« コメダ珈琲店は今日も満員 | トップページ | 「空き交番」ゼロに »

2007/05/02

日比谷三信ビル,解体始まる

Sanshinbiru 以前このBlogにも書いたことのある,日比谷三信ビルの解体が,ついに5月1日から始まりました。
 1929年竣工,設計者は松井貫太郎という人で,日本建築家協会がこのビルの取り壊しに反対し,保存を要望する要望書を出したり,「三信ビル保存プロジェクト」という団体がインターネットを通じて保存活動への協力を呼びかけたり(2284人の署名が集まったそうです),保存運動が行われていましたが,ついに解体されてしまいます。

|

« コメダ珈琲店は今日も満員 | トップページ | 「空き交番」ゼロに »

コメント

先日TVニュースで「日比谷にスケートリンク」というニュースを見て驚きました。リンクの背景に東宝ツインタワービルが見えているではありませんか。その場所はまさに日比谷三信ビルがあった場所、「なんで・・?」狐につままれた感がありました。私は大学生時代の約3年間1Fのアーケードにあった「サンエス商会」という事務器屋さんでバイトをしていました。昭和45年ごろからだったと思います。授業のないときはほとんどこの店で働いていました。隣は「NEW WORLD SERVICE」という喫茶店で、時々この店でコーヒーとホットドッグを食べるのが、唯一の贅沢でした。地下にあった床屋さんで散髪したのも今となっては懐かしい思い出です。今から12.3年前,久しぶりに「サンエス商会」を訪ねると、当時の社長の奥様が一人ひっそりと店番をしていらっしゃいました。数年前社長は亡くなられ、間もなくこの店も閉店予定とのことでした。その後、もう一度訪ねたときは、もうシャッターが閉められていて、寂しい思いで帰ったのを覚えています。現在は郷里の岡山で暮らしていますので、三信ビルが解体されていたなんてまったく知りませんでした。まさかあの美しい建物がもうないなんて、あまりに寂しすぎます。大学では建築を専攻していましたので、曲線を生かしたレトロなデザインの三信ビルに通えることが、何故かしら楽しみでもあったように思います。このコメントを書きながらも、こみ上げてくる感情を抑え切れない思いです。「さようなら三信ビル!ありがとう三信ビル!」

投稿: 藤井敏明 | 2008/12/22 19:23

 藤井さん,コメントありがとうございました。
 昨日,久しぶりに三信ビルの前をバスで通りました。分かっているものの,全くの空き地になっているのをみて,ちょっとショックでした。

投稿: Alice堂 | 2008/12/22 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷三信ビル,解体始まる:

« コメダ珈琲店は今日も満員 | トップページ | 「空き交番」ゼロに »