« 「吉田園」その後 | トップページ | 善光寺仲見世の「丸清」で食事 »

2009/05/31

善光寺の御開帳

Onbashira 親戚の法事で長野へ行きました。折から長野市の善光寺では,7年に一度の前立本尊(まえだちほんぞん)の御開帳が行われていました。そもそも善光寺の本尊は秘仏となっており(秘仏にするというのは,もうその時点でかなり仏様が像としてぼろぼろになっていて,公開に耐えない場合が多いそうですね),何人たりとも見ることができません。その代わりに,7年に一度,本尊を模した,本尊の分身である前立本尊を公開するのです。また,本堂の前に高い白木の柱が立てられ,前立本尊と紐で結ばれます。その柱は御柱(おんばしら)と呼ばれ,それに触れば本尊に触ったのと同じご利益があるといわれています。
 今回の御開帳の人出はこれまでにはなかった程多く,前立本尊参詣と御柱に触るために,数時間は行列に並ばなければならないという騒ぎでした。不況の年は寺社への参詣が増えると言われますが,正にそんな現象が起こったようです。普段は禁止されている重要文化財の山門への登楼も行われていました(以前ここへ登楼した時の記事をこのブログに書きました)。
 結局私は,本堂にお参りしただけで,前立ち本尊参詣も御柱に触ることも止めにしました。

(写真は,国宝の善光寺本堂とその前に立っている御柱。本堂内の前立本尊と結んでいる紐もちょっと写っているのですが,分かるでしょうか?)

|

« 「吉田園」その後 | トップページ | 善光寺仲見世の「丸清」で食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺の御開帳:

« 「吉田園」その後 | トップページ | 善光寺仲見世の「丸清」で食事 »