« オリンピック開会式 | トップページ | 武蔵小杉のフードコート「Kosugi 3rd Avenue」の冷麺 »

2021/07/25

ネットフリックスは伸び悩み?

Netflix-ainofujityaku ネット上に,ネットフリックスに関する話題がありました。「動画配信サービスの米ネットフリックスは今年、低調な出足となったが、同社幹部は成長が落ち込むとの懸念を否定し、長期的見通しへの自信をあらためて示した。」というものです。まあ,ネットフリックスの幹部が長期的な見通しへの自信を示したとしても,それはポジショントークだろうと思うばかりなのですが,ネットフリックスの会員増加が,今年は周囲の期待より下回ったというのは事実です。
 Netflixは,ゲームへの参入,映画スタジオの取得など,社業の拡大対策を矢継ぎ早に打っています。
 大きなお金を投じて,ゲームや映画を自前で作るのは,利用者としては楽しみですが,そういうものはコケる作品もあるわけで,結構博打的なものがあります。
 他人が作った映画を配信するだけでは,他の配信業者との差別化が難しいのはわかるのですが,自前のコンテンツを作る事で本業のサブスク料金が上がることは,果たして利用者の支持を得られるのか? それが,昨今の伸び悩みにつながっているように思います。
 例えば,Netflixが映画製作会社のようになってしまい,自社映画だけが売り物という状態を利用者が喜ぶかは,甚だ疑問だと思います。ディズニーの成功は特殊な例で,ワーナーやパラマウントなどの映画会社毎に自社配給映画の独占配信が行われ,各映画会社毎に利用者がサブスク契約を行わなければならなかったら,むしろ利用者の不利益でしょう。
 どうも,Netflixはそんな利用者からそっぽを剥かれる方向に向かっているような危険を感じています。

(イラストは例によってフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。Netflix独占配信の韓流ドラマ「愛の不時着」を見る女性の姿だそうです。)

|

« オリンピック開会式 | トップページ | 武蔵小杉のフードコート「Kosugi 3rd Avenue」の冷麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンピック開会式 | トップページ | 武蔵小杉のフードコート「Kosugi 3rd Avenue」の冷麺 »