« 長野戸隠高原の鏡が池 | トップページ | 代替肉は拡大するのか? »

2019/11/09

e-sports

Game e-sportsについての記事を読みました。「eスポーツ、高校でも普及するか 全国高等学校eスポーツ連盟が乗り越えるべきハードル」という記事です。
 そもそも,e-sportsはビデオゲームなのだから,高校生の需要はあるでしょう。あとは記事にあるように,なんとか「教育的だ」とという理屈さえつけばいい。
 ゲームにも二種類あって,囲碁や将棋のように「強いものが強い」というもの,つまり偶然性の要素がほぼないものと,麻雀のように偶然がゲームの行方を左右しやすいものがあります。
 ビデオゲームも乱数を発生させて偶然の要素を取り入れ,例えば対戦に現れるモンスターがランダムで,運がいい順番でモンスターが現れた時と運が悪くモンスターが現れた時があったりするゲームと,バトルゲームのように強い者が強いという二つのタイプがあって,後者は対戦型のネットゲーでは下手な初心者が入りづらく,コアファンのみで盛り上がっている感のあるゲームです。
 一般に野球でもサッカーでもラグビーでも,スポーツというのは後者のものです。e-sportsも後者のバトル系のゲームで,コンピュータは決して乱数を発生させないでしょう。
 コアなゲーマーが行う,偶然の要素を排除したビデオゲーム,それはまさに体を動かすスポーツと同じ性格のものであり,それに強くなることは日頃の鍛錬の賜物であり,そこに教育的価値を見出すしかありません。

|

« 長野戸隠高原の鏡が池 | トップページ | 代替肉は拡大するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野戸隠高原の鏡が池 | トップページ | 代替肉は拡大するのか? »