« 米,輸入自動車や部品に対する関税の判断を最大6カ月延期 | トップページ | 三菱UFJ銀行が店舗35%削減へ »

2019/05/22

映画料金が6月から値上げされるようで・・・・・

Theater 東宝系のTOHOシネマズ,松竹系の松竹マルチプレックスシアターズ,東映系のティ・ジョイのシネマコンプレックス3社は,2019年6月1日に価格を改定するそうです。映画の料金は現在の1800円から1900円に変更になります。ネット上には「映画館に「1900円」あなたは払えるか」という記事がありました
 映画の価格改定については,「むしろ安くした方が観客が増えるのに。」と言う方がいます。しかし本当にそうでしょうか?
 映画館に行く人は,今や限られたファン。それらの人たちのために,さまざまな割引制度があります。シニア割り,女性割り,会員割り,109シネマズは東急のトップカードで払えば割引。もちろん前売りを買えば割引,レイトショーは割引。
 今時1900円を払っている人なんて,高校生の初デートか滅多に映画館に行かない素人だけwww。
 安いにこした事はありませんが,値上げを気にしている人なんて,「安くした方が儲かるだろう」などという経済評論家だけですwww。
 安く見たければ,少し待って配信やレンタルを見る時代。「映画の」ではなく「映画館の」客層が上述の通りならば,安くしても観客は増えません。

|

« 米,輸入自動車や部品に対する関税の判断を最大6カ月延期 | トップページ | 三菱UFJ銀行が店舗35%削減へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米,輸入自動車や部品に対する関税の判断を最大6カ月延期 | トップページ | 三菱UFJ銀行が店舗35%削減へ »