« 使い捨てデジカメ登場 | トップページ | 東京都下の道の駅「八王子滝山」 »

2008/07/22

滝山城址へ行きました

Takiyama_3 東京都八王子市の滝山城址へ行きました。
 滝山城は,武蔵国の守護代大石定重が築城し,その後小田原の北条氏の一族である北条氏照が娘婿として城に入り,事実上北条氏の城として機能していました。氏照は城を大改造,難攻不落の城と豪語していました。時は戦国時代,甲斐の武田信玄の軍に攻められ,追い払ったものの,落城寸前まで行ったのにショックを受けた氏照は,この城を捨ててやがて八王子城を築きます。現在の八王子市の名前の起源となった名城です。しかし,豊臣秀吉が北条氏の本拠地,小田原城を攻めてこれを攻略。北条氏は滅び八王子城も落城します。
 と言うわけで,北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされますが,滝山城に落城の歴史はありません。現在では東京都立の公園となっています。
 暑い夏でも林の中は結構涼しく,散歩にはもってこいです。八王子駅からバスで15分,車なら中央高速道八王子インターチェンジから5分もかからない場所ですが,辺りはすっかり田舎田舎していました。交通の便も比較的いい場所で,ちょっとしたハイキングでした。

 写真は上から,①本丸跡,②本丸を囲む堀を渡る引き橋,③引き橋を堀の中から見た様子,④本丸の裏手から見た多摩川(八王子駅方向から行ったのでは分かりませんが,この城が多摩川を望む崖の上にあることがわかります。),⑤空堀の跡。

|

« 使い捨てデジカメ登場 | トップページ | 東京都下の道の駅「八王子滝山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝山城址へ行きました:

« 使い捨てデジカメ登場 | トップページ | 東京都下の道の駅「八王子滝山」 »