« 現代の東京路地裏の風景 | トップページ | 京都市,新景観条例可決 »

2007/03/26

薬漬け日本のタミフル

 厚生労働省が,これまでタミフルとその服用後の異常行動とは因果関係がないと言ってきたのがトーンダウンして,「因果関係はこれから調べていくが,10代は服用しない方が好ましい」と発表しました。
 タミフルというのは,生産量の8割を日本で消費しているとのことです。ということは,おそらく,海外の慣例では服用の必要ないレベルの人にまで,タミフルが処方されていたということですね。薬漬け日本の姿が見えてきます。これにはびっくりしました。
 われわれ患者側も,「1週間,水分を取って寝てればいいよ」という医師よりたくさん薬を出す医師をありがたがる風潮を改めなければならないんでしょうね。医療行政を追及すると同時に,われわれの意識も改めなければなりません。

|

« 現代の東京路地裏の風景 | トップページ | 京都市,新景観条例可決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬漬け日本のタミフル:

« 現代の東京路地裏の風景 | トップページ | 京都市,新景観条例可決 »