« アドベントカレンダー | トップページ | 大阪北新地の病院放火事件 »

2021/12/23

オミクロンの国内蔓延がはじまった?

Colonagreen 東京では,オミクロン株の帰国者からの濃厚接触者が増大し,大阪では,市中感染が起こったのではないかと噂されています

 予想通りのオミクロン上陸ですね。
 水際対策としては,日本人帰国者も国内に入れないという当初の政府の対策の方がよかったのはもちろんですが,それを世論に従って日本人帰国者は国内に入れることにしたことで,暮れからのオミクロン国内感染増大は約束されていましたwww。

 まあ,水際対策というのは,中国が強権的にいくら頑張っても防げなかった事からわかるように,いずれ破綻するわけですし(思ったより早く破綻しましたね),帰国したいという人の多い正月前に帰国を解禁したことは,致し方ないでしょう。国内に入ってから防疫するしかありません。

 まあ,オミクロン株は,幸いにして重傷者や死亡者が少ない様です。しかし,いないわけではなく,感染者が増えればそれなりの人数の重傷者や死亡者が増えていきます。イギリスが今そうなっていますね。その数少ない(といっても感染者が増えればそれなりの人数になる)重傷者,死亡者が自分であるかも知れず,感染対策は怠りなく行なっていく必要があります。

 ところで,インフルエンザというのは,日本ではひと冬で1万人程度の死者が出るのが普通です。新型コロナは,お金をかけて特別にそれなりの対策をしているので,それよりもずっと少ない死者しかいません。もしインフルエンザと同じ対策しかしないとしたら,新型コロナ,そしてオミクロン株での死者はどのくらいになるのでしょうか?
 以前,デルタ株は,インフルエンザと同じ対策では45万人の死亡者を記録するだろうという話があったと思いますが,それよりずっと重症化率,死亡率の少ないオミクロン株は,どのくらいの重症者数,死亡者数になるのでしょうか?

|

« アドベントカレンダー | トップページ | 大阪北新地の病院放火事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アドベントカレンダー | トップページ | 大阪北新地の病院放火事件 »