« 河野 裕「つれづれ,北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先」 | トップページ | ラリック美術館でのランチ »

2015/11/04

箱根へいってきました

Glass_museum1

Glass_museum2Glass_museum3Rakan1Rakan2 ハローウィンの翌日,ドライブがてら箱根へ行ってきました。
 横浜の自宅から2時間ほどで小田原へ,そこから箱根山へ登り,普段は通らない芦ノ湖スカイラインを経由して湖尻,仙石原へ。仙石原のガラスの森美術館とラリック美術館,ラリック美術館で食事をした後,近くの五百羅漢のある長安寺を見物して,御殿場インターから東名高速道路で帰ってきました。
 箱根スカイラインは芦ノ湖西岸の上方,外輪山の尾根を通る快適な道路ですが,道の両側に植物が生い茂り,一部の展望台(駐車場)以外では眺望はよくありません。今回ここを通ったのは,単にナビの指示に従ったからです。ナビではいくつかのルートが選択できますが,箱根神社などがあるいつもの芦ノ湖東岸沿いの道がまったく出てこないので,大涌谷噴火の関係かと思ってしまいました。後で検索したら,噴火のために通行止めになっているのは,大涌谷に至るごく一部の道路だけで,東岸の道は通行止めになっていません。単に最短時間,最短距離を選んだということだったのでしょう。じっさい,芦ノ湖スカイラインのドライブは,信号も皆無で快適でした。
仙石原のガラスの森美術館では,香水瓶の特別展示中で,新聞やテレビ放送で見知った香水瓶の現物を見ることができました。おりしもクリスマスへ向かう時期,庭園にはガラスのしずく状の飾りをたくさんつけたクリスマスツリーやトンネルが飾られており,それが照明や太陽の光にきらきら光って,とても美しい。さらに,ベネチアからやってきたクリスタル・トリオ・アンサンブルによるグラス・ハープ,ベロフォーン,グラス・パンフルートの生演奏を見る事ができました。15分程度の演奏でしたが,思ったよりもしっかりした音程と音色で,堪能しました。
 このガラスの森美術館の庭園からは,遠く大涌谷が望めます。もちろん谷自身は山に囲まれて見えませんが,噴煙が真正面に見えます。またロープウェイの走行が見えました。現在ロープウェイは大涌谷の噴火の影響で,姥子と桃源台の間,一駅間しか営業していないと思いますが,機構構造上,大涌谷を渡る部分も走らざるを得ないものと思います。
 さてそこからラリック美術館へ。ラリック美術館は以前見学したことがあり,今回は食事のためだけに寄りました。
 ラリック美術館には,オリエント急行に使われた客車が展示されており,中で食事もできると思っていたのですが,デザート的なスイーツと飲み物だけという事で,外観を見るだけにしました。
 ラリック美術館でランチをいただき,そこから5分ほど,仙石原交差点にある長安寺へ。ここは紅葉の名所ですが,この時期,まだ木々は青々としており,紅葉は始まっていなかったのが残念でした。それほど広い境内ではありませんが,様々な顔つきとポーズの五百羅漢が点在していて,それらをめぐる散歩も楽しいものでした。
 さて帰りは,仙石原から御殿場へ出ます。そのつづれ折れの道路のそこここで,シルエットになった富士山が眺められました。御殿場の町とその上空の靄の上にシルエットで浮かんだ富士山は,とても幻想的でした。思わず見とれて運転がおろそかになって,危ない危ない。
御殿場インターから東名高速に乗り,秦野中井パーキングエリア手前で事故渋滞を知らせる掲示が現れました。渋滞は25km,通過に2時間を要するということでした。緊急に秦野中井パーキングに入りトイレを済ませて長い渋滞に備えます。皆さん同じ考えだったようで,珍しく男性トイレに行列ができていました。まあここのトイレ,小さなPAでそもそもトイレが狭いこともあり,さらに半分は工事中で,小便器が少なかったという事もあったのでしょう。
 渋滞は港北パーキングの手前まで,しっかり続いていました。珍しく港北パーキングへ入る車列ができていたのですが,多分渋滞明けのトイレ休憩の車だったのだと想像します。
 結局,箱根を出る時にナビで表示されたいた帰着時間より1時間半あまり遅く,やっと自宅にたどり着きました。

(写真の一番上はガラスの森美術館の庭園にて。正面向こうの噴煙が大湧谷。写真ではわからないが,ロープーウェーが動いているのが見えた。三番目の写真は,クリスタル・トリオ・アンサンブルの演奏会場。右方にガラスの楽器が見える。演奏開始20分前の様子で,このあと三人の演奏家が登場した。)

Rakan3

|

« 河野 裕「つれづれ,北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先」 | トップページ | ラリック美術館でのランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根へいってきました:

« 河野 裕「つれづれ,北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先」 | トップページ | ラリック美術館でのランチ »