« 不便な川崎駅前のバスターミナル | トップページ | さらに広がる中国産冷凍食品被害 »

2008/02/01

Co-opの冷凍餃子で食中毒

Gyoza 生協で購入した中国産冷凍餃子を食べて,千葉県市川市で親子5人,同じ千葉県千葉市で親子2人,別の餃子製品を食べて兵庫県高砂市の親子3人が食中毒になっていたことが分かりましたが,一昨日,昨日と,大きく報道された後,同様の嘔吐,下痢の症状を訴えた人が続々と現れ,一説によると400人を超えているということです。餃子は千葉県の物が「CO-OP冷凍食品 手作り餃子」という製品で,兵庫県のものが「手包みひとくち餃子」という製品。いずれも東京都品川区のジェイティフーズが中国から輸入したものだとの事。いずれの餃子かも「メタミドホス」という有機リン系の農薬が見つかっています。
 生協で販売されている製品は,普通のスーパーで売られている商品よりも安全という認識が私にはあったんですがね・・・。それにしても,また中国製か・・・。
 北京五輪に出場する欧米のチームは,中国に近く,設備の整った日本で事前調整するチームが多く,ヨーロッパの某国チームなどは試合直前まで日本に居るということですが,それには食材への不安があるからといいます。特にドーピングを疑われる薬物が食品に入っていることを恐れているらしいですが,中国当局も国の威信をかけて,問題に取り組んで欲しいです。

|

« 不便な川崎駅前のバスターミナル | トップページ | さらに広がる中国産冷凍食品被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Co-opの冷凍餃子で食中毒:

« 不便な川崎駅前のバスターミナル | トップページ | さらに広がる中国産冷凍食品被害 »