« 桜の季節に・・・・・ | トップページ | 都市計画道路補助128号線が開通しました »

2021/03/28

黄金塚って何?

Koganezuka1Koganezuka2
Koganezuka3 武蔵小杉と溝の口を結ぶ川崎市営バスの途中に,「黄金塚」という停留所があることは,ずいぶん昔から知っていました。もう10年前くらい前にその存在を知り,当時ネットで検索しても何も出てこず,地図を見ても塚がある様に見えませんでした。
 それ以来「黄金塚」は謎の塚だったのですが,先日散歩している時実際その塚を偶然発見しました。その塚は,小金塚バス停のかたわらともいうべき場所にありました。その場所にある解説板によると,鎌倉幕府の御家人,稲毛三郎重成が戦勝祈願のために黄金の太刀を埋めた塚があったといわれているそうです。それで「黄金塚」なんですね。
 この黄金塚,私は10年くらい前にネットで情報を探して見つけられなかったので,その後はすっかり調査を諦めていましたが,改めて今ネット検索してみると,「黄金塚古墳」として情報が見つかります。上丸子・宮内古墳群という多摩川沿いの古墳群の一つに小金塚古墳というのがあった様です。現在では古墳自体が失われ,その場所も分からなくなっているということで,写真の石碑の場所がそうかどうかもわかりません。また,稲毛三郎重成の太刀の話と古墳の関係もよくわかりませんでした。
 その後もさまざまにネットで検索すると,市バスの走る微妙にカーブした道路が,旧多摩川の土手だった様です。その土手あたりにあったのが黄金塚古墳と黄金塚で,その土手が築かれた時点で,古墳も塚も壊されたわけです。いずれにしろ,市バスの通る道沿いの小金塚の石碑の位置あたりは,黄金塚があった所らしくはあります。

(写真をクリックすると拡大します。)

|

« 桜の季節に・・・・・ | トップページ | 都市計画道路補助128号線が開通しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の季節に・・・・・ | トップページ | 都市計画道路補助128号線が開通しました »