« 珈琲館の「炭火珈琲ゼリーのシンフォニー」 | トップページ | セブンがたこ焼きを回収だって »

2019/11/14

早渕川の源流へ

Genryu-cageGenryu-kaikyoKaikyo-mizoExitSinyoshida 先日,普段行かないオーケーストアの新吉田店(横浜市港北区新吉田)へ行って買い物をしましたが,その裏手を早渕川が流れていました。そんなことがあって,早渕川の源流へ行ってみようかと思い立ったのです。
 地図上で早渕川を上流へ辿ってみると,美しが丘西の保木という地区にたどり着きます。東急田園都市線沿線の多摩田園都市内にある地区ですが,昔の面影を残した丘(花桃の丘というらしいです)の麓に源流があるらしい。最初の写真はそこにある湧水地とされる柵です。この柵の中の地下に湧水があるらしいのです。たまプラーザ駅からバスに乗って「保木」というバス停で降りた辺りです。
 そこから道を挟んで180度振り返ったのが次の写真です。藪で見にくいですが,開渠となった水路がちらりと見えます。道がないのでこの開渠を辿ることはできないのですが,道を回ってこの開渠の北側に行くと,より鮮明に溝が見えます。それが3枚目の写真です。
 この位置から流れは丘の麓を巡る道際の暗渠になりますが,4枚目の写真の位置で早渕川は開渠となり,以降流れが見える川となります。
 早渕川の源流として一番分かりやすいのが,最初の写真の柵の中の遊水(見えないが・・・)で,玉田園都市開発前の古い地図でも早渕川はこの辺りでとぎれています。しかしこの辺り,早渕川は暗渠となって上流に広がり,早渕川公園,さらに北側の滝の沢公園(昔は滝があったという・・・)など,早渕川水源地は複数あるらしいですね。結局のところ,現在の住所で言って美しが丘西二丁目あたり一帯が早渕川の原流域ということの様です。
 最後の写真は,そもそも源流へ行こうと思ったきっかけとなった早渕川,横浜市港北区新吉田付近です(これだけはGoogle マップのストリートビューの写真)。

(写真は,クリックすると拡大します。)
 

|

« 珈琲館の「炭火珈琲ゼリーのシンフォニー」 | トップページ | セブンがたこ焼きを回収だって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珈琲館の「炭火珈琲ゼリーのシンフォニー」 | トップページ | セブンがたこ焼きを回収だって »