« 昨日は雪が降った | トップページ | 国内のコロナ死者が累計2万人超,連日百人台の死者 »

2022/02/13

失われた婚姻が約11万件?

Bridal このコロナ禍で,失われた婚姻が11万件あったという記事がネット上に上がっていました。経済的な不安が大きくなったことやリモートワークになったこと,外に出なくなったことなどによる出会いの減少などによって失われた婚姻数は2020年と21年で合わせて11万件にのぼるという記事です。
 恋愛の機会の喪失というのは,確かにあるでしょうね。しかし,だからこそ結婚の仲介,マッチメーカーが活躍し,恋愛よりお見合い的な結婚が増えたということも言えるようです。
 また,結婚はしたが結婚式をやめにして,その分貯金ができたとか広めのマンションの頭金になったという夫婦が多いと聞いています。葬式も含めて式の合理化は,コロナの功罪の功の方だと思います。ブライダル業界,葬儀業界は再編必至とか激動の時代になるでしょうが,多分コロナはまだまだ続き,コロナが収まった後でも需要が元に戻ることはないと思われます。時代はもう昔に戻ることはなく,次の時代に変わっていくのです。

|

« 昨日は雪が降った | トップページ | 国内のコロナ死者が累計2万人超,連日百人台の死者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日は雪が降った | トップページ | 国内のコロナ死者が累計2万人超,連日百人台の死者 »