« イルミネーションの季節 | トップページ | 小泉首相,民主党に大連立政権を提案 »

2005/12/11

みずほ証券により,バーチャル株式が市場に出回る

 11月8日に起きた,マザーズでのみずほ証券による人材派遣会社「ジェイコム」株大量売り注文事件(61万円で1株売りを,コンピュータ入力間違えで1円で61万株売ってしまった)は,株式の取引のバーチャル性を改めて感じてしまいますね。
 実際には1万4500株しか発行していない「ジェイコム」の株式,しかもそのうち流通しているのはわずか3000株であるにもかかわらず,61万株もの売り注文が確定し,しかも実際にはこの世に存在しないその株式を,存在するものとして扱わざるを得ない状況,正にバーチャルの世界です。大半の株式を親族が持っていたはずのジェイコムは,バーチャルな株券によって,それを買ったモルガンスタンレーや野村證券等の会社が大株主になってしまいました。この状況が許されるなら,意図的にバーチャル株式を作り出し,会社を乗っ取るなど出来るのかもしれません。
 このバーチャルな状況をどう収めるのかは,現在関係者が検討中のようですが,株というのは,つくづく実業とはかけ離れたものだと感じてしまいます。

|

« イルミネーションの季節 | トップページ | 小泉首相,民主党に大連立政権を提案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みずほ証券により,バーチャル株式が市場に出回る:

» みずほ証券のことを嘲笑している場合じゃないですよ! [話題沸騰☆税務と会計のビックリ箱〜埼玉県川越市の大林税務会計事務所です!]
みずほ証券損害最悪1000億円 みずほ証券によるジェイコム株の大量誤発注問題で、同証券の損害は300億円を超えるのが確実な情勢で、最悪の場合1000億円に迫る可能性もある。単純ミスで市場の大混乱と自社への損害を出した担当者に対しては「通常のミスなら....... [続きを読む]

受信: 2005/12/11 11:18

« イルミネーションの季節 | トップページ | 小泉首相,民主党に大連立政権を提案 »