« SONYが来年3月までにVRゴーグルを200万台生産 | トップページ | 安売りだけを愛する人たち »

2022/10/08

ノーベル生理学・医学賞はスバンテ・ペーボ博士に

Neanderthalensis 2022年度のノーベル生理学・医学賞は,ドイツ マックス・プランク研究所のスバンテ・ペーボ博士に決まりました。ネアンデルタール人の全ゲノム解析,知られていなかった旧人デニソワ人の発見,現生人類がネアンデルタール人やデニソワ人と交配していたことを,遺伝子研究で証明したなどの功績が評価されたものです。ペーボ博士は,沖縄科学技術大学院大学の客員教授も務めており,今回の受賞決定にあたり日本人記者向けのインタビューも特別にオンラインで行われたようです。
 現生人類(ホモ・サピエンス・サピエンス)はアフリカで生まれ,ある時アフリカから旅立ち,ヨーロッパから中東にかけて住んでいた先住民であるネアンデルタール人と出会い,そこで混血したことが博士の遺伝子研究で立証されたわけです。現生人類がアフリカから旅立った旅先でネアンデルタール人と出会ったために,アフリカにとどまった現生人類からはネアンデルタール人の遺伝子は発見されませんでした。ヨーロッパ,中東,南アジア(インドなど)の現生人類から(まさに今現在生きている人々からも)ネアンデルタール人の遺伝子が発見されました。ところが極東の現生人類,漢民族,朝鮮族,大和民族(日本人)は,ネアンデルタール人の遺伝子を持っていませんでした。
 重要なのは,現生人類は今に至るもネアンデルタール人の遺伝子を持っているのに,ネアンデルタール人は現生人類の遺伝子を持っていないことです。一般的にいって,二つの種が混血するとき,相手の遺伝子を持っている方が劣勢で,相手に遺伝子を与えた方が優勢だという事で,どうも当時としては先住民であるネアンデルタール人の方が優勢な種だったようです。それがなぜ現生人類は今も生き残り,ネアンデルタール人が絶滅してしまったのか,それは今のところ謎です。
 一説には,ウイルス感染などで滅んでしまったのではないかといわれています。そう考えると,新型コロナウイルスの大流行に見舞われて重症化が著しかったヨーロッパ~インドの人々と,流行したものの重症化はそれほどでもなかった極東の我々という謎の事象(ファクターXというやつ)も,滅んでしまったネアンデルタール人の遺伝子を持っている人々と持っていない我々極東の人々・・・という事で説明できるのかもしれませんね。
 ちょっと面白い。

|

« SONYが来年3月までにVRゴーグルを200万台生産 | トップページ | 安売りだけを愛する人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SONYが来年3月までにVRゴーグルを200万台生産 | トップページ | 安売りだけを愛する人たち »