« 道東への家族旅行1(美幌峠から阿寒湖へ) | トップページ | 道東への家族旅行3(小清水原生花園から網走へ) »

2015/09/10

道東への家族旅行2(阿寒湖から知床へ)

MashukoKaminokoikeKouka_mokudo_2Siretokogoko_1ShimarisuKanko_senSiretoko_fall_2Asayake_to_tsuribune さて,道東旅行二日目は,阿寒湖から知床半島に向かいます。
 その途中,摩周湖第一展望台へ寄りました。摩周湖の自然の中に佇む姿はやはり神秘的でした。ここでもジャガイモ餅を食べて,売店の裏でリスの写真を撮り,すこし散歩しました。散歩といっても湖畔を周回できるわけではなく,カルデラ湖である摩周湖の外輪丘(カルデラ)に沿って,ほんの数十メートル歩けるだけです。摩周湖にはもう一つ第三展望台があり,徒歩で行けるらしいのですが,今回はやめにしました。ところで第二展望台はというと,第一と第三の間にあって,現在は閉鎖されているそうです。このほかに裏摩周展望台というのが湖の反対側にあるのですが,ここへ行くには車で大回りしなければならず,今回は行きませんでした。
 摩周湖を出て,神の子池という小さな池に寄りました。寄りましたというより,摩周湖第一展望台を出て阿寒湖へ向かう途中,清里町付近で脇へそれて寄ったという事になります。青い池という事で,昨年の富良野旅行の青い池のようなところと想像していましたが,正にそのとおりでした。規模は富良野の方が大きく,池の青い部分も富良野の方が見事でした。それでも,森の中にひっそり佇む小さな池は神秘的でした。年間を通じて水温が低く,水中に倒れた木々が腐らずにそのままの形で残っているそうです。この池の水は,摩周湖からの伏流水とも周囲の山々に降った雨の伏流水とも言われているようです。
さて,今日の宿泊は知床北岸の宇土路ですが,知床では知床五湖のハイキングと観光船による海からの知床見物を行います。
 知床五湖は知床半島北側の観光地。斜里町の湿地帯にある湖というより池という規模の5つの湖です。
 5つの湖全てを回ると1時間半ほどの工程になります。原生林の中の湖ですが,歩道が整備されています。しかし周りはヒグマの生息地なので,ヒグマに出会うこともあり,ヒグマが出ると閉鎖されます。一方,その一部,往復1.6kmの歩道は,高架の木道になっており,かつて開拓が行われて原生林が切り払われ,今では熊笹に覆われた笹原となっている範囲のみを歩いて第一の池へ行って帰ってくるコースです。高架木道の両側には電気柵が設けられ,熊よけになっています。
 5湖全てを回りたいという気持ちもあったのですが,今回はこの木道だけ,30分程度の散歩になりました。それでも,知床連山を望みながら熊笹の草原を行くのが気持ちよく,格好のハイキングになりました。
 五湖めぐりを手軽に終えたので,観光船に乗る時刻まで空き時間ができ,宇土路市街の道の駅でお土産などを買い込みました。
 さて観光船おーろらは,本日は波が高く全工程を消化せずに途中で引き返してくるという事でした。知床半島は世界遺産に指定され,道路なども縦横に通っているわけでもなく,歩道も限られているようです。したがって,通常の観光は船から陸を見るという事になります。知床半島北側に沿って進む観光船から,崖の奇岩や滝などを見学しました。今年は知床の世界遺産指定10周年にあたり,記念サンセットクルーズということで,夕日を眺めながらのクルーズになる予定でしたが,転記が悪く,また途中から引き返したため,太陽は雲に隠れ,周辺の夕焼けを眺めただけでした。それでもオホーツク海の夕焼けは美しく,見ごたえがありました。
 この後ホテルに入りました。その夜,ホテルの従業員による知床半島の自然についてレクチャーがありましたが,知床半島の突端や船から眺める滝へ徒歩で陸から向かうには,崖をよじ登り,道なき道を歩き,なかなかの難行になるようです。そのとき撮った写真をスクリーンに写しながらのレクチャーは,とても面白かったです。
 知床をめぐるの車中から,蝦夷鹿の親子を何回か見ました。ヒグマも見ました。
鹿は,このホテルでの夕食で,鹿肉のジンギスカンを食べました。ブッフェ形式の夕食でしたが,燃料つきのジンギスカン鍋を自分で持ってきて,生鹿肉,生羊肉,生野菜を自由にとり,ジンギスカンにして食します。鹿肉はとてもやわらかく,臭みも無く,とてもおいしかったです。これならば牛肉より好きなくらいです。
さてここでも温泉三昧。朝も4時に目が覚めてしまい(なにしろ日中の疲れからか前夜10時には寝てしまったので),早速温泉に入りました。窓からは宇土呂港が一望できました。昨日乗った観光船が着岸しています。そして明かりを点けた釣り船が列を成して出向していきます。その活気のある様は,なかなか見ものでした。

さて3日目は,網走に向かいます。

(写真は上から,摩周湖,神の子池,知床五湖の高架木道,その木道の終点知床五湖の第一の池,時間は前後しますが摩周湖の売店を訪れるシマリス,知床観光船おーろら号,おーろら号から見た知床の断崖と滝,知床宇土路のホテルの部屋から見た朝焼けと出航していく釣り船。)

|

« 道東への家族旅行1(美幌峠から阿寒湖へ) | トップページ | 道東への家族旅行3(小清水原生花園から網走へ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東への家族旅行2(阿寒湖から知床へ):

« 道東への家族旅行1(美幌峠から阿寒湖へ) | トップページ | 道東への家族旅行3(小清水原生花園から網走へ) »