« Twitterの新機能,フリートってどうですか? | トップページ | コロナからの復興がグリーンであるべき理由? »

2021/01/05

左右分離型ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンを買いました

Wf1000xm3 昨年末,左右分離型のワイヤレスイヤホンを購入しました。SONYのWF-1000XM3というタイプで,ノイズキャンセリングイヤホンです。
 思えば,ごく普通のワイヤーイヤホン→左右ワイヤ接続ブルートゥースイヤホン→左右ワイヤ接続ブルートゥースノイズキャンセリングイヤホン→左右分離型ブルートゥースノイズキャンセリングイヤホン と購入してきました。
 本体との接続ワイヤが邪魔でワイヤレスに,しかし分離型は耳から落っことしそうで左右ワイヤ接続型に,コロナで電車やバスの窓が空いていて,外からの音がうるさいのでノイズキャンセリングに,冬になって襟巻きをしたり,鞄を肩にかけたりすると左右接続のワイヤの取り回しがウザくなり左右分離型へ。実際左右分離型を使ってみると,かなり耳に安定して嵌めておけるようで,懸念していた落としそうな感じはありません。まあ,使い始めたばかりなので,この先どうなるかはわかりませんが。
 最初の,普通のワイヤーイヤホンを使っている時は,音量,次の曲の頭出し,前の曲への戻りなど,コントロールは全て本体(iPod)で行っていました。そのうち普通のワイヤーイヤホンでも,手元に小さなコントロールリモコンが付くタイプとなり,それ以来手元のリモコンで操作するのが普通となり,本体をいじる機会は減りました。しかし今回のWF-1000XM3は,音量をコントロールする機能はイヤホン自身には付いていません。音量は本体を操作する必要があります。その点で言えば,初めの普通のワイヤーイヤホンに戻ったという事です。手元というか耳元の小さなリモコン操作から本体操作に変わったというのは,操作感覚のちょっとした意識変化があります。
 WF-1000XM3は密閉型イヤホンですから,耳に装着するだけである程度周囲の音は聞こえなくなります。それプラスノイズキャンセリングをかける事ができ,周囲の音をあまり気にせずに音楽を聴く事ができます。しかし,ノイズキャンセリングオンとオフの2モードに加えて,アンビエンスサウンドモードというのがあります。これは,周囲の音をイヤホンのマイクで拾って耳に流すという機能です。iPhoneやiPodにインストールした専用アプリを使えば,耳に流す環境音の大きさをコントロールできます。つまりこのモードは,密閉型イヤホンをオープンエア型イヤホンにする効果があるわけです。そのために,イヤホンを耳に装着したまま周囲の音を聞く事ができます。だからイヤホンを一度装着したら,外す必要はまずありません。それが,落として失くす機会を少なくしている様に思います。

|

« Twitterの新機能,フリートってどうですか? | トップページ | コロナからの復興がグリーンであるべき理由? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Twitterの新機能,フリートってどうですか? | トップページ | コロナからの復興がグリーンであるべき理由? »