« 奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場にて | トップページ | 奥武蔵グリーンラインをドライブ(2)~関八州見晴台 »

2013/10/11

奥武蔵グリーンラインをドライブ(1)~まずは顔振峠まで

Koburi_sumit

Koburi_sumit1Koburi_sumit2 平日の休日を利用して,西武秩父線に沿った奥武蔵の山々にドライブに行きました。いわゆる,「奥武蔵グリーンライン」という西武秩父線あるいは国道299号線に沿って尾根を通る林道のドライブです。
 例によって,横浜の我が家から副都心線−西武線直通の東横線特急飯能行きに乗って,乗換もなく入間市に着きました。ここでTimesPlusのカーシェアリングを利用して,秩父方面に向かいます。入間市のステーションは,秩父方面で最も西にあるTimesPlusのステーションです。飯能市とか日高市にステーションがあれば,こちら方面に行くには便利なんですがね。
 カーナビの設定はとりあえず「顔振峠(こうぶりとうげ)」としました。はじめ国道299号線を走り,吾野駅の手前で山に分け入ります。国道からそれると,1車線かせいぜい1.5車線の狭い山道になります。それでも舗装道路ですし,この時期の平日は車も人もバイクもまずいないので,曲がりくねった狭い道路でも,運転は比較的楽です。
 顔振峠は,平安時代,源義経が京から奥州へ逃れる際,あまりの絶景に何度も振り返ったためとも,その際に武蔵坊弁慶があまりの急坂に顔を振りながら登った事から名付けられたともいわれているそうです。
 顔振峠の峠の茶屋で,揚げ餅を食べました。餅を素揚げして塩をふりかけただけの素朴なものでしたが,真っ白な揚げ餅が上品そうに見えるのと,塩味だけの味付けがとてもおいしい。この茶店の駐車場から,南方向(多分吾野方面)の山々が眺められ,なかなかの絶景でした。
 顔振峠から関八州見晴らし台を目指して車を進めます。それはまた明日。

(写真は上から,顔振峠の茶店の駐車場から見た景色,道標,さらにもう一つ駐車場からの景色。こちらは雲を中心に。)

|

« 奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場にて | トップページ | 奥武蔵グリーンラインをドライブ(2)~関八州見晴台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥武蔵グリーンラインをドライブ(1)~まずは顔振峠まで:

« 奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場にて | トップページ | 奥武蔵グリーンラインをドライブ(2)~関八州見晴台 »