« ジャカルタで非常事態宣言 | トップページ | 三浦半島のイタリアンで昼食を »

2020/03/22

三浦半島の三浦富士〜武山ハイキング

 よく晴れた三連休の初日,3月20日の金曜日に,神奈川県三浦半島(横須賀市域)にハイキングに行ってきました。京浜急行の津久井浜駅からの三浦富士から武山に抜け,津久井浜駅へ戻ってくる2時間半程度のハイキングコースです。
 横浜駅から京急の快特で40分,津久井浜駅に到着します。正午ごろだったので昼食を済ませて,まず三浦富士へ。麓の浅間神社の奥社である三浦富士山頂へ,様々な石碑のある場所でしたが,遠く本物の富士山がながめられました。
 そこから砲台山へ。昭和初期に海軍が砲台を作ったことからその遺構が残る山です。本当は大塚山というらしいのですが,地図などでは砲台山で通っているようです。円形の遺跡で,ここにどんなふうに砲台が据えられていたのか,興味深い遺構でした。砲台跡の隣には,海上保安庁の武山受信所が設けられていて,大きな鉄塔が立っています。
 そこから少し戻って武山へ。武山山頂には武山不動尊があります。山頂はその境内なのです。ここには立派なお手洗いがありました。ここからは下山ルートへ。長い下り階段のコースが続きます。石段ではなく,コンクリート製の木の幹で土留めをした階段です。このコースには,至る所に同じように整備された階段がありますが,この下りが一番長いようでした。初めに武山へ登り,三浦富士へ至る逆コースも当然考えられるのですが,この階段を初めに登るのは結構大変だと思います。
 昨年同じような時期にこのコースを歩いた方のブログなどを拝見すると,武山山頂はかなり混み合っていた模様ですが,今回はコース中で数組の
人と挨拶を交わしたくらいで,コースは非常に空いていました。このコースを紹介した横須賀市のサイトには,「新型コロナウイルスの流行を受けまして、ハイキングを楽しまれる際もインフルエンザ対策と同様に咳エチケットや手洗いなどの感染対策をお願いいたします。」と記載されており,時節柄人出が少なかったようですね。
 コースの所々に桜が咲いていました。葉と花が一緒についているタイプの桜でした。
(写真をクリックすると拡大します。左上から三浦富士山頂,砲台山の砲台跡2景,途中の展望台から海の景色,武山山頂のトイレ,ハイキングコース途中の桜の花)
1miurafuji2battery13battery24view5takeyama6cherryblossom

|

« ジャカルタで非常事態宣言 | トップページ | 三浦半島のイタリアンで昼食を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャカルタで非常事態宣言 | トップページ | 三浦半島のイタリアンで昼食を »