« 牡蠣の季節 | トップページ | 奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場にて »

2013/10/09

東京檜原村「払沢の滝」

Hossawa0

Hossawa2Hossawa1

 奥多摩の檜原村にある払沢の滝に行ってきました。これは「ほっさわのたき」と読みます。檜原村は「村」ですが,れっきとした東京都内にあります。
 立川から青梅線に乗って,拝島まで行きました。拝島から先は,会員になっている駅近くのカーシェアリング,TimesPlusの車を借りて払沢の滝村営駐車場まで45分程の行程でした。
 都内の滝なんて小さなものかと思ったのですが,最近雨が降ったせいか水量が多く,滝壺のすぐ近くで滝を眺めるとなかなか迫力がありました。本来は4段,高さ60mの滝らしいのですが,滝壺付近からは26m程の最後の1段と,かすかに木々の間にその上の段の一部が見えるだけです。上段の滝を見るには,完全装備で崖登りをしなくてはならない様で,ハイキング気分の人は見る事ができません。ネット上にはこの上段の滝の写真を載せたサイトがあり(HP作成者の方,どうもありがとうございます),それを見ると各段の滝それぞれが滝壺を持っていて,むしろ4つの独立した滝が連続しているという雰囲気の様ですね。
 この滝へ行くには,通常JR五日市線の終点,五日市駅からバスに乗って払沢の滝入口で降ります。そのルートで行こうとして調べたところ,このバスが1〜2時間に1本程度しかなかったので,いつもは家の近くで車を借りているTimesPlusのお世話になったわけです。このところ,電車で最寄りの街へ行って,駅前でTimesPlusの車を借りて目的地へ行くというピクニックが常態化していて,なかなか便利です。この方法では,都内や近郊のつまらない渋滞に嵌る事もありません。
 帰りは奥多摩周遊道路を通って,小河内ダムから青梅線沿いに拝島まで帰ってきました。東京都内とは思えない山間のドライブは,なかなか気持ちいいものでした。猿がたくさんいる場所も通りました(都民の猿ですね)。山道とはいえ東京都が管理しているので,道路工事の看板にも,都心で見かける「東京都建設局」の表示があったり,駐在所は「警視庁○○駐在所」だったり(都心では「駐在所」は余り見かけません。目黒で「長者丸駐在所」というのを見かけた事がある),青梅市内では都営バスが走っていたりするのに,違和感ありまくりでした。

(一番上の,滝の写真をクリックすると動画が現れます。三番目の写真は,払沢の滝からの水ですが,この清冽さはどうでしょう。)

|

« 牡蠣の季節 | トップページ | 奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京檜原村「払沢の滝」:

« 牡蠣の季節 | トップページ | 奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場にて »