« 目指せ1500人 | トップページ | ドイツビアレストラン「Shmatz」の川崎店でローストポーク,再び »

2021/07/16

フェイクメール

Fake-mail_20210714180201 ある日にやってきたフェイクメール。文面は,「ご利用料金の支払い確認が取れておりません。本日中に○○の電話番号,KDDIファイナンスサポートセンター迄ご連絡ください。」ちょっと信用してしまいがちなメールですが,フェイクメールです。
 まず,KDDIからこのようなメールがやってきた場合,私が考えられるケースとして,「何らかの関係で電話代が講座から落ちなかったのか」という事ですが,メールの内容では「ご利用料金」とだけ言っていて,このメールだけでは何の利用料金かこちら側で推測するしかありません。ビジネスレターとしては,典型的なダメなメールです。それと,「ファイナンスサポートセンター」からのメールというところで,利用料金ではないという事が明白です。それと「本日中に」連絡せよと言っているのですが,この「本日中」というのが決定的なフェイクメールの文言です。まともなビジネスレターで,「本日中」などと要求することは絶対ありません。「本日中」に何かをせよと言った場合,出した本人,このメールの場合「KDDIファイナンスサポートセンター」に不利益が被るわけです。メールに気づかず,たちまち「もう期限が過ぎちゃった」という事になるわけです。実に頭の悪いメールです。
 以前,アマゾンからのフェイクメールとして,「下のボタンをクリックして新システム対応を行わなければアマゾンから商品を買えなくなる」というのを紹介しました。この場合でも,アマゾンがシステムを変更する前日に「ボタンをクリックしなければ商品を買えなくなる」などという措置を取るわけがない。そんなことをすれば,アマゾンにとってはとんでもない不利益でしょう。もしシステムを変更するのならば,せめて1ヶ月前ですよね,そんな連絡は。
 というわけで,かなり残念なフェイクメールの紹介でしたwww。

|

« 目指せ1500人 | トップページ | ドイツビアレストラン「Shmatz」の川崎店でローストポーク,再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目指せ1500人 | トップページ | ドイツビアレストラン「Shmatz」の川崎店でローストポーク,再び »