« グリーンニューディール | トップページ | Google Street Viewとプライバシー侵害 »

2009/01/29

浴槽に亀裂が・・・

Bath 我が家の風呂の浴槽に亀裂が入りました。
 いつものように浴槽に給湯して,30分ほど経っても湯がたまらず,おかしいおかしいと思ってよく見たら,なんと浴槽の横壁に1m近い亀裂が入っていました。どうもこの亀裂から湯が漏れて,浴槽に溜まらなかったようです。この浴槽,10年以上使っていましたが,実家の風呂は同じような樹脂の人工大理石浴槽で40年以上たっても何ともありません。特に衝撃を与えた記憶もなく,10年程度で亀裂が入るというのは解せません。亀裂の状況を見ると,亀裂の左端は,浴槽の角近くがくるりと下側に曲がっていて,なんとなく成型時の樹脂の流れに沿って割れているような気がします。もしそうなら,製造時の問題という事になるのでしょうが,もう10年以上も使っていれば,無償で取替えというわけにはいかないでしょう。
 その日は寒い思いをして,入浴はシャワーだけで過ごし,不況でボーナスも少ない折に,出費の事も考えて暗い気持ちになっていました。
 翌朝,住宅メーカーに電話して事情を話したら,その日のうちにユニットバスメーカーの方を連れてメインテナンス担当の方が来てくれました。住宅メーカーの方は亀裂の大きさにびっくりして写真を撮っていましたが,ユニットバスメーカーの方は一目見るなり,「これは製造時の樹脂の流れがうまくいかなかったための亀裂で,無償で取り替えます」と言ってくれて,これには驚きました。ごく稀にこのような事が起こるらという事です。普通,浴槽はほとんど一生物でしょうが,10年も経っている浴槽が無償取替えになるとは思いませんでした。私も機械メーカーに勤務していますが,「やっぱり金持ちのメーカーは違うな」と思ってしまいました(笑)。
 とりあえず亀裂部分にアルミテープを貼ってもらい,その夜からは浴槽に浸かる事が出来て,いまさらながら入浴のありがたさを実感しました。費用の事を考えて暗くなっていた気持ちも,無償と聞いて一転気持ちが明るくなり,そんな状況での入浴はまた格別でした(笑)。

(写真は亀裂にアルミテープを貼った浴槽。湯がはってあるので見えにくいですが・・・)

|

« グリーンニューディール | トップページ | Google Street Viewとプライバシー侵害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浴槽に亀裂が・・・:

« グリーンニューディール | トップページ | Google Street Viewとプライバシー侵害 »