« やめて欲しいタイプのスマホアプリの広告 | トップページ | 日本のゴーストタウン化 »

2016/06/16

iPhoneのライトニングケーブル

Lightning_cable iPhoneとiPodの充電やパソコンとのデータやり取り用に,アマゾンで一端がUSB,反対側がiPhoneなどに接続する小さな端子になっているライトニングケーブルを数年前にアマゾンで買いました。
 確かApple認定品と書いてあったと思いますが,このケーブルが気まぐれで,iPhoneに認識される時とされない時があります。さらにiPodでは,半分位充電されていたはずなのに追加充電しようとこのケーブルを使ったら,なんとiPodの蓄電池がからっぽになったことがあります。実際空っぽになったのか,ソフト的にそのように認識してしまったのかわかりませんが,「蓄電池からっぽ」でウンともスンとも言わなくなりました。これは娘のまともなコード(iPhoneに付属していたアップル純正コード)を借りて満タンにできて事なきを得ましたが,そいう事が3回もありました。
 最近もそんな事があり,このコードに愛想が尽きて,ついに家電量販店のアップルコーナーで,アップルマーク付きのボックスに入っている純正コードを買いました。
 たしかアマゾンで買ったものが980円位。アップル純正は2200円でした。
 ネットではライトニングケーブルが沢山販売されているのですが,それについているコメントをみると,皆さん「iPhoneがケーブルを認識しない」という経験があるようですね。すぐ壊れてしまった(端子部分が取れた),あるいは発火したというコメントもありました。
 まあ,純正ケーブルが2200円で売られている事の意味がわかりました。980円は勉強代ですね。

(このappleマークの箱に入っているものが純正品。)

|

« やめて欲しいタイプのスマホアプリの広告 | トップページ | 日本のゴーストタウン化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのライトニングケーブル:

« やめて欲しいタイプのスマホアプリの広告 | トップページ | 日本のゴーストタウン化 »