« 知床観光船の事故 | トップページ | 国民に不評な中国のゼロコロナ隔離政策 »

2022/04/26

最新のiPad Air(第5世代)はPC並みの性能でも,PCの代わりにはならない

Ipadair5 ネット中に,第5世代iPad Airの記事がありました。10.9インチの画面で重量はわずか461gというところ,PC並みの性能を持っていて値段が75000円とコスパがいいところが売りの様です。ネットをみると,64GBと256GBのモデルがあるのですが,普通に使うにはちょうどいい125GB版がないというのが「何だかな」という感じになっています。
 しかし,iPadはあくまでもタブレットなんですよね。OSがスマホのiOSではなく,iPadOSという違うものになったので,少しは良くなったのですが,相変わらずPCのソフトは動かないので,多くのアプリはスマホのものを使わなければならないのです。例えばココログのアプリだって,スマホのものはPC版のサブセットであって,あまり使い勝手は良くない。手紙の作成ソフトも使い勝手のいい住所録管理モジュールの部分はスマホ版にはついおらず,PC版のサブセットでしかない。
 そこいくとWindowsは,8以降,PC版がタブレットOSと兼用となって,例えば最新の富士通loox(6月発売)などは,基本的にはタブレットである(キーボードが基本セットに入っていないのだから)にも関わらず,Windows11そのものが使用できて,その上でPC版と同じソフトが動く。キーボードを加えれば,完全にPCになる。
 まあどちらも使い様ですが,あなたにはどっちが便利ですか? 私の場合は,よく使うソフトはiPadでもスマホ版を使わざるを得ず,「それならiPadではなくMacを使いますよ」という事になります。

|

« 知床観光船の事故 | トップページ | 国民に不評な中国のゼロコロナ隔離政策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知床観光船の事故 | トップページ | 国民に不評な中国のゼロコロナ隔離政策 »