« iPhoneをさわってみたいけど・・・ | トップページ | 歴史的大勝から歴史的大敗へ »

2007/07/29

プラナリアは採れたのか・・・?

Doushi 先週の海ホタル採りに続いて,下の娘が,今週はプラナリアをとりに行くと言い出しました。プラナリアは,ウズムシとも呼ばれるヒルに似た小さな生き物ですが,ヒルと違って目があり耳があり,愛嬌のある顔をしています。海にもいるらしいのですが,川で生息しているのが普通のようです。体を切っても再生し,再生の研究に用いられることで有名です。また,きれいな谷川にしか住めないことから,水質に関する指標生物といわれています。娘はこのプラナリアを,学校で飼うのだといいます。
 きれいな川の石の下にいるというので,何回か行ったことのある山梨県道志村の道志川に行きました。仕掛けは,ペットボトルの口の部分を切り取り,ビニール袋の口を絞ってそれに輪ゴムで取り付けたものです。その中にはレバーを入れます。それを川の流れの中に仕掛けておくと共に,石をひっくり返してプラナリアがいないか探しました。
 で,結局,2時間で収穫はゼロ。残念ならがプラナリアは採れませんでした。しかし,30度を超える暑さの中,冷たい水に脚をつけ,涼しい川風を浴びるというのは,暑い日にもってこいのお仕事でした。

|

« iPhoneをさわってみたいけど・・・ | トップページ | 歴史的大勝から歴史的大敗へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラナリアは採れたのか・・・?:

« iPhoneをさわってみたいけど・・・ | トップページ | 歴史的大勝から歴史的大敗へ »