« 衣笠山公園の桜 | トップページ | カー用品店で売っていないNV-U2 »

2008/04/08

「ういろう」の「ういろう」

Uiro_3 先日,小田原城址に観桜に行ってきた話をアップしましたが,小田原の名物といえば「かまぼこ」くらいしか知りませんでした。ところがカミさんは,小田原といえば「ういろう」の発祥の地で,ぜひ買って帰らねばならぬといいます。
 「ういろう」というのは名古屋の名物だとばかり思っていました。親戚が愛知県岡崎市にいて,昔からお土産に名古屋の「青柳ういろう」をよくもらっていたので,そう思っていたのです。ところが調べてみると,「ういろう」は,小田原の薬屋である外郎(ういろう)家が来客用の菓子として作ったのが最初で,明治以降に薬と共に販売されるようになったことで全国に広まったものだと分かりました。
 小田原市内の国道1号線沿いに,今でも「ういろう」という店があり,そこで「ういろう」を売っています。まるで小田原城天守閣のような構えの和菓子の店ですが,なんと店の片隅では今でも薬を売っていました。
 このういろう,白・抹茶・あづき・黒・栗の5種類あります。食べてみると,私が食べなれた名古屋の青柳ういろうよりも堅く弾力があります。青柳ういろうが柔らかく上品でお使い物に最適なのに対して,小田原のういろうは腰があって素朴,ずっと歯ごたえがあり,ちょっと病み付きになりそうです。とても気に入りました。

Uiro2

|

« 衣笠山公園の桜 | トップページ | カー用品店で売っていないNV-U2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ういろう」の「ういろう」:

« 衣笠山公園の桜 | トップページ | カー用品店で売っていないNV-U2 »