« 「病気になった=>過去に悪いことをしたから」という発想の危険 | トップページ | 八重桜 »

2015/04/19

世界の音楽ソフト販売で,ネットによるデジタル販売がCDやレコーの売上高を初めて上回った

Cd 世界の音楽ソフト販売で,インターネットなどを通じたデジタル販売がCDやレコードなどの売上高を2014年に初めて通年で上回ったことが分かったという報道がありました。
 自分自身の行動からいえば,もうとっくに楽曲のCD販売とネット販売は逆転しているだろうと思っていました。ここ数年,CDは買ったことがなく,曲は全てiTunesなりからネット経由で購入していたからです。
 しかしこれは金額ベースの話ですね。曲ベースでは多分CDの方が販売曲数は多いはずです。CDには,(こういう言い方をするのも何ですが)いらない曲の方がたくさん入っているからです。CDでは,その中の1曲だけ欲しくても,アルバムの全曲,10曲くらいを購入するしかないのです。ネット配信では,欲しい曲を1曲だけ購入できますけれどもね。
 そんなCD全曲を考えれば,1曲250円ほどの曲単価ではCDの方が安い場合が多いと思います。したがって,金額ベースではネット配信の方が多くても,曲数ベースではCDなりの方が多いと考えます。
 最近流行ってきた,というかアメリカでは主流になりつつあるというストリーミング販売,月額10ドル程度で聞き放題というサービス,これから日本でも流行っていくんでしょうが,多分私にとっては通常のダウンロード型のネット配信よりも割高になるでしょう。私はひと月に3曲ぐらいしか買わないからです。月3曲をiTunesから購入すると250円×3=750円。それでずっと聞き放題(何しろiPodなりiPhoneなりにダウンロードしているのだから)。それがストリーム配信では月10ドル=1000円強かかる。
 皆さん,ひと月にそんなに新しい曲を買うのでしょうか。もちろん世代にもよりますが,少なくともストリーミングは,おじさん,おばさんの敵なのではないのかと思いますwww。

|

« 「病気になった=>過去に悪いことをしたから」という発想の危険 | トップページ | 八重桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の音楽ソフト販売で,ネットによるデジタル販売がCDやレコーの売上高を初めて上回った:

« 「病気になった=>過去に悪いことをしたから」という発想の危険 | トップページ | 八重桜 »