2019/12/12

5Gスマホはそんなに普及する?

5gservice ネット上に,スマホの将来トレンドについての記事がありました
 2年連続してマイナスだったスマホ市場は,2020年以降は好転するとか,ファーウェー製品の国外売り上げが落ちていくとか,様々な予測が載っている中で,「2025年には普及率67%」という事が書いてありました。
 しかしながら,「AR/VRで」ということです。AR/VRだけなら,そんなに5Gは普及するとは思えません。何か画期的な5G利用サービスができて,5Gスマホに買い替えたいと思えればいいのですがね。

| | コメント (0)

2019/12/11

「韓国好きの若者が放った純ジャパという言葉に抱いた違和感」という記事

Yayoijin ネット上で「韓国好きの若者が放った「純ジャパ」という言葉に抱いた違和感」という記事を読みました。在日コリアン3世で日本国籍を持っている執筆者の方が,韓国好きの「純ジャパ」と自らはナズ女子大生に出会った話。彼女は,記事の執筆者が大学で講演したとき,講義後に声をかけてきた女子大生とのことです。
 「純ジャパ」という言葉は聞いたことがありませんでしたが,学生言葉の一種なのでしょうか。意味は純粋な日本人ということらしい。
 ほぼ日本人だけが持っているY染色体のハプログループD1bという因子があります。これは,最近の分子人類学的研究でによるもので,近隣系統のハプログループからかなり昔,4万年以上も前に分離したらしく,これを持った人々が原日本人と言えるらしいのです。それはつまり縄文人です。近隣系統のハプログループからかなり昔,4万年以上も前に分離した系統で,お隣の韓国人にも,中国人にもこの因子を持った人はおらず,日本以外ではほんのわずか,チベットにいるだけだそうです。
 この縄文人の因子は,現代の日本人にも受け継がれており,地域によって差があるとはいえ30〜70%の人が現在でもこの因子を持っているとのことです。関西が一番少なく人口の30%程度,そこから西・南,東・北へ行くほど多くなり,沖縄・北海道で70%,アイヌの方々はほぼ100%この因子を持っているそうです。
 韓国人の知人によると,私は「純粋の日本人の顔だ」と言われるのですが,果たしてこの因子を持っているのでしょうか。
 「純ジャパ」というのがこの因子を持っている人かというと,記事の「純ジャパ」はちょっと違っているようですね。この因子を持っているというのは,アメリカで言えばネイティブアメリカンの血を引いていると言っているようなものですからね。
 この記事でいう「純ジャパ」は,むしろ弥生人っぽいということかと思います。弥生人というのは縄文時代の終わり,渡来人,つまり朝鮮半島や中国からやってきた人々の血を引いているということです。
 まあ現在では,弥生人と縄文人が混じっていて,なにが「純ジャパ」かは判然としません。
 この記事の女性も,自分では「純ジャパ」といっても,朝鮮人なり中国人の要素が必ず混じっているものと思います。
 そんなことを考えると,人種差別というのは少なくとも日本・韓国・中国の間では,ナンセンスなものだと思いますね。ヘイト演説したりネットに書き込んだりしている人も,人類学上では,かならず弥生人,つまり朝鮮人や中国人の血を引いているものと思います。
 多分ヘイトできるのは,純粋な日本人に一番近いという,アイヌの方々だけでしょう。アイヌの方々がヘイト活動をしたという話は,幸にして聞いたことがありませんwww。

(写真は「弥生人」で検索して出てきたイラスト。フリーイラスト素材サイト「いらすとや」にて。)

| | コメント (0)

2019/12/10

デジタル人民元,発行を急ぐ中国

Chinese-gen 中国がは仮想通貨「デジタル元」の導入を急いでいるという記事を読みました。実現すれば,中央銀行の発行する法定通貨では世界初となるそうです。ネット上のこの記事では,「経済大国である中国のデジタル元は,世界経済の勢力図に影響を与える可能性もある。」といっています。
 これはどうなんでしょうね。
 紙の人民元とデジタルの人民元は,基本的には同じ人民元。デジタル人民元は,国内的には便利になるだろう。
 では国際的にはどうか
  同じ人民元で,国際的な上の人民元と信用力は変わらない。マネロンなどで悪用する人は増えても,まともな利用は国際的にはそれほど拡大しないのではないか? 米国ドルが基軸通貨となっているのは,経済力はもちろん,それ以外の部分も含めて信用力があるわけです。中国はそこまでの信用力を獲得できるのか?
 全ては中国のオコナイ次第www。

| | コメント (0)

2019/12/09

三崎律日 著「奇書の世界史 歴史を動かすヤバイ書物の物語」

Book-kisyonosekaishi この本は,先日紹介した「偽史と奇書が描くトンデモ日本史」と同じようなトンデモ本だと思って購入しました。なにしろ「ヤバイ書物の物語」ですから,「偽史と奇書が描くトンデモ日本史」の世界版だと思うでしょう。ところがそうではなかったのですね。
 例えば,コペルニクスが天動説を説いた「天体の回転について」。コペルニクスの本の話から,それに発想を得たニュートンの万有引力の発見,師匠であるニュートンの理論を実際の天体に適用してハレー彗星の存在と地球に近づくことを予測したハレーにも言及しています。
 その他,私が知らなかった「ルバイヤート」という豪華本。イギリスからアメリカに運ぶ途中,タイタニック号と共に海に沈んだ本です。さらに,ソ連のロケットの父,人類初の人工衛星スプートニク1号を主導したツィオルコフスキーやドイツ→アメリカのアポロ計画の責任者であったフォン・ブラウンの子供時代,彼らにロケットへの興味をかき立てたジュール・ベルヌの「月世界旅行」などなど。
 これらの書物は,発表当時は奇書という扱いであったが,現在まで影響を与えているブレイクスルーを作った書物です。つまりそんな書物を紹介しているのがこの「奇書の世界史 歴史を動かすヤバイ書物の物語」という本です。
 トンデモ本といえば,要請に応じて系図や寺社・家の縁起を偽造していた椿井政隆の「椿井文書」の話があります。しかしこれとても,謎と真相という感じの話ではありません。椿井文書は,依頼されてその寺社や家の縁起を作っていたという話で,謎要素は微塵もありません。
 謎興味が満たされるトンデモ本に関する本ではありませんでしたが,これはこれで楽しめました。
 奇書といえば必ずピンとくる「ヴォイニッチ手稿」もしっかり扱っています。謎なのはこれくらいですね。しかしヴォイニッチ手稿に対する真相はいまだに謎ですから,謎興味はあっても,謎解きの快感は得られません。

| | コメント (0)

2019/12/08

置き配の拡大

Transport アマゾンが2020年に,日本郵便と連携して,置き配(玄関先などに荷物を置いておく)を全国的に実施していく方針を固めたそうです。
 これまでは自社の配送網のある地域に限って置き配を行ってきたということで,ウチはその地域に当たっていたらしく,これまでも度々置き配を利用してきました。
 しかし,マーケットプレースの商品は,販売店が宅配に出すので,ヤマトや佐川などを使って来ることが多く,置き配ができませんでした。ぜひ日本郵便以外の輸送会社も,置き配に参加してくれると嬉しいです。
 宅配便の受け取りというのは,結構ECのハードルになりますからね。時間指定をしても,家に一人でいる時など,1〜2時間はトイレにも入れません。

| | コメント (0)

2019/12/07

オフィステイクオー , 山崎 三郎 著 「偽史と奇書が描くトンデモ日本史」

Gishitokisyo

  著者のオフィステイクオー と山崎 三郎は,世間のトンデモ本やトンデモ物件を品評することを目的としているという,「と学会」の関係者らしいですね。今回読んだ「偽史と奇書が描くトンデモ日本史」は,超古代史,飛鳥時代から平安時代,鎌倉時代から戦国時代,安土桃山時代から江戸時代,というように,時代ごとに章分けして内容が疑わしい書物を並べ,内容と何が内容的に怪しいのかを記載しています。この手の本というと必ず対象となる「竹内文書」や「東流外三郡誌」から,「甲陽軍鑑」「真田三代記」さらに最後に付け加えられた章「まだまだある社会に影響を与えた奇書」として「サンカ社会の研究」「江戸しぐさ」「東方見聞録」のような有名書物まで言及しています。
 このブログでは,いつも本の話題としては推理小説を扱っているのですが,「辻褄の合わないところはどこか?」「真相はどうなのか?」というところは,この種の本も推理小説と類似の興味が湧きます。
 この本で扱っているような奇書の内容やUMAやオーパーツなどの話も,謎解きがないと面白くありません。ただ不思議な事象を紹介しただけでは,面白くないのです。
 推理小説と同じように,私はこの手の本が大好きです。

| | コメント (0)

2019/12/06

写真では小さく見える富士山

Fujisan2

 先日アップした夕景の富士山の朝の様子です。親戚の人が入院した病院の窓から撮ったものです。
 この富士山,肉眼で見るとずいぶん大きく見え,景色の中でまず目に飛び込んでくるのですが,写真にするとそうでもない。周りのビルの方に目がいってしまうほどです。
 こういうことって,よくあるようですね。誰だったか忘れてしまいましたが,二人の有名画家が描いた同じ山の遠景の比較をテレビでやっていました。一つは写真のように写実的に描いたもの,もう一つは周りの山はそのままに,主題の山だけを大きく描いたもの。実際,肉眼で見たときの感覚は後者,つまり主題の山だけが大きく見えるという絵の方に近いという話でした。前者は写真のように写実的に,後者は写生というより見た印象を描いたというものだったわけです。両者とも,私でも名前を知っていた画家だった記憶があります。どちらが上手いとかいうものではなく,そういう方針で描いたという事ですね。

| | コメント (0)

2019/12/05

タブレットが再び人気に?

Tablet 一時売り上げが落ち込んでいたタブレット端末。それが再び人気になってきたようです。ネット上に,「増税後タブレット端末売上が3桁成長」という記事がありました。
 タブレット端末は,キーボードとタッチペンを付けても,5万円代で買えるという値段が何よりです。多分それが1番の魅力でしょう。
 キーボードをつければ,文字入力も問題ありません。フリック入力に慣れたとはいえ,まだキーボード入力の方が早くストレスが少ないという人は多いでしょう。私もそうですが。
 スマホでできることは全てできるわけだから,一般人が個人使用するには,機能的にも問題ありません。
 一時落ち込んでいたタブレット端末ですが,キーボードでPCにすり寄って,また有卦に入るか?

| | コメント (0)

2019/12/04

東京から見た富士山の夕景

Mtfuji

 11月1日の夕方,東京品川区から見た富士山です。
 いい天気でしたからね。
 東京からの富士山,空気の澄んだ冬らしい光景です。

| | コメント (0)

2019/12/03

三津田信三の「密室の如く籠るもの」

Mituda-missitu

 三津田信三のミステリーについては,これまで7作ほど紹介しました。刀城言耶シリーズと死相学探偵シリーズの2シリーズを読んできたわけですが,今回紹介する「密室の如く籠るもの」は刀城言耶シリーズの一作です。これまで紹介してきた長編に対して,これは「首切りの如き裂くもの 」「 迷家の如き動くもの」「 隙魔の如き覗くもの 」「 密室の如き籠るもの」の四つの短編集が収録されています。
 どの作品も,刀城言耶が最初から登場するのではなく,まず登場人物が怪異に出会い,何らかの状況で途中から登場言耶が登場し,その怪異の謎を解くという構成になっています。
 各作品は,短編とはいえ或る程度の長さの作品で,中編といっていい読み応えがありました。最後の「密室の如き籠るもの」は,密室状態の蔵座敷でそこに籠もっていた女性が刺殺される事件で,刀城言耶は江戸川乱歩やディクソン・カーの密室講義を持ち出して,他の登場人物たちを辟易とさせますが,今回の密室事件がその分類のどれに当て嵌まるかを検討していく話で,推理小説ファンがニンマリするような展開となっています。
 蔵座敷にあった赤い箱の中身の意味は何か?,被害者が蔵座敷に入る時,皆が並んでいる方を振り向いて凍りついたような表情をした(まるでクリスティーの作品のように)のはなぜか?,もちろん密室の謎,等々,細かい謎から大きな謎まで,絢爛たる謎が揃っています。密室の真相は,乱歩のカテゴリー分けに収まらない,新たなカテゴリーのものでした。
 しかし,やはり中編集。どの作品もいささか真相やラストがあっけない感じで,長編のようにはいきませんでした。とはいえ,怪異を扱った推理小説として,とても面白い作品集だと思います。
 刀城言耶シリーズの短編集には,他に,2011年7月に刊行された「生霊の如き重るもの」,2019年7月に刊行された「魔偶の如き齎すもの」があります。順次これらを読んでいこうと思っています。

| | コメント (0)

«誤植の多い本