« 韓国では感染確認者3千人超 | トップページ | 結婚式が延期となりました »

2020/03/03

一斉休校

School-room 新型コロナウイルス対策として,3月2日から小・中・高が全国一斉休校となりました。
 それに対して,いろいろな反発も出ています。例えば,Newsweekには「こんな記事」もありました。「日本は終わった」などと言っている記事ですが,むしろ「Newsweekは終わった」と,私は思います。
 一斉休校が,感染率の少ない子供たちを守るためだと思っているNewsweekは,もう終わっているwww。「それよりも高齢者のスポーツジム利用自粛要請の方がまだましだ」って,高齢者は社会的に不要だと思っているのだろう。高齢者は経済的になんら寄与していないと思っているのだろうね。

 大阪府は,安倍首相の休校宣言より前に一斉休校を決め,実行しています。それはなぜだったのか,調べたことがあるのだろうか? 今回の大阪府の素早い休校の決定は,2009年のインフルエンザ蔓延時の休校の経験を受けたものですが,もっと勉強してください。
 それに野党の国会での質問。野党がこの新型ウイルスの時期に政権の座にいなくてよかったと思えるほどひどいものでしたwww。

 休校にしたのは子どもが新型コロナに感染して死なないようにっていう理由ではありません。そこらへんをわかっていない大人も多いです。
 10代は感染しても発症しにくいようです。しかし他者へ感染させることはできる。老人に感染させたら最悪死に至る。10代同士の感染は学校で行われることが多い。だから休校にせざるを得ない。
 10代同志の感染は気付きません。発症することが少なく,軽く直ってしまうのですから。
 結局,学校の休校は老人を守るため,実際のところ感染しても気づかない子供から大人へ,つまり社会への幅広い感染を防ぐために,まず子供に感染させない,子供同士感染させないことが肝心ということになります。「それじゃあ,休校にしなければ」という事ですね。

|

« 韓国では感染確認者3千人超 | トップページ | 結婚式が延期となりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国では感染確認者3千人超 | トップページ | 結婚式が延期となりました »