« 小田原の「塩辛せんべい」 | トップページ | 伊豆城ヶ崎海岸 »

2008/04/13

ローソンの「稲庭饂飩」に産地が反発

Inaniwa 大手コンビニエンスストア「ローソン」の子会社が運営する100円ショップの「稲庭平打饂飩」に対して,秋田県稲庭うどん協同組合が「品質が悪くブランドイメージが落ちる」と反発しているとの事です。ローソン側製造業者も「本来の稲庭うどんより味が落ちる」と認めているものの,ローソンは「稲庭うどんは商標化されておらず,法的に問題ない」と反論しています。
 このような問題は時々起きますね。法律的にどうこうという前に,その名称を聞いて大多数の消費者がイメージするものとその商品が違っているのならば,販売者のモラル,品位としてそんな名前を付けるべきではないと思います。法律的に許される範囲でも,消費者を混乱させるような行動はいけません。

|

« 小田原の「塩辛せんべい」 | トップページ | 伊豆城ヶ崎海岸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローソンの「稲庭饂飩」に産地が反発:

« 小田原の「塩辛せんべい」 | トップページ | 伊豆城ヶ崎海岸 »