« おぎのやの「峠の釜めし」の軽量バージョン | トップページ | 非常用電源の窃盗相次ぐ »

2019/09/22

また40代男が・・・・・

Chunibyo 新宿の漫画喫茶で,9月16日,雑誌などに火をつけたとして40歳の男が逮捕されました。「人を刺すか火をつけるかどっちにしようか考えた」と供述しているということです。幸いにしてけが人はいなかったようです。
 最近,このような非常識犯罪の犯人が,逮捕されてみたら40歳代だったという事件が多いように感じます。登戸のスクールバス停留所殺傷事件から,「じゃまだから」という理由で自転車を線路に投げ捨てた40歳まで。
 この世代,よく就職氷河期世代と呼ばれますが,それと関係はあるのでしょうか? 40歳という年代が,何かそのような衝動を誘う意味があるのでしょうか?
 まあ,30代まではまだ夢があるとか将来への淡い期待がある世代で,40の声を聞いた途端に将来に絶望するとか自分に絶望するとか,自分のせいなのに社会のせいだと転化しがちだとか・・・・・。
 まあ何れにせよそのような犯人は,精神的には大人になりきれない中二病であることは間違いないでしょう。犯罪はまるで子供でもやらないような実に子供っぽいものですよ。

(お馴染みの「いらすとや」で「中二病」で検索したら,上のようなイラストが出てきました。中二病はこういうイメージですか。でもこの男性,ほんとうに中学生のようですが・・・・・。)

|

« おぎのやの「峠の釜めし」の軽量バージョン | トップページ | 非常用電源の窃盗相次ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おぎのやの「峠の釜めし」の軽量バージョン | トップページ | 非常用電源の窃盗相次ぐ »