« 流行語大賞候補 | トップページ | 耐震強度不足マンション事件と小さな政府 »

2005/11/21

マンション等,耐震強度不足

 東京,神奈川,千葉などのマンション,ホテル,10棟以上のの強度が不足している問題で,構造計算書を偽造した姉歯建築設計事務所では,偽造を見つけ出せなかった方が悪いという意味のことを言っているようです。もちろん,チェックする方もザルだったわけですが,姉歯建築設計事務所のこの言い草は,盗人猛々しいとうべきものでしょう。
 強度不足で,地震の際に倒壊の恐れもあるとの事で,ほとんど殺人未遂とも言うべき犯罪ですが,上のような発言が出るということは,この設計士はかなりおかしなアブナイ人のように感じます。
 しかし,問題の建物のうち9棟が,熊本県の建設会社の施工であったり(首都圏の建物に,九州の建設会社?),7棟が東京の同じマンション販売業者の発注であったり,まだまだ裏がありそうです。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

|

« 流行語大賞候補 | トップページ | 耐震強度不足マンション事件と小さな政府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンション等,耐震強度不足:

» 殺人未遂罪の成立可能性 [元検弁護士のつぶやき]
耐震強度偽装問題において、姉歯建築士の行った行為は構造計算書の数値を意図的に操作... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 16:44

« 流行語大賞候補 | トップページ | 耐震強度不足マンション事件と小さな政府 »