2019/05/17

古着が好調

Old-fashion 近くの街の古着屋さんに人が集まっているので何かと思ったら,SALEをやっていた様です。
 若い人達と話をすると,古着が人気の様です。アメリカの記事ですが,古着市場が絶好調という記事を少し前に見かけました
 メルカリで古着を買い,一回着てメルカリで売る。そして別の古着をメルカリで買い,一回着て売る。その繰り返し。別にメルカリでなくていい。街の古着屋さんというのは,上述のように結構流行っています。
 ある人が,このような記事を読んで「別に古着を買わなくても、安くていい服沢山あるのにね・・・」と言っていましたが,現代の古着文化に対してして、この感覚はちょっとズレています。
 上述の様な古着の使い方は,シェアリングです。衣服のシェアリング。車を初めとしたシェアリング文化の衣服版です。
 「新品でも安くていい物があるのになぜ古着を・・・」という感覚は,現代の古着文化とはズレているのです。いいとか悪いとかの問題ではありませんが。

| | コメント (0)

2019/02/11

グッチのセーター,黒人差別の批判を受けて販売中止

Guch イタリア,グッチのタートルネックセーターが「黒人差別だ」との批判を受けて,販売を中止しました。
 黒のセーターで,ネック部分を口元まで引き上げる構造になっていて,そこに口をさす穴があり,その周りに赤い唇が描かれています。その唇が黒人差別として批判されたわけです。
 まあこのセーター,差別云々の前にあまり趣味は良くないと感じますが,まあ「黒人差別に敏感な人」ならそう思うかなという程度のように想います。
 日本人は,「これで黒人差別?」と,?付きで考えてしまいますが,欧米ではより切実な問題なのかもしれません。
 しかしまあ,こういうのを「黒人差別」と指摘するうっとうしさも,例えばトランプ氏に味方しているように思います。

 このセーター,私は黒人差別よりも,「ロッキーホラーショー」というミュージカルのポスターを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/03

ネクタイ

Necktie 先日,お見合いの席に出席したとき(私の見合いではありませんよ),その時はいつものカラーワイシャツ+ブレザー姿にネクタイを締めて臨みました。
 もう何年もネクタイなど締めていないので,締め方は分かっていてもなかなか長さの調整が難しく,苦労しました。そこら辺がネクタイのノウハウですね。
 しかし,いつもの格好+ネクタイで結構正式な席に出る事ができるのならば,「ネクタイ様々,ネクタイ半端ね〜」と思いました。
 皆さんネクタイは嫌いな方が多いと思いますが,これさえ締めれば格好がつくというのは,なかなかスグレモノではないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/04

スーツにリュックは非常識?

Rucksack 「スーツにリュックは非常識」という記事を読みました
 記事を読んでみると,非常識というより似合わないと言った方がいいかもしれません。まあ,似合う似合わないは,見慣れるかどうかですから,あまり気にすべき記事ではないかもしれません。
 しかし実は,わたしはリュックが嫌いです。なんでも一緒くたにいれてしまうという感覚の入れ物で,そういうのは私は好みません。
 私の愛用のカバンは,「ひらくPCバック」というものです。これは以前このブログで紹介した事があります。マジックテープを使ったパーティーションで自在に内部を区切って使う,「一緒くた」のリュックとは真逆のカバンです。
 カバンを肩にかけるのはいいと思います。両手が空いて,歩行の安全性も増すし,両手は何かと便利に使えます。この記事では「リュックサックはスーツの背中、肩、腰回りに接している状態になります。歩いているときに、それらの部分が歩行の振動で擦れるのです。スーツの生地を常にヤスリでこすっている状態といえます。当然生地は磨耗して、接触しているところだけテカテカになったり、傷んだりしてしまいます。これではせっかく買ったスーツが台無しですよね。シワもついてしまうので、スーツの見栄え自体も悪くなります。」と言っていて,記事の筆者は肩掛けカバンを嫌っていますが,「仕事着であるスーツをそんなに大事にしてどうするの?」と思います。そんなに大切なスーツなら,着ないて観賞用に飾っておいたらどうですかwww。
 まあ,カバン,靴をコーディネートしてこそ「スーツ」という考え方もあると思います。スーツを仕事着というより「見かけを気にした仕事ファッション」として見る人がいるというわけです。ある意味そういう見方をする人の前では,スーツさえ着ていれば何とか格好がつくので,楽といえば楽ではあります。

 ところで,リュックで不便なのは,後ろに背負ったリュックがすぐ前へ回し難いところで,スマホなどをリュックに入れておくと必要な時にすぐ取り出し難いというところがあります。結局,よく使う乗り物系のプリペイドカードとかスマホとか,それらを入れて持ち歩く物がリュックとは別に必要となります(それがポケットかもしれません)。しかし,すぐ前へ回せて,小物が他の物と分離収納できて,だからすばやく取り出せて,しかも必要な時にはそのまま手持ちバックにもなるというリュックがあります。前述の「ひらくPCバック」と同じ発売元から出ている「かわるビジネスリュック」です。これはちょと欲しいですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。「いらすとや」で「リュック」で検索しても,スーツにリュックを背負ったイラストはでてきませんでした。そこまで一般的なイメージではないのかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/06

ZOZOSUITで採寸したZOZOのジーンズとユニクロのジーンズを比較したという記事を読みました

Zozosuit ネット上に「ZOZOSUITで採寸購入した,ZOZOのジーンズとユニクロのジーンズをはき比べてみた」という記事がありました
 私はZOZOSUITを持っていませんが,その性能について興味があります。
 今までいろいろな記事を読みましたが,新聞や雑誌などメディアが報じるルポでは,かなりZOZOSUITは使えるという印象です。一方,ネット上では個人の意見として採寸がうまく出来ないという記事が目につきます。
 メディアのレポートでは,ZOZOSUITと専門家の計測を表形式で示した数値が載っている記事もありますが,どれもかなりよく一致しています。それに対して個人サイトの上手くいかないという記事。
 そもそもネット上の記事では,上手くいった例より上手くいかなかった不満がアップされがちですからね。まあネット上の個人記事の趨勢というのは,それほど信用がおけるものではありません。しかし上手くく採寸できなかったという人達というのは,かなり特殊な体型をしているか,かなり不器用で上手くシステムを使いこなせなかった人達なのでしょうwww。
 さて本題のZOZOのジーンズとユニクロのジーンズをはき比べ,この記事の筆者はユニクロに軍配を上げていますが,採寸の違いというより素材の違いが大きい様な気がします。
 私もユニクロのストレッチ素材のジーンズを持っていますが,ユニクロはストレッチ素材だから思い切ってスリムにできる,スリムに作っても身体に合わせてある程度自在にフィットする。
 ZOZOスーツの採寸版と他のジーンズを比べるのなら,ユニクロでもストレッチ素材でない普通のものと比べるべきでしょう。これはちょっと不公平な比較でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

ZOZOとユニクロ

Zozosuit 日経新聞で3回にわたり連載されたZOZO前沢社長の特集。最終回で前沢社長へのインタビューが載っていました
 このシリーズ記事では,ユニクロとの比較を多く取り上げていましたが,現在のところユニクロは標準体型の人のための商売,zozoは私のような非標準体型の者も取り込んだ商売となりつつあります。ユニクロは標準体型に合わせた形状でS,M,L等のサイズを用意し,zozoはゾゾスーツにより個人の体型,形状,サイズに合わせた服を提供している。
 ユニクロが採寸オーダーまでいくのかどうか見ものですね。現状では,標準体型の人とわたしの様な(しつこいがwww)非標準体型の客という様に対象とする客が違うのですが,ユニクロがzozoと同じ客を取り入れるのかどうか? 期待してしまいますね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/06

キャップを買いました

Cap 夏が本格化し,ここのところ強い陽差しの日が続いています。
 そこで,帽子,それもキャップが欲しいと思いました。陽光を遮る様な帽子という事で,なるべくひさしの長いもの,それにくたくたと丸めて鞄に入れられる様な柔らかいものが欲しいと思い,何軒も回りました。
 ところが,ひさしの長い物がなかなか見つかりません。たいていのキャップは,ちょっと良さげに見えても,ひさしが短いのです。
 そこで何軒目かでやっと見つけたのが,写真のキャップです。ちょっと読めないサインがかいてありますが,Stussyと書いてあるのです。アメリカ人のデザイナー,ステューシーブランドのキャップです。これが税別6500円。ちょっと高かったのですが,何しろ「ひさし」の点で気に入ったのが他に無かったので,これを買いました。
 夏の陽射しの中で,この帽子の有る無しで涼しさがかなり違います。顔に陽光が当たらないだけでも涼しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/20

男性用のセーラー服が発売された・・・って,セーラー服はもともと男性用じゃないか!

Sailor 男性用のセーラー服が発売されたとの事です。
 男性用のブラジャーが発売されたのはずいぶん前だと思いますが,ついにセーラー服が発売されました。・・・・・というか,衝撃度としては,セーラー服→ブラジャーの順ではないかと思います。男性用ブラジャーが発売されたなら,もう後はセーラー服だろうが何であろうが,なんでもありという気がしますwww。
 このセーラー服,さすがに外出着ではなく,部屋の中で密かに楽しむための部屋着となっているそうです。
 しかし,下がズボンでなくスカートというのが何ですが,セーラー服はそもそも男性用の兵隊服なのだから,まあありといえばありだし,やっぱり衝撃度としては男性用ブラジャーに一歩譲るかと思います。
 ところでむしろ,その昔,女子の制服にセーラー服が採用された時,今回のようなジェンダーが違う的な議論は起こらなかったんでしょうかねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/15

疲労,気分,眠気を読み取るメガネ

Meme パソコン画面用眼鏡で有名になった眼鏡屋さん,JINSが,「JINS MEME(ミーム)」という眼鏡型のウエアラブルデバイスを発売するそうです。
 東北大,芝浦工大と共同で,眼電位(眼球の手前側と奥の電位差)によって目の動きを知る事ができるセンサーを開発し,そのセンサーをメガネの鼻パッドと眉間部分に仕込んで,6軸加速度センサーを加えて,疲労,気分,眠気を知ることが出来る眼鏡だそうです。これをブルートゥースでスマホに飛ばして,疲れや集中度や眠気を表示したりアラームしたりするそうです。

 まあそういった事を自分で感じて意識するのではなく,機器に教えてもらうようでは人間終わりだという気もしてきます。様々なウエアラブル端末が発表されてきていますが,その記事を見るたびに,「オイそれ,自分で感知しなければいけないだろ」と突っ込みたくなる事が多いのです。
 しかし疲労度など,これまでは自分の感じでしかなかったものを数値化して,他人に認めてもらうためのツールとしては有効かもしれませんね。例えばブラック企業などで,疲れを客観的に示す事ができるのならば,休みを取りやすくなるかもしれません。
 まあブラック企業は,そんなに甘くないのかな。

(写真は,JINSのホームページより拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/12

ゾゾタウンがパルコをショールーム化

Zozo 衣料品ネット販売のゾゾタウンが,パルコと組んで,パルコ店頭の商品のバーコードをスマホ上の専用アプリで撮影して,その商品をネット上で販売するというサービスをはじめたという報道がありました。ショールーミングというらしいですね。「店で下見,ネットで購入」というショッピングです。
 もう9年位前になりますが,ネット書店が全盛となって普通の書店はそのショールームになると,このブログに書いた事があります。そんなサービスが衣料品について正式に始まってしまいました。
 また先日,代官山の大型書店「蔦屋書店」についての記事を書きました。書店の全商品がネットで買える様になっていて,書店がショールームになっているという事を書きました。私が「現実の店はショールームになる」と言った時は,ネット書店がショールームとして現実の書店を開くという事を意味していました。まさに「蔦屋書店」のやり方だったのです。
 しかし今回のゾゾタウンのやり方は,ゾゾタウン自身が店を開くのではなく,パルコという現実の商店を持っている別の企業と組んで行ったわけですね。パルコのバーコードを介してゾゾタウンで商品が売れたら,ゾゾタウンからパルコに数%の手数料が支払われるそうです。
 現実商店であるパルコとしては,どうせネット商店が隆盛になるのならば,また放っておいてもネット商店のショールームになるのならば,むしろそれを取り込んでやろうという事なのでしょうか。しかし,ネット企業とは別の現実商店企業が組んでこのような商売をするというのはどうなんでしょうね。アメリカでも流行しているビジネスモデルらしいのですが,現実商店にあまりメリットは無い様な気がします。やはり現実商店のショールーム化は,ネット企業自身が現実商店を出店するという事でないと,長続きしないのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)