« 多古の道の駅「あじさい館」へ | トップページ | 刑部岬から鹿島神宮へ »

2019/06/27

九十九里浜が始まるところ「刑部岬」へ

Gyobumisaki1Gyobumisaki2 昨日の記事で,千葉県多古町の道の駅「あじさい館」へ行ったことを書きましたが,千葉県旭市飯岡の「刑部岬」へのドライブの途中,道の駅へ寄ったわけです。
 さてその刑部岬。銚子市の少し南,九十九里浜が始まる地点の高台です。このブログのタイトルバックは,この岬から見た海の風景です。灯台と展望台があるところで,昔から景色はかわっていませんでした。岬の脇にあるラブホは閉店して廃墟と化しているのが昔と違うところです。
 この展望台から東の方を見ると,太平洋の水平線を眺めることができて,「隣はアメリカなんだな」ということを実感します。
 刑部岬から見下ろしたところが飯岡漁港です。東日本大震災で津波の被害にあいました。展望台の内部では,その時の写真が展示されていました。
 飯岡漁港はそれほど大きくは見えませんが,千葉県第二位の漁獲高があるそうです。一位はもちろん銚子港です。
 1993年にはこの岬やその周辺が舞台となった「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」という岩井俊二監督のテレビドラマが放映され,1995年にはそのまま映画として上映されました。さらに2017年には同名のタイトルでアニメ化されていて,それを覚えている方もいるでしょう。ただ灯台のモデルは,刑部岬のものではなく銚子の犬吠埼灯台のようですね。
 さらに「打ち上げ花火・・・」のファンであった山崎貴監督が,この岬周辺や飯岡漁港を舞台にして「ジュブナイル」という映画を撮っています。何かと映像化作品に登場している岬が「刑部岬」です。

(写真をクリックすると,拡大します。)

|

« 多古の道の駅「あじさい館」へ | トップページ | 刑部岬から鹿島神宮へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多古の道の駅「あじさい館」へ | トップページ | 刑部岬から鹿島神宮へ »