« 菖蒲園跡にも行ってきました | トップページ | 東横線綱島-大倉山間の線路移設跡に行ってみました »

2016/04/21

東横線の不思議な線路

Konjyaku_map 最近,横浜市綱島樽町の菖蒲園探しに端を発し,その付近の師岡熊野神社訪問など,綱島から大倉山にかけての地域について昔の地図などをみています。
 そうしたら,ある地図で東横線の線路が不思議な形をしているのを発見しました。綱島−大倉山間の線路で,鶴見川を渡り,さらに南に行ったあたり,線路が二股に分かれているのです(上の地図参照。地図はクリックすると拡大します。この地図は,今昔マップという埼玉大学教育学部 谷 謙二さん(人文地理学研究室)のサイトにある地図です。現在の地図と昔の地図,しかも年代の異なる昔の地図を同時に表示できるという優れものの地図サイトで,昔の場所が現在どうなっているのかを調べるとき,大変重宝する地図サイトです。)
 これは1944~1954年の地図ですが,それより前,1927~1939年には右側の線路しかありません(ちなみに,線路がカーブした部分の右側の池が,熊野神社の「ちの池」です)。そしてそれより後,1965~1968年の地図では,左側の線路しかありません。そして現在の地図では,左側の線路だけが存在します。
 この区間,どうも東横線の線路が移設された様ですね。つまり地図上で右から左に線路の位置が変わったわけです。
 では両方の線路が書いてある地図は? まだ旧線の痕跡が残っていた時代の地図だとも考えられますし,一時期両方の線路があったとも考えられます。つまり例えば,工事の都合で,まず上り線が新線を使い,下り線は旧線を使っていた時代があったとも考えられます。

(地図は,時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)より拝借しました。)

<追 伸>
 ここら辺の昔の情報は,大倉山の山の上にある大倉精神文化研究所の情報が充実しているという事で,同研究所のホームページを調べてみました。
 同研究所のこの記事の「東横線」の項目に,「大倉山駅の北側は東に大きくカーブしていたが、昭和15~16年頃に線路を付け替えて、直線化した。」という一文を発見しました。

|

« 菖蒲園跡にも行ってきました | トップページ | 東横線綱島-大倉山間の線路移設跡に行ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東横線の不思議な線路:

« 菖蒲園跡にも行ってきました | トップページ | 東横線綱島-大倉山間の線路移設跡に行ってみました »