« ココスの「カサゴのブイヤベース」 | トップページ | フレンチクルーラー »

2021/11/28

一般病院はコロナ禍で6.9%の赤字だが,補助金で0.4%の黒字に

Hospital 厚生労働省が11月24日に「医療経済実態調査」を発表しましたが,それによると,一般病院の1施設当たりの利益率はマイナス6.9%で,コロナ前の19年度に比べて3.8ポイント悪化したとの事です。これは,新型コロナウイルス感染拡大による受診控えの影響と分析しています。しかしコロナ関連の補助金を含めると0.4%の黒字になり,厚労省は「利益率の悪化を補助金で支えた」と分析しています。
 補助金での黒字化ということで,ネットではなんだかんだいう声が鳴り響いているのですが,私はそもそも病院は社会的に維持されるべき施設,エッセンシャルファシリティであって,国の予算で維持すべきだと思っているので,補助金で黒字化は全然アリだと思います。病院などエッセンシャルファシリティーへの補助金は,コロナがなくても開店しても7割は3年以内に閉店する飲食店への補助金とは全然性格が違うと思います。

|

« ココスの「カサゴのブイヤベース」 | トップページ | フレンチクルーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ココスの「カサゴのブイヤベース」 | トップページ | フレンチクルーラー »