« 飯田から駒ヶ根へ | トップページ | 根津美術館へ »

2014/12/02

「花の里いいじま」と光前寺

IijimaKouzenji さて,一昨日から書いている長野県飯田への小旅行,昨日書いた駒ヶ根への途中,道の駅と寺に寄りました。
 飯島町にある道の駅「花の里いいじま」,その隣にある和菓子・洋菓子の店が「信州さとの菓工房」です。私はてっきり道の駅の一部門かと思っていたら,隣接した店だったようです。
 ここはイートインが併設され,季節がら栗を使った和菓子・洋菓子がいただけます。栗のモンブランなどはかなり大きく,それだけで昼食になります。
 次に向かったのが光前寺という天台宗のお寺です。ここには霊犬早太郎の伝説があります。今から680年ほど前,この寺で飼われていた山犬の早太郎が,遠州府中に現れた怪物(老ヒヒ)を退治する伝説です。この寺には,早太郎の墓もあります。
 広い寺ですが山寺という鄙びた感じがする寺で,大変いい雰囲気でした。参道の両側の石垣の隙間に,ヒカリゴケが自生しており,11月から張るまでの間,枯れてしまってヒカリゴケが見られない旨立て札が立っていましたが,いくつかの岩の隙間にきらきら緑に光るヒカリゴケを見ることができました。

(最初の写真は「いいじま」のケーキですが,奥の方の黄色く盛り上がっているのがモンブラン。次の写真は光前寺の参道。奥は本堂ではなくて山門です。本堂はそこから階段を上がった丘の上にあります。参道の両側の石垣の割れ目に,ヒカリゴケが自生しています。)

|

« 飯田から駒ヶ根へ | トップページ | 根津美術館へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「花の里いいじま」と光前寺:

« 飯田から駒ヶ根へ | トップページ | 根津美術館へ »