« 茶漬け「えん」の「冷や汁」 | トップページ | 「どんぶり子」のわがまま「二色丼」 »

2009/09/24

TBCダイナーのステーキにA1ソースをかけて

Tbcdiner 今日の昼食は,川崎ラゾーナのTBCダイナーで。
 先日はパンケーキでしたが,今日はステーキ。堅くもなく,柔らかすぎもせず,ほどよいアメリカ風でした。ステーキと共に,タバスコ,キッコーマン醤油,それにA1ソースというのが出てきます。瓶の表示を見たら,原産国はイギリス,原料は野菜とくだもの,それに醸造酢。試しにステーキに少したらして食べてみると,無防備の一口目では,酢の強さにむせそうになりました。口の中で酢が気化して,それでむせそうになります。でも,二口目に用心して食べてみると,普通のソースのように甘すぎず,結構いける。これはちょっと癖になりそうです。ステーキも付け合わせのフライドポテトも,全部このA1ソースでいただきました。
A1_2 後で友人にA1ソースの事を話したのですが,沖縄では,自宅でも街のステーキハウスでも,安めのステーキといったらA1ソースをぶっかけて食べるのが普通だそうです。酸っぱくて,味が濃くて,彼の地でも結構嫌いな人がいるとか。「珍しい初めのうちはいいかもしれないけどな」というのが友人の意見でした。そういわれてみると,どんな食べ物でも,このソースをかけるとA1ソース味になるという感じで,素材の味を楽しもうなどという繊細さがお好みの方には不向きかもしれません。
 原産国がイギリスというのがよくわかりませんが,ステーキにA1ソースというのがアメリカ文化なんですかね? 確かに,TBCダイナーのステーキは,決して高くなかったな・・・。

|

« 茶漬け「えん」の「冷や汁」 | トップページ | 「どんぶり子」のわがまま「二色丼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBCダイナーのステーキにA1ソースをかけて:

« 茶漬け「えん」の「冷や汁」 | トップページ | 「どんぶり子」のわがまま「二色丼」 »