,知人に関係なく,単独で,あるいはカミさんと街歩きに出かけています。
 そんな時,気になったのは,「大東園前」というバス停です。ネットで検索してみても,何も出てきません。地図を見ても,大東園という施設はない様です。という事で暫く「大東園」は謎の存在だったのですが,知人の家の隣に住んでいるおじいさんに聞いて分かりました。
 「大東園」というのはこの辺りにあった植木屋さんで,その植木場はちょっとした森のようになっていて,おじいさんが子供の頃はせみ取りなどの遊び場だったとの事です。植木場は2か所あり,一つは現在の大東園前バス停の東側,現在デニーズや眼鏡店のある場所の道を挟んで向かい側の一角,もう一カ所は現在ではレッドロブスターというレストランになっている一角だったそうです。
 そのつもりになって,国土地理院で提供されている古い航空写真を見ると,その場所がまさしく森のように写っていました。まさしくそれが大東園だったのですね。
 以前,「ネット上の昔の地図」という記事を書きました。それは,某サイトで昭和10年の「模範新大東京全圖」という地図を何気なくみていたら,当時の東京郊外であったろうと思われる所に,「○○園」という名所のマーク(三つの点)のついた場所がある事に気づきいたという記事で,東北沢付近に「大山園」,下高井戸付近に「吉田園」「暁雲園」,碑文谷に「角福園」,目白に「林泉園」などがありました。そのうち下高井戸付近の「暁雲園」と碑文谷の「角福園」はいまだに何だったのかわからないのですが,案外大東園のような植木場だったのかもしれませんね。

(下の航空写真の矢印の場所が大東園の植木場らしいです。写真はクリックすると拡大します。上の矢印が,現在,レッドロブスターのある一角。下の矢印が,現在の大東園前バス停のデニーズやメガネ店の道を挟んで向かいの一角。上の写真は,現在の別の植木場の入り口で,ほんの口絵のつもりです。)

Daitoen

| | コメント (0)

2021/05/01

今日から5月

May 早いもので,今日から5月ですね。今年は季節が少し早く訪れる様です。桜の開花も早めでしたし,5月,暖かくなるのも早めでした。
 この調子で,新型コロナ禍も,早めに過ぎ去ってくれるといいのですがね。

| | コメント (0)

2021/04/30

今度は熱い紅生姜のかき揚げ蕎麦

Kakiage-kakesoba
 先日,東急駅中蕎麦の「しぶそば」で,冷たいかき揚げ蕎麦を食べたことを書きました。今度は熱いかけ蕎麦に紅生姜のかき揚げを乗せたかき揚げ蕎麦を食べました。
 多分想像できると思いますが,まあそんな味です。分厚いかき揚げ自身が紅生姜でしょっぱいのですが,かき揚げが出汁にからんで,いい感じに美味いです。出汁まで完食してしまいました。後で喉が渇きましたが,まあそれもよきかな。

| | コメント (0)

«酒場が悪者になるのは何故?