« お盆の法要を行いました | トップページ | ネット上の広告って効果あるんですか? »

2008/07/15

副都心線開通から1ヶ月

Shibuya_sta 6月14日に開通した東京メトロ副都心線が開業して1ヶ月がたちましたが,この1ヶ月の間に2500件余りの苦情が寄せられたとか。
 なにしろ,開業当初は遅れが慢性化していましたからね。それに駅の表示が分かりにくいという事もあったようです。駅表示については,小竹向原駅の行き先がわかりにくいというのが代表的なもので,私も副都心線の車内で,乗客が「分かりにくい」と話しているのを聞いた事があります。これは改善されたようですが,渋谷駅も十分不親切だと思います。現在,ちょっと離れた2つのホームを使って運用されていますが,その2つのホームのどちらの列車が先に発車するのかがわかりません。2つのホームの各々に表示器があって,その両方を眺めなければどちらに乗るべきかわからないのです。そのホームは,将来東横線が乗り入れたときに使用する中央の2線を跨いで作られている広い広いホームのこっち側とあっち側ですから,両方を見比べてどちらが先に発車するか見ようとしても,こっちのホームからあっちのホームへ広い広いホームを横断しなければなりません。これはぜひ両方のホームの状況を総合的に1つの表示板で見られるようにして欲しいと思います。
 渋谷駅は本来ターミナルではなく,東横線が乗り入れた際は途中駅となるので,ターミナル的な表示がないのでしょうが,あと4年間はターミナルとして使われるのですから,何とか改善してもらいたいと思います。

(写真は副都心線渋谷駅。一部を残して中2線がホームの下に埋め込まれているため,かなり広いホームとなっている。現在,その広いホームの両端を使っている。)

|

« お盆の法要を行いました | トップページ | ネット上の広告って効果あるんですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線開通から1ヶ月:

« お盆の法要を行いました | トップページ | ネット上の広告って効果あるんですか? »